2016年03月07日

小学校は卒業できません

ねえねえ母ちゃん

035.JPG

(ぐー)

031.JPG

先生がぼくに「宿題一回もやってないじゃないか」って言うんだ。

034.JPG

(すかー)

032.JPG

いくらなんでも一回くらいはやったことあるよ失礼しちゃうよ!

037.JPG

(ぴー)

038.JPG

こうしてぼくちゃん天坊は今年も小学生のまま春を迎えることとなりました。
めでたし、めでたし。

もう新しいランドセル買ってよ!

027.JPG

posted by 福良雀 at 15:30| 長野 ☁| Comment(2) | 文鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月25日

白骨温泉『泡の湯』 その2

ここの大露天風呂とかは見たことある人多いんじゃないかな。
すごく有名ではあるよね。
私はこの宿は内湯こそが『泡の湯』たる所以を感じられるので大好きなんだが。

奥さん!ここは内湯なんです!

はい、では行きましょう。

飲泉場を通り、
011.JPG

内湯へ。
030.JPG
031.JPG
ふむ。
029.JPG
笑える。ちゃんと入れコラァー!w
042.JPG
043.JPG
お久しぶりです、愛する内湯よ。
012.JPG
右側は加温、左側は源泉そのままのぬる湯。
032.JPG
このぬる湯こそが泡の湯の真骨頂。
肌にまとわりつく気泡がくすぐったいほど。
素晴らしい源泉なのだ。
034.JPG
内湯から続く女性専用露天風呂。
015.JPG

そしていったん着替えて大露天風呂へ。(混浴)

女性用の入口はこんな感じで階段状になっている。
016.JPG
つまり、白濁湯に浸かった状態で露天に出られるのだ。
湯浴み着もあるので混浴でも全然気にならないよ。

階段を下りて湯に浸かったらほれ、このように。

017.JPG
暗くて全然見えないので翌朝の画像で。
これが女性専用の入り口。
051.JPG
素晴らしい露天風呂、しかも貸切状態!\(^o^)/
048.JPG
以前、真冬はとてもじゃないが入っていられないほどのぬるい湯温で、
表面に冷めるのを防止するためのカラーボールがたくさん浮いていた。
いつまではいってもぜーんぜん温まらない湯だったのだが、
昨年工事をしたらしく加温設備が整い快適な温度でしっかり温まるようになった。
よかったー。これ風邪ひいた人多いと思うもの。
058.JPG
髪の毛も凍る。
062.JPG
お湯も綺麗で、
前日大露天の清掃だったという。
道理で足元に毛や藻が絡まないわけだ。
夏なんて汚くてうんざりするのでもっぱら内湯ばかり入ってたからな。

つづく

posted by 福良雀 at 09:17| 長野 ☁| Comment(2) | 温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月16日

白骨温泉『泡の湯』 その1

昨年の最後の宿泊は白骨温泉『泡の湯』。
ラーメン部の納会なのだ。贅沢な部活動じゃのぉ。ふふっ

今回、ふるさと割り+楽天シークレットプランってやつで激安で泊まれた。
なーんと!一泊二食付で9,300円ほど。
数年前、おらは一人旅で泊まっているのだが確か35,000円くらいした気がする。
こらぁーーーーっっ!!

ラーメン部なので行きも帰りも当然ラーメン。

001.JPG

ラーメン部でベスト3に入るラーメン『月の兎影』の潮ラーメン。絶品!!\(^o^)/

当日はね、まことにやばい天気予報であった。
ぜーんぜん雪が無かったのがここへきて寒波!
うぅーむ、スタックした時用にスコップ積んで行こう。

ほらね、このとおり。

002.JPG

003.JPG

国道158から白骨線に入った道がむっちゃ危なかった。
除雪はいってないんだけど何しろこの道、急坂急カーブの連続なんだよ〜。
前を新潟ナンバーの車が走ってたんだけどスピードが遅すぎて…、
徒歩かよっ!
あんまりにも遅いから詰まってきてこっちがブレーキ踏まないと走れない。
停止したらこれ多分発進できないわ、と冷や冷やしていた。
頼むから時速10kは出してくれ。
白骨の集落に入ってそこから林道にそれて行くんだけどもうこの道がやばすぎ。
プジョ子行ける?って聞いちゃったよ。

075.JPG
(これは翌朝除雪後の林道。この程度なら余裕だ)

轍にタイヤがとられて滑りながら必死に泡の湯を目指した。
いや〜久々やばかったな。
国道から泡の湯までこんなに遠かったっけ?みたいな。
もうおばちゃんプジョ子と一緒に帰りたい…、
と思ったら、

071.JPG
(これは翌朝の写真)

着いたわよーーっ!

007.JPG

いや〜、おばちゃんへとへとやで。

駐車場から大野天風呂を望む。

004.JPG

005.JPG

一度泊まってもう泊まることはない、立ち寄りで十分と思ってた宿にまさかの再訪。

010.JPG
(窓からの眺め)

2階の部屋、以前泊まったのと同じ部屋な気がする。

008.JPG

アメニティは十分。

009.JPG

さて、お風呂に行くか。

つづく

posted by 福良雀 at 11:54| 長野 ☁| Comment(4) | 温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月01日

謹賀新年

明けましておめでとうございます

042.JPG


今年はどんな年になるでしょうか。
どんな年にしようか。
自分でどうにもならないことはなるがままでいいや。
だけど、
自分で出来る人生の流れは間違わないようにしよう。
己の道をせっせと作って、
そこに花が咲き実を結びそして虫がきて鳥がきてそしてそして…。

せっかく生きているならば、
生きていけよ。
間違わず優しく強く生きていけよ。
そんなふうに思うわ。


posted by 福良雀 at 13:27| 長野 ☀| Comment(6) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月30日

たまちゃん会総会 車椅子でも入れる温泉

どじょう池を散歩した後は、
乗鞍高原温泉『湯けむり館』へ。
http://www.norikura.co.jp/yukemuri/

ここはね、知られてないんじゃないかと思うんだけど、
車椅子の方専用の貸切風呂があるのだよ。
しかもちゃんと、乗鞍高原温泉のあの白濁硫黄泉を掛け流しなのだ。

事前予約制。
予約した時間に合わせて温泉を張ってくれる。
通常料金720円が300円だったか。介助者も半額くらいで入れる。
浴槽が小さいので付き添い介助者一名でもういっぱいだね。

館内はバリアフリー。
貸切風呂入口扉にはこんな貼り紙をしてくださっている。

042.JPG

開けて入ると脱衣所。
中から鍵をかけられる。

044.JPG

043.JPG

わーいっ!\(^o^)/

045.JPG

046.JPG

いいっ!\(^o^)/

洗い場はこんな感じ。

047.JPG

浴槽周りに手すりバーが無いのがトホホだけれど、
片側の浴槽ふちに腰かけて体を回転させて入れるね。

048.JPG

予想以上にいい。
これはありがたいよねぇ。
きれいな硫黄泉が掛け流されていてとても贅沢な貸切風呂。

049.JPG

浴槽の大きさが二人はいるときつい。
交代で入らないと脚は伸ばせない。
介助者はそのまま通常の大浴場の方も利用できるとのこと。

せっかくこんなにいい設備があるのだがら、
みんなどんどん利用してほしいよねー。
施設の方達も親切にしてくださった。
ありがとうございました。

そうそう、初日には目的のひとつであった草間彌生展も見たぞ。

002.JPG

005.JPG

今回のたまちゃん会総会は大成功であった。
宿の料理も、昼食の蕎麦も、どじょう池も温泉も、
大満足ぅーっ!\(^o^)/
来年もみんなよぼよぼ元気に合宿を続けられたらいいなー!

おしまい
posted by 福良雀 at 09:20| 長野 ☀| Comment(2) | 温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月29日

たまちゃん会総会in乗鞍高原

宿をチェックアウトして向かったのはまず旧奈川村、野麦峠の方。
目的はもちろん『投汁蕎麦』!
何しろ今回の総会はみんなよぼよぼなのでゆったりと蕎麦・温泉・草間彌生ちゃんの旅。
初日も蕎麦。
↓これは松本城近くの『北門』っていう蕎麦屋。車椅子でも入りやすく美味しいのだー。

001.JPG

そして本場奈川村の投汁蕎麦!

022.JPG

023.JPG

これをね、幹部達に食べてもらいたかったのよー。
ほんっと美味しい。
『そばの里奈川』、奈川の蕎麦屋では今のところここが一番好きかな。
道の駅のような所なのでバリアフリー。
地元奈川産の石臼挽きそば粉を手打ちで食べさせてくれる。

そして締めはご飯と卵を頼んで雑炊に。

024.JPG

美味すぎっっ!!

幹部達大絶賛!w

大満足で奈川を後にし乗鞍高原へ。
おらの大好きなどじょう池を見ておくれー!\(^o^)/

026.JPG

033.JPG

027.JPG

028.JPG

おや?幹部楽しそうですね?ふふっ

035.JPG

深呼吸しながら雪のどじょう池と乗鞍岳を満喫した。
腹ごなしもすんで体も冷えてきたので温泉じゃーっ!

まだつづく。


posted by 福良雀 at 09:01| 長野 ☀| Comment(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月20日

たまちゃん会総会in浅間温泉『玉之湯』その2

この宿、バリアフリーだからといって食事に手を抜いていない。
それどころかすっごく料理が美味しかった。
幹部達も「美味しいこれ!」とよく言っていたがホントにそう。

食事は食事処、半個室みたいな感じ。
お漬物やらちょっとしたものがバイキング形式である。(朝・夕)

品書きを紛失ー。うろ覚えじゃ!

015.JPG

テーマがあって、『鶴の飛翔』じゃなかったっけ?
にんじんの鶴が飛んでるぞ!

016.JPG

017.JPG

メインの料理は選べる。
私は信州牛?陶板焼きみたいなの。美味しかったー。

018.JPG

この主さんの打った蕎麦が絶品っ!!ちょっとその辺の蕎麦屋は敵わないと思うよ。
すごいな、と感心してしまったよ。

019.JPG

020.JPG

ふふふ、すごいな、
まともに写真撮ってなさすぎー\(^o^)/

021.JPG

朝食も大満足。バイキングにはパンやヨーグルト、フルーツetc、
美味しかったなー。
そういえば『富成伍郎商店』の豆腐が出た。
流石、よく分かってるわ〜。

接遇に関しては大きな声でしっかり挨拶みたいな教育なんだろうな、
それは行き届いていると思う。
だけど、アレルギー対応で、配膳の度に「○○アレルギーの方〜」と確認してるのがちょっとなぁ。
出来立ての料理運んでくる度にだよ?
5回も6回も毎回毎回確認してりゃいいかげん覚えろよと思うね。
5分置きに確認しないとやれないのか?
なんつーか、応用利かないわ。

やっぱなぁ、
どの業界も人材確保、育成には相当手を焼いているよね。
最近すごく感じるよ、色んな場面でね。

だけどね、
私、この宿の主さんには感心したんだよ。
持て成そうとしてるの、主自ら率先して。
蕎麦打ちもそうだけどこの宿は『車座コンサート』って言ってちょっとした催し物をやっているのだよ。
この日はフルートとピアノコンサートだった。
主がね、来たお客さんの誘導したり盛り上げようとしたりしてるの。
コンサートする側もほとんどボランティアだと思うのよね。
主がさ、感謝しててそして盛り上げようとしているの。
これ、分かるんだよなぁ、私も同じようなことしてるもの。
こんだけ気が回る方なら、仲居さん達の教育にも相当力を入れている事だろう。
だけどなかなかそれに応えられるレベルの人はいないだろうなぁ、と。
多分苦戦してるだろうな、さぞ歯痒かろうて。

バリアフリーが売りのひとつだと思うのよねこの宿。
福祉にかかわると、『ホスピタリティ』とはなんぞ?と考える機会がある。
主さんは主さんなりに向き合って具現化しようとしているよね。
伝わるんだよなぁ。
そして多分やり方を間違っていない。

この先どんどんいい宿になると思う。
色々書きはしたけれどもそれでもとても良い宿である。
料理が美味くてバリアフリーの設備が整っている(リフト浴ができる)
稀有な宿ではなかろうか。

主さんの『想い』に応えられる職員たちが増えるといいな。

まだ総会は続く。



posted by 福良雀 at 20:06| 長野 ☀| Comment(0) | 温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月02日

たまちゃん会総会in浅間温泉『玉之湯』その1

いや〜〜もう年の瀬だよ?
一年終わるんだよ知ってた?
なんも無いのにそわそわする時期だよ?

てなわけで、
たまちゃん会の総会が執り行われました。
松本の浅間温泉『玉之湯』でございます。
もうね、むっちゃ近所。
歩いて行ける距離だからパジャマで行っていいですかね?って感じ。(おいコラ)

玉之湯、料金設定的にはそんなにお安い宿ではない。(私にとって)
だがしかし!ふるさと割り!当たっちゃったし!\(^o^)/
これ+早割でお得に泊まれた!(歓喜)

この宿、バリアフリーに力を入れているのでけっこう有名なのよ。
幹部Bが車椅子使用なので快適に過ごせそうなこの宿を選んだ。

http://www.asama-tamanoyu.co.jp/index.html

今までは私が「温泉循環してるとこは嫌だ!塩素臭の風呂には入れん!」と鼻息荒かったわけだがそれだとほぼ選択肢はない。長野県だと湯田中・渋温泉の『はくら』だけだね。

見ると玉之湯は掛け流しと循環併用の消毒あり。
そして実際、温泉がしっかり感じられるお風呂であった。

なんで長々文章で説明してるかっていうと、
全然写真撮ってねぇー!\(^o^)/
上記にリンクした宿のHPを見てくだされ。

車椅子の方は、貸切風呂しか入ることはできないね。
大浴場は無理。
だから、貸切の予約を入れてからじゃないと温泉に入れない。
貸切風呂は4か所あるけどうちバリアフリーは2ヵ所。
週末だと結構混んでて希望の時間に取れないよ。
『はるの湯』はリフトが付いてるのでこれはかなり助かると思う。
うちの施設よりいいぞ、こらぁー!

部屋もね、とても車椅子が利用しやすくなっている。
バリアフリー用の部屋を予約。
洋室ツイン。
014.JPG
↑(驚くほど何の意味もない写真撮ってておばちゃんびっくりや!)

トイレは自動のウォシュレット。
車椅子が入れ、回転できる。
洗面台も車椅子そのまま付けられる。

すんませんなぁ、ぜーんぜん写真撮ってないわ。最近どうもそういう傾向にあるな。
なんでだろ。

窓からの眺め。

012.JPG

大浴場にバスタオルあり。
アメニティに不足なし。着心地の良い作務衣。
部屋に加湿空気清浄器があって助かった。
電気ケトル、空の冷蔵庫あり。

正直なところチェックイン時に説明で付いた仲居さんがダメでね〜、
ルーティンワークが驚くほどできない。毎日何やってんだコラ。
あと他にも一人ダメなのが目立ったなぁ。
年配の女性の仲居さんはダメ率高いわ。
去年の自分だったら多分、
「ねぇ、自分で話してる内容解ってしゃべってる?」って言ってたな。
他の方達が一生懸命接客してくださっているので余計こういうのが目立つんだよ。
このたった二人のバカな接遇が、他の職員の努力を無駄にするんだよな。
どこも一緒やで、ほんと。

あっ、いけね!
いきなり毒吐いてるわ。
まてまて!
この仲居以外はほぼ完ぺきな宿なのだよここ!

つづく

013.JPG




posted by 福良雀 at 20:19| 長野 | Comment(0) | 温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月10日

黄色と白

何の話かって?
ほれ、春先無性にヒヤシンスの水耕栽培やりたいっっ!ってツイッターで騒いでたでしょ?
でも時期じゃなかったので我慢したのよ。

そして水耕栽培の季節がやってまいりましたーっ!

ほれ!

030.JPG

黄色と白色のヒヤシンス球根じゃ!

032.JPG

わーい!\(^o^)/

可愛いよねぇ、すっごく楽しみ。小学生みたいや!

で、花屋をうろうろしてて一目ぼれして連れ帰った蘭。

『群雀蘭』

027.JPG

026.JPG

028.JPG

群れになった雀が飛んでるみたいだから群雀蘭。
小さな『オンシジューム』です。
とーにかくちっこい花がもう愛らしいのなんの!
家で育てられるかなぁ。
蕾がたくさんついてるので、子雀達が群れ飛んでくれるかのぉ。
楽しみだ!

うちの子達は、元気いっぱい。

銀ちゃんぽこぴー。

008.JPG

天坊ちゃまはいつも幸せぼくちゃん。

024.JPG

ウタちゃんじっとしてる時ないよ、暴れん坊だよ。

055.JPG
「やんのんか?」

こちら松本は里山の黄葉がとても綺麗です。
例年以上に綺麗なんじゃないかなぁ。
ぜひ晩秋の長野へお越し下され。







posted by 福良雀 at 17:15| 長野 ☔| Comment(3) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月29日

晩秋の楽しみ

しつこいようだけどカラマツの黄葉がとにかく好きで。
やっと見に行った。\(^o^)/
いや〜どーもすっかり出不精(デブ症)になっちゃってねー、
お家大好き女なもんだから、ほほほ。

ほれ!

017.JPG

031.JPG

黄金に染まったもっこもこカラマツじゃっ!

033.JPG

青空と黄金色、綺麗よねー。

乗鞍岳は雲がかかっていた。

030.JPG

必ず寄るお気に入りの池ナンバー1、『どじょう池』。

027.JPG

024.JPG

お気に入りの池ナンバー2の『御池』。

034.JPG

画像じゃ分かりにくいけど、
御池の表面がカラマツの落ち葉で覆われて美しいのなんの。

で、当然白濁湯も満喫。

020.JPG

平日のお昼時だってのに混んでたなぁ。

028.JPG

立派なダケカンバだ。
ふかふかの土を踏みながら散歩。
どじょう池の周り、奇跡的にだーれもいなかった。
すごく幸せだったんだよー、分かるかなぁ。

022.JPG

021.JPG

029.JPG

山は冬支度をしていたよ。

023.JPG

幸せな時間だったなぁ…。
ここに住んでてホントに良かったとしみじみ実感した一日でした。
おしまい。
posted by 福良雀 at 16:38| 長野 ☀| Comment(5) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする