2016年04月27日

引きこもりぼくちゃん

毎年小学一年生なはずの天坊も今年で9歳。
換羽でしんどそうだったけど落ち着いてぴかぴかぼくちゃんになった。
しかし、寄る年波には勝てず脚と羽ばたきが弱ってきている。
先日お風呂上り直後にバビューンと飛び出して上昇できず落下。
パニックになったところを救出。
もともとびびりのぼくちゃん、ケージから出るのを怖がるようになっちゃった。

だけどまだまだ出たい気持ちがあるようで、銀やウタがバビューンと飛び出すのを見てそわそわしている。
お立ち台にあがっては、開けてあるケージの入り口をかじってアピールする。
しかし手乗りを飛び越えてにぎりになったぼくちゃんは、手を差し出すとイヤイヤーとなるのだ。
この辺の心情はわからん。
「天ちゃん!はいおいで!」と手差し入れてずーーーーーっと待つ。
しばらく行ったり来たり、ちょっと手をつついたりしてそわそわもMAXになると意を決して手に乗る。
そしてカーテンレールまで送るのだ。

デイサービスやで!

でもってダメ押しでカメラまで替えたもんだからぼくちゃん怖くてしょうがないらしい。
にぎにぎ画像はまだ撮れない。
というか初期不良につき返品中。
ピンボケで撮れない、ズームするとレンズの汚れで撮れない、とひどいものだった。
あ、話がそれた。
まぁそんなんで前のカメラがまだたまに使えるので二日ぶりに出てきたぼくちゃんを撮った。

「そのカメラいつもの?」
001.JPG

「ほんとに大丈夫?」ソワソワ
003.JPG

「ぜったい怖くない?」ソワ
009.JPG

「母ちゃんぼくちゃんはね、びびりちゃんなの」
010.JPG

お〜よしよし。
びびりの天坊の為にシルバーのカメラにしたんだがの。
しばらくダメかねぇ。

寒い冬も終わって文達にとって過ごしやすい季節になってくる。
元気できゃっきゃっ遊んでほしいな。


posted by 福良雀 at 05:35| 長野 ☀| Comment(3) | 文鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月22日

福良雀の春の遠足 その1

もうね、春。
おらの好きな冬とかとっくに終わってるし。

ドタバタしてて花見どころの騒ぎじゃなかった4月。
桜なんてとっくに散っててよ奥さんっっ!!

やだーやだーなんか見たい。

するとだ、今年『水芭蕉』の開花が早くて今が見頃との情報が!
例年確かGWに見頃でね、混んでるとこ行きたくないので見られなかった。
今なら空いてるぅぅーーっっ!チャーーンスッ!

『宮の原 水芭蕉群生地』に行ってきた!\(^o^)/

014.JPG

乗鞍高原の御池すぐ手前を左折ね。車は御池越えたとこの乗鞍ふれあいパークの駐車場へ置いた方がいい。
道が狭いので車を止められない。迷惑になると思う。
目印の看板むっちゃ小さいので見落としがち、気をつけてね。

015.JPG

こんな道を5分ほど歩く。

017.JPG

道沿いに小川。
伏流水だばだば。

018.JPG

おやっ?
こっこれはっ!!

020.JPG

022.JPG

水芭蕉てんこもりぃーー!\(^o^)/(大歓喜)

027.JPG

思わず「天国かな?」って口に出してたよ。
しかも誰もいない!空いてるなんてもんじゃない!わーい!\(^o^)/

025.JPG

すんごくいい香りが漂っていた。
分かりにくいと思うけど沢山咲いているのだよ。

なんというかね、もう胸がいっぱい。
天国みたいなとこだった。

つづく


posted by 福良雀 at 18:47| 長野 ☀| Comment(6) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウタちゃんテスト

posted by 福良雀 at 11:10| 長野 ☔| Comment(0) | 文鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月03日

一歩前へ

この4月から人事異動により生活相談員となりました。
自分にとっての『あがり』です。

今まで現場リーダーで多くの入居者様の看取りにかかわり、
ご家族と寄り添ってきたのでやってる事はあまり変わんないかも。

私ね、自分で言うのもなんだけど相談業務向いてるんだよ。
もうねー、ある事無い事ペラペラペラペラと
だからいつかどこかで相談員やれればいいなーと思っていたのだ。
今は経験を積んで勉強や!とね。
それが突然の辞令で3月はドタバタ!
まさかこんなに早くなれるとは。
理事や施設長他とても私をかってくれている人がいて今があるのだ。
ありがたやー。

別に変わんない。
ただただ、その人達の立場になって物を考えているだけだ。

終末期を迎えた人には『苦しいね』『みんな側にいるよ』と手を握る。
大切な人の死に直面するご家族には『辛い』『不安』『悲しい』を共に。

認知症の家族をかかえ苦しんでいる人達の為に私は働く。
自分の施設で対応できなくてもその先を共に考える。
少しでも役に立てたならもう本望。
それが多分私の生きる道だろうし望む道。

幸せだなぁ。
スタートラインに立てた。
うちの施設でやりたい事はたくさんある。
まだまだ勉強だ。
うちの子達の為にも頑張ろう。(←けっきょくこれ)

母ちゃん夜勤なくなって夜いるんだね、ぽこぴー。
004.JPG

母ちゃんが夜いる!
024.JPG

夜勤なくなったらもっと貧乏なの?やんの?
011.JPG


posted by 福良雀 at 19:42| 長野 ☁| Comment(6) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月25日

白骨温泉『泡の湯』その3

正直この宿、立ち寄りで十分だと思う。
やっぱその感想以前と変わらない。
料理が料金に全く見合っていない。
今回もまずかったので何気に聞いたら料理長ずっと代わってないと。
だよなー、以前泊まった時とまずさの系統が一緒だもの。



020.JPG
チーズフォンデューとか…。
海老の向こうにあるのはパンなんだけど乾燥してカリッカリ。

024.JPG
ライスコロッケ、

023.JPG
022.JPG
021.JPG
025.JPG
026.JPG
027.JPG
この投汁そばがまた美味しくない。
028.JPG

素人が作ったのか?ってほど稚拙な味なんだよ、どれもこれも。
『女将手作りの○○』ってのも同じ系統の味がするのでなんともはや。
この宿、長野でいえば料金体系だけはそこそこ高級旅館の部類に入ると思う。
いや〜無理がありすぎる。

朝食のほうがまだましなんだが、
066.JPG
これ冷凍の里芋だよね?
067.JPG
「デザートでございます」って
068.JPG
うぅむ…。

食後、サロンにてコーヒー。
若女将、こちらにコーヒー提供した後カウンターに引っ込んでスマホいじっている。
見送りも若女将が居るのだが、
客に話しかけるでなくただただ居るだけで社交性皆無。
『何故自分がそこにいるのか?』、少し考えたらどうだろう。
無言のままずーーーっとただそこに空気のように居る。
意味があるのだろうか?と自分で疑問に思わないのかな?
どう振舞うべきか、誰か教えてあげなよ。

この宿、すごくアンバランスなんだよ。
料金の高さにソフトが全く追いついてない。
これさ、2万くらいのプランでしょ?
たまたまふるさと割り使えたけど宿に入るお金は変わんないよね?
少々美味しくない程度ならまだしもことごとく美味しくない料理でテンションだだ下がり。
お湯の良さだけだよ。
同じ材料でも、料理長代わればだいぶ変わるかもね。
3万以上出して一人で泊まった時と全く同じ印象。

辛口だけど事実。

頑張ってほしいけど最初に宿泊して何年経ったかな。
まーーーったく進歩無いのでこの先も無理かな。
ダメだなぁ〜と再認識しただけだった。
温泉が泣くで。

おしまい
posted by 福良雀 at 20:24| 長野 ☀| Comment(4) | 温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月07日

小学校は卒業できません

ねえねえ母ちゃん

035.JPG

(ぐー)

031.JPG

先生がぼくに「宿題一回もやってないじゃないか」って言うんだ。

034.JPG

(すかー)

032.JPG

いくらなんでも一回くらいはやったことあるよ失礼しちゃうよ!

037.JPG

(ぴー)

038.JPG

こうしてぼくちゃん天坊は今年も小学生のまま春を迎えることとなりました。
めでたし、めでたし。

もう新しいランドセル買ってよ!

027.JPG

posted by 福良雀 at 15:30| 長野 ☁| Comment(2) | 文鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月25日

白骨温泉『泡の湯』 その2

ここの大露天風呂とかは見たことある人多いんじゃないかな。
すごく有名ではあるよね。
私はこの宿は内湯こそが『泡の湯』たる所以を感じられるので大好きなんだが。

奥さん!ここは内湯なんです!

はい、では行きましょう。

飲泉場を通り、
011.JPG

内湯へ。
030.JPG
031.JPG
ふむ。
029.JPG
笑える。ちゃんと入れコラァー!w
042.JPG
043.JPG
お久しぶりです、愛する内湯よ。
012.JPG
右側は加温、左側は源泉そのままのぬる湯。
032.JPG
このぬる湯こそが泡の湯の真骨頂。
肌にまとわりつく気泡がくすぐったいほど。
素晴らしい源泉なのだ。
034.JPG
内湯から続く女性専用露天風呂。
015.JPG

そしていったん着替えて大露天風呂へ。(混浴)

女性用の入口はこんな感じで階段状になっている。
016.JPG
つまり、白濁湯に浸かった状態で露天に出られるのだ。
湯浴み着もあるので混浴でも全然気にならないよ。

階段を下りて湯に浸かったらほれ、このように。

017.JPG
暗くて全然見えないので翌朝の画像で。
これが女性専用の入り口。
051.JPG
素晴らしい露天風呂、しかも貸切状態!\(^o^)/
048.JPG
以前、真冬はとてもじゃないが入っていられないほどのぬるい湯温で、
表面に冷めるのを防止するためのカラーボールがたくさん浮いていた。
いつまではいってもぜーんぜん温まらない湯だったのだが、
昨年工事をしたらしく加温設備が整い快適な温度でしっかり温まるようになった。
よかったー。これ風邪ひいた人多いと思うもの。
058.JPG
髪の毛も凍る。
062.JPG
お湯も綺麗で、
前日大露天の清掃だったという。
道理で足元に毛や藻が絡まないわけだ。
夏なんて汚くてうんざりするのでもっぱら内湯ばかり入ってたからな。

つづく

posted by 福良雀 at 09:17| 長野 ☁| Comment(2) | 温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月16日

白骨温泉『泡の湯』 その1

昨年の最後の宿泊は白骨温泉『泡の湯』。
ラーメン部の納会なのだ。贅沢な部活動じゃのぉ。ふふっ

今回、ふるさと割り+楽天シークレットプランってやつで激安で泊まれた。
なーんと!一泊二食付で9,300円ほど。
数年前、おらは一人旅で泊まっているのだが確か35,000円くらいした気がする。
こらぁーーーーっっ!!

ラーメン部なので行きも帰りも当然ラーメン。

001.JPG

ラーメン部でベスト3に入るラーメン『月の兎影』の潮ラーメン。絶品!!\(^o^)/

当日はね、まことにやばい天気予報であった。
ぜーんぜん雪が無かったのがここへきて寒波!
うぅーむ、スタックした時用にスコップ積んで行こう。

ほらね、このとおり。

002.JPG

003.JPG

国道158から白骨線に入った道がむっちゃ危なかった。
除雪はいってないんだけど何しろこの道、急坂急カーブの連続なんだよ〜。
前を新潟ナンバーの車が走ってたんだけどスピードが遅すぎて…、
徒歩かよっ!
あんまりにも遅いから詰まってきてこっちがブレーキ踏まないと走れない。
停止したらこれ多分発進できないわ、と冷や冷やしていた。
頼むから時速10kは出してくれ。
白骨の集落に入ってそこから林道にそれて行くんだけどもうこの道がやばすぎ。
プジョ子行ける?って聞いちゃったよ。

075.JPG
(これは翌朝除雪後の林道。この程度なら余裕だ)

轍にタイヤがとられて滑りながら必死に泡の湯を目指した。
いや〜久々やばかったな。
国道から泡の湯までこんなに遠かったっけ?みたいな。
もうおばちゃんプジョ子と一緒に帰りたい…、
と思ったら、

071.JPG
(これは翌朝の写真)

着いたわよーーっ!

007.JPG

いや〜、おばちゃんへとへとやで。

駐車場から大野天風呂を望む。

004.JPG

005.JPG

一度泊まってもう泊まることはない、立ち寄りで十分と思ってた宿にまさかの再訪。

010.JPG
(窓からの眺め)

2階の部屋、以前泊まったのと同じ部屋な気がする。

008.JPG

アメニティは十分。

009.JPG

さて、お風呂に行くか。

つづく

posted by 福良雀 at 11:54| 長野 ☁| Comment(4) | 温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月01日

謹賀新年

明けましておめでとうございます

042.JPG


今年はどんな年になるでしょうか。
どんな年にしようか。
自分でどうにもならないことはなるがままでいいや。
だけど、
自分で出来る人生の流れは間違わないようにしよう。
己の道をせっせと作って、
そこに花が咲き実を結びそして虫がきて鳥がきてそしてそして…。

せっかく生きているならば、
生きていけよ。
間違わず優しく強く生きていけよ。
そんなふうに思うわ。


posted by 福良雀 at 13:27| 長野 ☀| Comment(6) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月30日

たまちゃん会総会 車椅子でも入れる温泉

どじょう池を散歩した後は、
乗鞍高原温泉『湯けむり館』へ。
http://www.norikura.co.jp/yukemuri/

ここはね、知られてないんじゃないかと思うんだけど、
車椅子の方専用の貸切風呂があるのだよ。
しかもちゃんと、乗鞍高原温泉のあの白濁硫黄泉を掛け流しなのだ。

事前予約制。
予約した時間に合わせて温泉を張ってくれる。
通常料金720円が300円だったか。介助者も半額くらいで入れる。
浴槽が小さいので付き添い介助者一名でもういっぱいだね。

館内はバリアフリー。
貸切風呂入口扉にはこんな貼り紙をしてくださっている。

042.JPG

開けて入ると脱衣所。
中から鍵をかけられる。

044.JPG

043.JPG

わーいっ!\(^o^)/

045.JPG

046.JPG

いいっ!\(^o^)/

洗い場はこんな感じ。

047.JPG

浴槽周りに手すりバーが無いのがトホホだけれど、
片側の浴槽ふちに腰かけて体を回転させて入れるね。

048.JPG

予想以上にいい。
これはありがたいよねぇ。
きれいな硫黄泉が掛け流されていてとても贅沢な貸切風呂。

049.JPG

浴槽の大きさが二人はいるときつい。
交代で入らないと脚は伸ばせない。
介助者はそのまま通常の大浴場の方も利用できるとのこと。

せっかくこんなにいい設備があるのだがら、
みんなどんどん利用してほしいよねー。
施設の方達も親切にしてくださった。
ありがとうございました。

そうそう、初日には目的のひとつであった草間彌生展も見たぞ。

002.JPG

005.JPG

今回のたまちゃん会総会は大成功であった。
宿の料理も、昼食の蕎麦も、どじょう池も温泉も、
大満足ぅーっ!\(^o^)/
来年もみんなよぼよぼ元気に合宿を続けられたらいいなー!

おしまい
posted by 福良雀 at 09:20| 長野 ☀| Comment(2) | 温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする