2014年12月21日

未来

余命宣告された入居者さんがいて、年を越すのは難しいと言われている。

彼への余命宣告には私が立ち会っている。
本人の希望だったのだ。
ご家族ではなく私に一緒にきてほしいと。

横に居るのはしんどかったなぁ。
仲の良い人が人生の終わりを宣告されるんだよ、見たくない。

「先生、おらぁ後どれぐらいですか?」
「…年を越すのは難しいかもしれません」

その後の質問は無かった。

彼にとっての最善を模索し寄りそう約束をしているので、
私は自分の役割をこなす。
どう人生の終わりを迎えたいのか散々話しあってきた。
彼の気持ちは十分分かっているので、
「任せて、なにも心配しなくていい」と伝える。

ふと、考える。
自分はこの仕事が向いている。
寄り添いその人に適した最善策を考え交渉する。
自分が進む道はケアマネでは無く相談員だろうと。

来年、ケアマネの試験を受けて施設を辞めるつもりでいる。
ケアマネは自分にとってあくまでも保険である。

今日、この給料では生活できないので来年辞めますと上に伝えた。
まぁ、以前からやっていけないので辞める事は言っていたけれど。
すると、
「給料があがるなら生活相談員をやるか?」と言われた。
「給料次第です」と返事した。
ここの相談員の給料は私より低かったはずだがな。

給料が今よりあがるなら、ここで相談員をやる手もある。
その先に社会福祉士をとって自分なりの『アガリ』。

未来など誰にもわからない。
だけれど、
自分に向いている仕事内容はおそらくケアマネではなく相談員であろう。
標準が定まった感がある。

『寄り添い共に考える』

亡き兄にヒントをもらい、
義母に考えさせられ、
そして今がある。

全ての事象が、そこへ向かえと言っている。

今年も残りわずかだね。
とても寒い冬だよ。

みんな頑張ってるね。
私も頑張るよ。

おや?最後は草野心平の『蛙のうた』のようだのぉ、ふふ。
posted by 福良雀 at 19:07| 長野 ☁| Comment(6) | せつない徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月05日

師走いろいろ

松本も初雪が舞った、寒くなったね。
この冬の準備は万端。昨シーズンのようにお盆で泣きながら雪かきしなくてすむよう…
ほれっ!

DSCF9384.JPG

金具付き雪かきスコップ、雪おろし、車載用スコップだー!
タイヤ交換はねぇ、ディーラー間違えてシトロエンでお茶飲んでたよ私。
もうこれはボケなんじゃなかろうか。w
コーヒー飲みながらタイヤ交換待っててふと窓の外みたら隣にブルーライオンの看板があってねぇ〜、
思わず「すみません間違えました!向こうに行った方がいいですか?」って聞いちゃったもん。
思いっきりシトロエンが展示されてるのに何で間違えてんだろう…。
おらちょっとやばいかも!\(^o^)/

それからね、この冬もあの大雪が来そうな気がするんだよ。
職員達みんな早番なら前日から職場に泊まるって言ってるわ。
いやもうホント無理。だって除雪追いつかないから車が動かせないもの。

気候がおかしいね。
怖いよおばちゃんは。

我が家の文達とても元気。
幼児のウタちゃんは大暴れちゃん。w

いちいち銀ちゃんを呼びに行く落花生ウタちゃん。

DSCF9219.JPG

( ⁰⊖⁰) 「おじちゃん、あーそーぼー!」

DSCF9229.JPG

銀ちゃん激怒。w

花ちゃんも飛びかかって来られるので大激怒。

DSCF9294.JPG
「お母たまぁ、あの千葉県の特産品何とかして下さらない?花とってもイヤ〜」

天坊は一緒にキャイキャイ鬼ごっこしてる。

DSCF9067.JPG
「ずっとウタが鬼なんだ!きゃひー」

お花ちゃんの脚が弱ってきている。
いよいよ上の止まり木に止まれなくなってきたのでバリアフリーカゴに変更する。
まずは第一段階。

DSCF9474.JPG

DSCF9475.JPG

両隣のカゴと比べてもらうと分かるけど止まり木を低くしツボ巣を設置した。
ツボ巣は予想通り天坊が一人占めしている。w
花ちゃんはツボ巣の上に行く、よしよし。

信濃の冬は厳しい。
ウタにとっては生まれて初めての冬。
みんな元気に乗り越えますように。

DSCF9432.JPG
最後はウタちゃんの入浴シーン。
ずぶぬれw


posted by 福良雀 at 19:26| 長野 ☀| Comment(2) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする