2014年11月20日

ぼくちゃんだって甘えたいっ!

母ちゃんあの落花生やっと帰ったね(落花生=ウタちゃん)

DSCF8891.JPG

そそくさっ

DSCF8904.JPG

ぼくちゃんだって

DSCF8908.JPG

甘えたいんだっ!

DSCF8914.JPG

暑くたって平気!

DSCF8922.JPG
posted by 福良雀 at 20:05| 長野 ☁| Comment(8) | 文鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月16日

初めてウタちゃん

今朝は−1℃であった。
この気温と標高の高さはウタにとって大変な環境だろう。
ペットヒーターとオイルヒーターでぽかぽかではあるがとても気になる。
何しろまだ「取りあえず餌クレクレしてみよっかな」な時期なので、
赤ちゃん鳴きして口を開ける。
甘えてるだけで自分で不器用ながらも食べられているので問題ないが、
おらの手が挿し餌したくてうずうずするわい。w

DSCF8430.JPG

もぐもぐするウタ

DSCF8428.JPG

落花生みたいなウタ

DSCF8437.JPG

「母ちゃん連れてって!」

DSCF8464.JPG

「母ちゃん母ちゃん!」

DSCF8457.JPG
DSCF8719.JPG

天使のようなウタちゃんだがもう伸び縮みする。w

DSCF8647.JPG

DSCF8646.JPG

まだお歌も歌えないのにお花ちゃんが好きらしい。ぎくしゃく踊っててお花ちゃんぽかーん。w

DSCF8484.JPG

意外と銀も天坊も友好的で今のところいじめたりしない。
まぁどちらかというと天坊の方がいじめられそうで母ちゃん心配。おーよしよし天坊や。

DSCF8467.JPG

鷹の目で天坊をねらうウタと、挙動不審な天坊。w

DSCF8614.JPG

遊び疲れると手の中にもぐりこむウタちゃんは天使。
もう100回くらい♪ウタちゃん強い子元気な子〜って歌ってるのでウタちゃん真似してくんないかな。w

posted by 福良雀 at 20:22| 長野 ☁| Comment(4) | 文鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月14日

ぼくウタちゃん!

いや〜もうね、
今の文達が天寿を全うしたら文ちゃんライフは終わりにしようと思ってたの。
それはこの先の10年が自信ないから。
体力的に自分がこの先元気でいられると到底思えないのだ。

途中で文達を手放す事になったらとか、
自分が今死んで誰にも発見されなかったら文達は、
とか考えるだけで身を切られる想いで泣けてくる。
だって全力で愛してるんだもの。

だがなぁ、
そんな事ばかりを考えあぐねていても仕方ないじゃないかとも思う。
明日死ぬかも。
来年入院するかも。
それを考えるばかりの人生じゃ人間生きていけないわ。

と言うわけで、
この度ご縁がありまして、
ドルミヨママさん家の雛っ子の里親とあいなりました。w

目つきの悪い猛禽系まゆ毛もっさり、
大きなお腹まで包むグレーのちゃんちゃんこ、
どこかで見たようなと思えば落花生にそっくりな、
その名も…、

ウタちゃん!

やっと一人餌になったけどまだ雛の鳴き方をしてる。

DSCF8219.JPG
DSCF8273.JPG
DSCF8227.JPG
DSCF8181.JPG

福良家に到着してすぐ寝始める。

DSCF8329.JPG

もう心配で心配で。
神奈川から松本まで高速道路の長旅。
疲れただろうなぁ。

一時間半後ごそごそし始め、

DSCF8407.JPG

蓋付き餌入れやバナナ型水入れ、

DSCF8396.JPG

初めて見るお風呂にもすぐ慣れたのでこれは天才としか言いようがない。
ウタちゃんちょう天才っ!!

急に兄弟と離れたからだろう、寂しがる。

DSCF8358.JPG

DSCF8355.JPG

DSCF8370.JPG

にぎってあげると落ち着くらしく寝る。
まだ赤ちゃんだわ。たまにお口開けて挿し餌ねだるそぶりを見せる。
可愛い子…。
ウタちゃんはいい子いい子。

DSCF8220.JPG

どうぞよろしく。

posted by 福良雀 at 21:56| 長野 ☀| Comment(8) | 文鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月03日

隣のカゴに7年

むらむらむらむら…

DSCF7995.JPG

チュッ黒ハート

DSCF7994.JPG

「お母たまぁ、ところでこの方どなた?」

DSCF7996.JPG

(後ろで銀ちゃんがもじもじしてるのが涙を誘うな)

posted by 福良雀 at 22:08| 長野 ☀| Comment(2) | 文鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月02日

嫌になるな

私のいる介護業界は万年人材不足。
とーにかく人材を確保するのが大変なのである。
そして、介護士の質はまさにピンキリで、
まともに働いてくれる人は大変貴重である。

前科者、人格障害なんでもござれ。
正直なところ、人材を教育しまともな施設にしようとすると、
その負担は施設長などではなく現場のリーダーに全てかかってくる。
そして、リーダー程その負担に辟易し辞めていくのだ。

一人の40代の女性職員。
うちの部署で二番目の古株。
よく言えばきちんとしている。
だがその完璧主義が度を越しており他者にもそれを要求する。
私から見るとあまりにも神経質であり、
同僚が自分の思い通りの動きをしていないと露骨にイラつき殺気立つ。
で、すぐに無視し始めるのだ。
挨拶されてもろくに返さない。仕事の話をしてもまともに答えない。
自分の担当の仕事はするが協調性が無い。
離床などの力仕事はなかなか動かない。

最近の彼女のあまりの態度に、
数人の職員達から声があがっている。
「やりにくい」「無視されてる」「返事もしない」「怒ってばかり」「私なにかしたんでしょうか?」etc

頭のイカレタ男性職員が辞めてやれやれと思ってたら今度はこれだ。
三年前から辞める辞めると言い続けてここまできた人だけれど、
態度が悪かろうが居てもらわないとシフトが回らないのが苦しいところ。
でもこのまま見過ごすわけにはいかないのが私の立場であり、
なんとかしなければいけない。

正直なところ、
「嫌なら辞めろや!」と怒鳴りつけたい。それ程態度が悪いのだ。
だが、それで彼女が辞めたらもう夜勤を回すだけで精一杯で、
日中ほとんど職員がいなくなってしまう。
施設が立ち行かないのだ。

つまりね、
職員の立場が強いのだよ。
施設は職員をへいこらとなだめすかし、
安月給で居てもらわなければいけないのだ。

「いいよ辞めて、他にいくらでもいるから」
なんて言える業界では無いのだ。

だがそこではたと考える。
私、この人達と一万しか給料違わないのになんでこんなに全部背負い込まないといけないのか?
みんなの愚痴を聞き、何とか取りなし、
仕事をしてもらう。

嫌な役ばかり。

流石にもう疲れてきた。
全部放り投げ、
「あーシフト回りませんねー上で何とかして下さいね」と言いたい。

来年転職しよう。
もううんざりだ。
posted by 福良雀 at 18:30| 長野 ☁| Comment(8) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする