2014年10月27日

移ろいゆくもの

いやーほんっと私『雨女』だわ。
一人旅の時も雨多いしなー。

本日免許の書き換えに行って来た。

DSCF7962.JPG

ほれ、雨やんけ。

DSCF7958.JPG

道中里にも紅葉の気配。

DSCF7964.JPG

天気雨だったから虹が見えたけど頭ぼーぼーよっ!\(^o^)/
10月って晴天率高いんじゃなかったっけ?
前々回は台風で前回はどしゃぶりで駐車場から走ったよ。
今回は小雨と虹。
湿気で頭ぼーぼーのところへもって私ったら職場のくせで口紅も塗り忘れなんつーか幽霊風!
色がないんだよ色がっ!

そしてなんというか時は残酷ですな。
免許証の写真ってほんっとひどい。
いやいや、現実を直視する勇気を持とうぜっ!

くぅぅーっ!

DSCF7968.JPG
posted by 福良雀 at 19:29| 長野 ☁| Comment(4) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月22日

奥飛騨徒然

ガッタンゴーで脚がっくがくになったので立ち寄り湯で仕上げる。
今回は穂高の『中崎山荘』へ。
ここは以前橋のたもとにあった宿が砂防工事かなんかで移転したのだ。
昔は新穂高ロープウェイの下で足湯とかもやってたのよね。
そこで熱い白濁硫黄泉に足を浸けてぼんやりするのが大好きで、
また、すぐ隣に合った飲泉小屋も味があってよかったんだよ〜。
無くなっちゃってがっかりしてたら立派な建物になって立ち寄り湯として復活。
嬉しかったな〜。

DSCF7456.JPG

で、久々行って来た。
この界隈では貴重な白濁湯!

DSCF7457.JPG

これこれ!(喜)

DSCF7459.JPG

源泉掛け流しで湯花てんこもり!\(^o^)/

DSCF7458.JPG

露天風呂はやや狭め。

DSCF7465.JPG

源泉を上から竹の穂先に伝わせて温度を下げている。
これテレビで見た事ある人多いかも。下に湯花がたまってる。

いい湯だ、ほんと。
このおかげか筋肉痛にならなかったんだよなぁ。
温泉ってすごい!
今はきっと紅葉がきれいだろうな。
上高地が閉山したら冬がくる。

長野の秋は駆け足だ。

おしまい。

おまけ
DSCF7455.JPG
お昼に食べた新平湯の食堂『奈賀勢』のカツ丼。美味しいよー!

posted by 福良雀 at 18:36| 長野 ☔| Comment(4) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月18日

レールマウンテン『ガッタンゴー』

いつか行こう行こうと機会を狙っていたのだ。
その名も『ガッタンゴー』!
飛騨市の廃線になった神岡鉱山鉄道のレールの上をチャリンコで走るってやつだ。
これ大人気なので要予約。
連休なんかだとなかなか予約取れないので予定が決まったらまず押さえた方がいい。
私が予約した日も平日なのにすぐ満席になってたらしい。
奥飛騨温泉郷で宿を10時にチェックアウトして11時の予約で行くとちょうどいい。

懐かしいなぁ、おそらく20数年ぶりの神岡。
ほんとこの鉱山の雰囲気がぞくぞくするわ。
DSCF7410.JPG

開始時刻になると注意事項説明。
おら達もヘルメットかぶって大人しく聞いていたのだ。
わくわくするのぉ。
DSCF7403.JPG

おら達の乗る電動アシスト付きの自転車。
いや〜アシスト付きにして大正解!
DSCF7406.JPG

DSCF7414.JPG

合図で出発ー!

DSCF7405.JPG

スタートからいきなり猛スピードで下りとか…、
ひいぃぃーーーっ!だれか止めてぇぇーーっ!
これむっちゃ怖いぃぃーーーっっ!!

「はい写真撮るから振り向いてくださーい!」とか言われるけどそんなの無理っ!殺す気か!
こ、これは自分で漕ぐジェットコースターみたいなもんや!

やっと写真撮りながら漕ぐ余裕がでてきたぞ。(だいぶ経ってからw
DSCF7417.JPG

と思ったらトンネル!
DSCF7421.JPG

ぎゃあぁーーっ!怖いぃぃーーっっ!なんでおら達トップバッターなのおぉぉぉーーっ!
DSCF7423.JPG

おら達の可愛くない悲鳴が響き渡るトンネル。
「ぎゃあぁぁーーっ!」「ひえぇぇーーっっ!」
DSCF7427.JPG

漕がないと進まないのでもう必死。w

駅なんかもあったりして、
DSCF7431.JPG

鉱山鉄道だったんだねぇと。
DSCF7437.JPG

往復6キロ。
折り返し地点で休憩。
はぁ〜怖かった。喉からっからやで。
うまい具合に水場があるわい。w
DSCF7407.JPG

復路は少し余裕も出てきたが何しろ登り!
ひぃひぃ言いながら漕ぐ。これきっついわー。
そして到着ー。ここは一気に駆け上がり終了〜。
DSCF7453.JPG

いやー怖面白いっ!
アシスト付きの自転車使用で二人で3000円。大満足!
線路を走るあのレールの継ぎ目のガッタンガッタン音がたまらん。
面白い事考えるもんだねぇ。

さてと、脚がっくがくなのでご飯食べて仕上げの温泉といくかー。

つづく
posted by 福良雀 at 09:50| 長野 ☀| Comment(8) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月09日

新平湯温泉 お宿のざわ その2

今回『すき焼きorステーキ選べるプラン』ってので予約。
飛騨牛のサーロインステーキを朴葉味噌で焼くんやっ!(喜
美味しいに決まってるのよ!

食事は一階大広間にて。時間は夕食18時・朝食7時半と決まっているようだ。
テーブル椅子席で楽ですな。
DSCF7390.JPGDSCF7392.JPGDSCF7394.JPGDSCF7393.JPGDSCF7395.JPG

出来立て熱々を一品づつ出してくれる。
アマゴ?の塩焼き、蓬蕎麦、海老と蓮根のしんじょう等々、そして…、

DSCF7391.JPG

きゃあぁーーっ!飛騨牛さまぁーーっ!\(^o^)/

ここ出汁が上品でとても美味しい。お味噌汁も美味しかったなぁ。
味付けが私の好きな『粋泉荘』に似ている。
お米も「うちで取れたお米です」と。美味しいお米だった!

朝食も同じ席で。

DSCF7400.JPG
(↑食べかけ!w)
はぁ〜米も味噌汁もむっちゃ美味い!
これで一泊二食9820円(税込)だよ?!
通常プランでも飛騨牛陶板焼き付いて8420円だよ?(違いは肉の厚さだね)
安くて良い宿また見つけたっ!!
民宿だから布団は自分で敷いたりトイレ無しだったりするけどそんなん全然問題なし。
とても努力している気持ちのよい宿であった。また行こっと。

おい!1万5千円取って前日の黄ばんだ米出して来た深○荘聞いてるか?!

さて、我々は朝食をしっかり食べねばならない。
ちゃんと理由がある。
なので、おかわりぃーーっ!(喜)

つづく
posted by 福良雀 at 09:13| 長野 ☀| Comment(2) | 温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月06日

新平湯温泉 お宿のざわ その1

まぁとにかく私は雨女なんだよ。
久しぶりの奥飛騨もやはり雨だった。

今回の旅、御嶽が噴火した事もあって少し躊躇したのだ。
焼岳もあるしなぁ、安房トンネル近辺大丈夫かいなと。
実際に火山灰が降ってきてどうこうではなく、
現在噴煙をあげている焼岳に近づくのが単に怖い。
だけど、私の愛してやまない『温泉』ってのは火山があってこそなんだよ。
その恩恵に被っているわけだね。

ごま塩さんと決行。

今回の旅の目的はふたつある。
宿の庭で生ビール飲んで嫌いな夏の終わりを満喫するのと、
神岡の廃線になった鉱山鉄道で『ガッタンゴー』に乗る事。

ふふふ、
雨やっちゅーねんっっ!!(怒)

はい、お宿は奥飛騨温泉郷の新平湯温泉『お宿のざわ』。
外観の写真撮り忘れ。
全10室のこじんまりした民宿。

DSCF7378.JPG

お部屋は7.5畳の和室。トイレ無しだけど廊下出てすぐに洗面・トイレ。
男女分かれておりトイレが三つくらいあって、
混む事も無く綺麗で快適空間になっていた。
トイレ無しでもぜーんぜん問題なーし!
バスタオル、冷蔵庫無し。

DSCF7379.JPG

窓からの眺め。

DSCF7380.JPG

客室はすべて二階にあるらしく、お風呂も二階にあった。
これ楽だわ〜。もう足腰よぼよぼなので風呂が近いってなんて幸せなんだろうと。(しみじみ感じる中年女)
よーし!
生ビールを美味しく頂くためにお風呂へ行くぞぉー!(外どしゃぶり)

DSCF7397.JPG

DSCF7381.JPG

24時間入れる新平湯の源泉掛け流し。(喜
よーし!誰もいないから露天満喫しちゃうぞぉー!(どしゃぶり中)

DSCF7382.JPG

DSCF7383.JPG

根性で満喫していたら…、
雨止んできた!!(喜)

それー!とっとと出て今のうちに庭で生ビールじゃっ!(ちょう忙しい)

女将さんに「椅子濡れてますけど大丈夫ですか?」と困惑顔されたけどいいの。
とにかく外で飲みたいの。

DSCF7389.JPG

うっひょおーーっ!

ふぅ、何とか一つ目標達成できたわい。

つづく

posted by 福良雀 at 12:21| 長野 ☔| Comment(0) | 温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする