2014年06月29日

日常の幸せなんだかよく分かんない色々

ツイッター始めてかれこれ二週間以上経過したわけだが、
急速にブログを書く気がしなくなった。
多分一時的なものな気がするのでそんな時もあるさねと。

で、ツイッター始めて振りかえると見事なまでにくだらない事ばかりをつぶやいており、
これは誠に正しいツイッターの使用法なんじゃないかと思ったよ。
私が居ない時は川口浩隊長がつぶやいてくれている。w
まだ色々と分かっていないのでおいおいやっていこう。

そんなツイッターにせっせとつぶやいている間にも色々な事があった。

一昨日も新人中年男性社員に怒ってしまった。
この三ヶ月それはもうみんな優しく一生懸命教えてきたのだが仕事の覚えが悪いのなんの…。
『未経験』『中年男性』ってのが一番育てるのに時間がかかるのは覚悟していた。
しかし、未だにまともに日勤の動きすらできない。
その手に持ってるマニュアルやびっしり書き込んだメモはいったい何なんだ…。
そして日勤の動きが取れず聞いてばかりなので他の職員に怒られていた。
そして私のところへやって来た時に言った言葉、

「やっぱり自分向いてないですね。つくづく思います」と。

もうね、この三ヶ月ずーーーーっっと「大丈夫よくやってるよ」「やれるよ、もうちょっと一緒に頑張ってみよう」「よく頑張って来たね」と励まし続けてまだこれかよと。
その間何度も面談し、やっていけそうか、何処で躓いているのかと話しあってここまできた。
みんなもこの人に後がない事が分かってるから一生懸命教えて励ましてきたのよ。
地方都市で46歳男性の再就職は厳しい。みんな知ってるから何とかと思ってやってきたの。

だけど流石に限界。

「で?向いてないと。じゃどうしたいの?いいかげん自分で決めたら?」

とぶち切れ。

周りから「あの人は無理だ」と言われ続けたけれど、クビにするのは簡単で。
だけど人手不足なんだから簡単に切ってしまっても次はなかなか来ないんだよ。
介護は求人出してても来ないから、来た人を育てなきゃならない。
この業界の慢性人手不足は深刻なので、求人に応募してくれた人には忙しい業務と並行しながら精一杯育てているわけ。
(この業界は賃金を何とかすれば人は集まるんだがこんな給料じゃ誰もやらんわな。)
人格的に問題あるなら即クビだけど、彼の場合は極度のマイナス思考と不器用すぎる事が原因。
人の何倍も時間はかかるが身につけばいい介護士になると思うのだ。

何回面談し話をしてきたか分からない。
私は早い段階から彼に言い続けてきたのだ。
「あなたは人の何倍も不器用で極端なマイナス思考のせいでおそらく随分人生損してきたはずだ。
 だけどあなたはとても真面目で穏やかで、声は小さいけどジジババちゃん達に声を荒げる事も無く、
 あなたなりに必死にやっている。ちゃんと見てるババちゃん達がいる。
 全部覚えて身についた時、あなたはとてもいい介護士になるよ」と。

昨日、帰り際に彼は謝ってきた。
今日は最後の夜勤指導。本来一回しか指導につかず二回目からは一人で夜勤なんだけど、
この人にはこれで4回ついて教えている。まぁ卒業検定みたいなもんだね。

さて、どうなるかな。なるようになるわ。
彼の人生においてこの経験は、マイナスな事など何一つ無いはずだよ。
おらはそう思う。

 DSCF5775.JPG
「それよりお母たまが変なパジャマ着てて花こわいっ!」

(ちょっと可愛い系のパジャマ買ったら大騒ぎ。みんなでガン見してるよw)



posted by 福良雀 at 10:56| 長野 ☁| Comment(8) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月22日

なるほどぉ

また胃腸炎とか。
しかし今回は吐気だけ。
色々と気付いた事がある。

私、『糖質ゼロ』とうたった商品は身体が受け付けない。

というのも、糖質ゼロの缶チューハイってやつを飲んで調子悪くなったのだ。
で、以前も何回かコレ飲んだ後悪心があった。ちょっとしか飲んでないのにー。
夜通しオェオエしてたのよ。次の日は早番だったのでオェオェしたまま仕事したのだ。
甘味料のアセスルファムk、スクラロースが合わないようだ。
胃が拒否するの。
ジュースは飲まないけれど、この甘味料使った商品は多いようだ。

つまり私は、おデブのままってこと?
「この甘味料ダメなの〜」なんて言ってる場合じゃないんだよっ!
そんなやわな胃袋に育てた覚えはないんだっ!

と、いうわけで、
何か胃の調子が〜と思ったらその前に何を食べたかよく覚えておきましょうって話。

DSCF5675.JPG
(最近極めた感がある昭和のナポリタン)

posted by 福良雀 at 09:39| 長野 ☁| Comment(2) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月15日

日常の風景

今朝の北アルプスはとても綺麗。
空気が澄んでいた。

ツバメ達の子育ても終盤。
まだ「びゃっ!びゃっ!」と巣から餌をねだる声がしたり、
かと思えば親子で飛行訓練していたり。

夜毎のカエルの合唱に癒され、
おらは眠るのだ。
色んな事があっても、
月と夜空の雲を見てカエルの鳴き声を聞いていれば悲しくはないぞ。ケロケロ

先日は二胡の演奏会。
あぁ、やっぱり蘇州夜曲は素敵。

DSCF5687.JPG

ニシキヘビよ奥さんっ!

みんな大喜び。
楽しかったなー。
職員達が「みんなでチャイナ着て踊っちゃう?!」って言ってんだけど、
なんか方向違う。\(^o^)/

予算無いから前だけチャイナで後ろはまっぱだな。 (おぼっちゃま君参照)

posted by 福良雀 at 19:39| 長野 ☀| Comment(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月10日

ツイッターってなぁに?

私ね、携帯とか嫌いなの。
だいたい今の携帯なんて10年くらい使ってんじゃないの?
スマホ?いいよそんなん。まぁそのうち嫌でも変えるだろうけど。
だいたい携帯持ったのだって義母の介護で必要に迫られて持ったくらいだもん。(緊急連絡用)
愛知に居た頃からずぅーーーーーっと長い事携帯持つの拒否し続けていたのよ。
で、その携帯を使ったメールなんて、この5年くらいからだよ始めたの。
ぜーんぶPCからで事足りる。

そんな私がこのたび、
ツイッター始めました。
でもほれ、スマホとかないじゃん?
出先からいちいち書くのも面倒。
あれ?ツイッターの意味ないじゃん。

そうだよねぇ。
今じゃないしっ!w
どうしたものか。勢いでアカウント取っちゃった。

まぁいっか。おいおい考えるね。
ツイッターのやり方今から見てくるね。(オイ)

posted by 福良雀 at 19:45| 長野 ☁| Comment(6) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月05日

梅雨入りとな

おらは最近ずーっと悲しいのだ。
なんで悲しいのかよく分からん。

毎日色んな職員から相談とか。
夜勤明けで帰ろうと思ったら他部署のサブリーダーから「少し時間いただけませんか」みたいな。
寝てませんが聴きますよと。

「相談したい事が」
「時間取ってもらえますか」
云々。
休み明けの出勤はいつも私の引出しにメモがあれこれ貼ってある。
それもやはり、『5分くらい時間を取ってもらえますか』と。

人事も業務も何もかも・・・。

やばいな。
最近の口癖が「そんなん知らんがな」になってきた!

例をひとつ。施設全体の避難訓練っつっても消防や報知機業者さんや町内会や、
もろもろ段取り決めなきゃできないのよ。(消防法の取り決めがある)
それが何故に全部私なのか。

「えーっと、それでどうなった?」とか聞いてくる責任者達。

はぁ?消防管理責任者はあなたでしょ。
なーんにもやってないだと?
あなたは何しに何回も消防署へ行ってたの?

ぶち切れ。

スケジュール全部組み直せ!全業者さん達に連絡して早急に決めろ!
施設に広報だせ!合わせてあなた達のシフトを組み直せ!

段取りを決めて僭越ながら(思ってませんが)上司達に説教。

内部で済むバカ話ならいい。
関連業者、消防署、町内会、入居者さん達皆に迷惑がかかる。
いったいこの施設は何をやってんだ?と思われる。
あなた達のやっている事で、信用ガタ落ちなのだと。
内輪で収まる話しじゃないのだ。
分からないなら聞きましょうよと。

それから他の事務方達にもモノ申す。
あの人が嫌いだからとかそういった私情で業務に支障を来すなと。
嫌いはいいが仕事しろ。これだから女は・・って言われるんだよ。
才能ある世の女性勤労者達の脚を引っ張るんじゃないよ!このバカ女達!


こんなことばっかだ。


うぅむ。

連日部下達や幹部達の毒吐きを受け止め、
みんなはすっきりした顔して帰っていく。
でもおらは毒吐きできない。ここでしかできない。
自分しか解決できない。

ウザくて申し訳ないがおらは悲しいのだ。
夜もうなってて目が覚める。ケモノなのっ!
ハッと目が覚めると花ちゃんが小さい声で「きゅ」と鳴く。
やっぱ女の子文だねぇ。

DSCF5605.JPG
「お母たまをいじめると花がゆるさなくってよ!ところでお母たまボーナスは?」

花ちゃん、
母ちゃん頑張る。


posted by 福良雀 at 21:32| 長野 ☁| Comment(2) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月04日

巡る 巡る

施設企画書あげてて思った事を書いておこう。

二ヶ月前から、おらの職場に来てくださるボランティアさんのコーディネートを社協に依頼していた。
何度もね催促してやっと動く社協の仕事の遅さよ。ほんっと仕事できない奴ばっかだよね。
『ボランティアコーディネーター』って名刺が泣くぞ。
五分で終わる仕事を二ヶ月かけてんじゃねぇ。
そして、ボランティアで施設を回ってくださる方の存在のありがたさよ。
例えば、今月は二胡。むかーしチェン・ミンの二胡を聴いてから何気に好きなのだ。
次はヴァイオリンかな。流石は『スズキ・メソード』の本場。
先生がヴァイオリンを弾きに来てくださる。
ここのヴァイオリン科の卒業生は葉加瀬太郎、久石譲、さだまさし、でもって田中康夫ちゃん!等々。
楽しみだなぁ。

でね、思うのだ。
楽器を弾ける人、是非施設(児童福祉施設でも)へボランティアで行ってほしい。
生の音を聴かせてあげてほしいのだ。
みんな本当に喜んで聴いてくれるのだよ。上手い下手じゃなく。
音楽療法なんだよ。
音楽には力がある。

巡るのだ全て。

その時感動してくれた子供の心が、誰かの心が、
どこかの誰かに巡るのだ。

私が親から捨てられた時、
一時的に預かってくれていた家がある。
私が20歳になった頃、恩を返さなきゃとあせっていたらおじさんは癌で亡くなってしまった。
入院する前夜も私と飲みながら、
「よっちゃん、わし腹に水がたまってきてのぅ」と笑ってた。
すでに末期でね。
腹水で膨らんだお腹をさすりながら「よっちゃんはいい子だ、いい子だ」とおらをやたら誉めてくれた。

「よっちゃんは真っ当に生きなきゃならんぞ」と。

だから私は自分なりに真っ当に生きなきゃならんと思うのだ。
それは、赤の他人のおじさんが私に示した損得抜きの愛の証し。

愛は巡る。

音にして損得抜きの愛を聴かせてよ。

楽しみだなぁ。


『燕になりたい』
posted by 福良雀 at 21:28| 長野 ☁| Comment(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月03日

色んな想いがやるせなく

最近また不眠が復活しつつあるが、
なんやかんやいっても元気でご飯旨し。

本日より父達が故郷へ帰っている。
今、兵庫?の竹野海岸付近の宿だってさ。
明日、島根へ。それから島へ渡るのだ。
何しろ父の故郷は遠い。車で行く事に結構こだわる父。
一人での運転で、信州から山陰の島まではきついだろう。(義母は運転できないのだ)
島で警察官として一生を終えた爺ちゃんと、
あの時代に煙草と酒を嗜み、粋な女であったらしい若くして亡くなった婆ちゃんの墓参り。

「これで最後だと思うんじゃ」

と父がいきなり故郷の方言で言う。

私はなんだか切なくてね。

学生時代から東京暮らしで、今年水産庁を定年した年の離れた私のいとこが、
なんと島に帰った。先月父のもとへ遊びに来ていたがあいかわらずイケメンらしい。(マジで)
思い切ったなぁと思う。

伯父の葬儀の時、私も含めいとこ達が大集合したがその時の話し、

「最後はみんな集まるんじゃ」

なんでかな。不思議とみんなあの島が好きなのだ。
私は以前父に、
「帰りたければ帰りなよ」と言った。
別に家なんか売ればいい。好きにすればいいのだ。

今回私も行きたかったな。
だけど、一週間も空けられないわ。
天坊が毎日泣くのが分かるもの。おらにはできねぇ。

電話で父に言う。
「大丈夫、まだ行けるよ。今度は私が運転してあげるから」

おらも海を渡ろう。

DSCF5368.JPG

[ぼく達も海を渡るんだ!」




posted by 福良雀 at 20:38| 長野 ☀| Comment(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月01日

君が大人になって

神奈川のアパートで男児の白骨遺体が見つかったと。
父親に放置されてた五歳の男の子だってさ。

私にはわかる。
待っていたと思うよ、ずっと。
物音がする度にお父さんが帰ってきてくれたと思ったはず。
幾度となく繰り返されるかすかな希望と絶望。
そんな屑な親でも、子供からしたら大好きなお父さんとお母さんなんだよ。
たらいまわしにされ、夜の闇、外の音を聴き逃すまいとしていた私には痛いほど分かる。

子供を作るなよ。
避妊しろ屑どもめ。

ごく普通の家庭で育った人には信じられないと思うが、
子供への虐待というのは世間に出るものは氷山の一角であり、
実はごく身近で(ひょっとしてあなたの隣の家でも)行われている。
平気でね、幼稚園児でも拳で殴るんだよ。謝っても繰り返し殴られるの。

この世で一番好きな人(親)から受ける暴力は、
子供の人格形成を大いに左右する。

子供はね、逃げ場が無いんだよ。

救えたはずの命だ。
児相ばかりに任せているから繰り返されるんだよ。
いいかげん考えようよ給料ドロボウ達。

どうか希望を。
希望を見せておくれよ。
絶望から運良く大人になれた児童虐待の犠牲者達に。



(震災直後のスキマスイッチ『奏』)
posted by 福良雀 at 22:45| 長野 | Comment(0) | せつない徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夏到来

本日カッコウが鳴いているのを確認。
来た!「カッコー カッコー」って横断歩道みたいに鳴いてるぞ!
だがどうも遠いのだ。
最近この辺はムクドリ達が増えたから遠慮してんのか。

うちの天坊は以前からムクドリと会話しようとする。
外のムクドリがギュギュっと鳴くと、
天坊はすぐさま外へ向かって、
「待って!待って!ぼく天坊!」と言っている。ホントだ。
何やってても可愛い天坊だが、
お外の小鳥に必死に自己紹介している天坊はもう・・・、
いただぁきまぁーすっ! ←(食うなよ)

DSCF5649.JPG
「ぼく天坊!」

夜勤明けの今日、松本は32℃。
暑くて寝れねー。身体がだるいわい。
皆様も体調に気を付けてね。

posted by 福良雀 at 19:36| 長野 | Comment(2) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする