2013年11月28日

福良家の日々

銀が本気出したら敵わない。
お花ちゃんに本気で迫り出した。恐るべしイケ面カリスマホスト文鳥銀。

ロックオンッ!w

DSCF4179.JPG
(ガン見するのが手管だな、ふむふむ)

の、奥でのんきにアクビしている小学一年生の天坊。

DSCF4180.JPG

もこもこしながら色々と考えている銀。

DSCF4226.JPG
(マスター、あそこのツボ巣をひとつ彼女へ、ぽっぽこぴ)

あぁ、可愛い。
今さら感満載だが、お花ちゃんと銀の同居もいいかもな。
天坊はお花ちゃんをど突いたりするけども、銀は優しいもの。
美男美女だわ。でもなぁ、お花ちゃんは無関心なのよねぇ。
天坊は母ちゃんでいいみたいだし。w
この子達ももう6歳かぁ。

DSCF4258.JPG
「うっひょー!新米!」

ようやく文達も落ち着いて遊ぶようになった。
まぁ銀は滾っているけども。

DSCF4248.JPG
「母ちゃん!ぼくね、ぼくねっ!」

うんうん、可愛い天坊や。
ランドセルの中の給食のパンを出しなさいよ。またカビるんだから。


皆様、色んな美味しいものをありがとうございました。
都会に住んでるとなかなか分からないインゲンの旨さ!(喜)
インゲン作り名人の爺ちゃが言ってた、
「多めの油で炒めて塩、これ旨し」って!

DSCF4142.JPG

里芋とかもむっちゃ旨い!

DSCF4141.JPG


ただただ、
毎日を穏やかに過ごしたいのだ。





posted by 福良雀 at 19:45| Comment(4) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月19日

空飛ぶキノコ

僕たち美味しくなるんだっ!

DSCF4139.JPG


美味しい『福』印の干し椎茸になるのじゃよ。(孫を見る目で)


posted by 福良雀 at 15:03| Comment(2) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月15日

ねえねえ母ちゃん

ねえねえ母ちゃん

DSCF4129.JPG

にぎってにぎって

DSCF4081.JPG

ねえねえ

DSCF4085.JPG

母ちゃん

DSCF4094.JPG

ぼくね、ぼくね

DSCF4103.JPG

あっ (にぎにぎ止めて手を開いたので絶望中)

DSCF4106.JPG

母ちゃんぼくに帰れって言うの?(絶望中)

DSCF4134.JPG


毎日天坊とこんな事しているので、
もう仕事辞めて引きこもってもいいですかね?

posted by 福良雀 at 17:34| Comment(9) | 文鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月14日

平湯温泉『ひらゆの森』

一気に冬がきたなー。今朝の松本は-3℃であった。
文ちゃん達はぬくぬくしている。

温泉だよ。
温泉の季節だよね。うんうん

だけど病院代にお金がかかり過ぎて、宿代無いし。
身体はボツボツの痕だらけだし。

でも行きたい!
貧乏でボツボツでも行きたい!わたし可哀想!

そんな可哀想な私を、
『ひらゆの森』は受け止めてくれた。

DSCF3960.JPG

和室トイレ無し、一泊朝食付き5400円(税込)!

文友ごま塩さんと行って来た。

DSCF3956.JPG
玄関
DSCF3958.JPG
カフェ
DSCF3955.JPG
売店

あら、ぜーんぜんOK!綺麗じゃないのー。
DSCF3949.JPG

洗面や湯沸かしポット。バスタオルや足袋ックス。
冷蔵庫とトイレが無いだけで、
ココいいわー。

DSCF3951.JPG

布団は自分で敷く。修学旅行みたいで楽しいもんだ。

二ヶ所ある貸切風呂は無料。これ無料でいいの?ってくらい素晴らしいお風呂。
空いていればいつでもはいれる。

DSCF3944.JPG

手前半分内湯。真ん中の戸を開けて奥に進むとそのまま半露天。うまい作りだわ。

DSCF3948.JPG


大浴場や露天は何しろ常に人がいるので写真は撮れない。
奥飛騨ではここだけじゃないかなぁ白濁湯。
かけ流しダバダバなんだけどさぁ、
ぬるいっ!とーにかくぬるい!
露天なんか寒くて入ってらんない。
ちっとも温まらない湯なのだ。
以前何度か立ち寄りで入ってたけど、こんなにあったまらない湯だったっけかなぁ。
貸切風呂が一番良かった。

夜は併設のレストランで飛騨牛の焼肉!(喜)

DSCF3953.JPG

ひたすら肉!肉!たまに野菜とキノコ!
久々焼肉食べたなぁ。
あぁ、美味しかった。文神様ありがとう。

この宿、一泊朝食付きがすっごくコスパ高い。
部屋は綺麗だし。トイレは部屋出てすぐにあってウォシュレットだし。
レストランで焼肉食べられるから通常の宿料理に飽きたらここでいいわー。
ここは立ち寄り湯のお客さんがとにかく多い大人気の温泉場なのだが、
宿泊すればそんなに部屋数は無いので大浴場や露天一人占め状態もある。
だだっ広いところに一人ぽつーんみたいな。w
露天はとてもひらけていて広いので星空が綺麗に見えるだろう。
と、ごま塩さんに言ってたのに私酒飲んでぐーすかぴーだった。ごめんね。

朝食は食堂で。ご飯おかわり自由で鮭やら温泉卵やらの一般的なもの。
米がまずい。しかし後ろのテーブルの相撲取り一家みたいな家族がもりもりご飯おかわりしてて、
私たちのテーブルの横に置いてあった炊飯ジャーがあっちゅう間に空になっていた。
私から見ると鬼のような勢いで食べているように見えるのだが、
あの相撲取り一家からしてみればそれはごく日常なのだろう。
すごいなぁ。もういいからっ!そっちにジャー持ってってよっ!あげるよっ!

んでまぁ貧乏なのでおいらはロープウェイには乗らない。
鍋平まで車で登っちゃうのだ。(ロープウェイで言うところの『しらかば平駅』乗り換え中間駅)

DSCF3970.JPG
ロープウェイに向かってちょー手を振る私。

私のここでの滞在スタイルは、
飛騨牛の牛串を食べ(500円)、足湯に入り、ビジターセンター内にあるアルペンシアターで、
穂高の四季やら雷鳥やらの映像を大画面で眺めてぼんやりするのだ。
これ私的にはちょー楽しい!シアターに座って雷鳥の登場の度に「おぉ!雷鳥の雛っ子!」と騒ぐ中年女。
500円でこんなに楽しんでる私!(喜)

DSCF3963.JPG

DSCF3964.JPG


帰りは停電のトンネルをいくつも潜り抜け、
先日アップした奈川へ投汁蕎麦を食べに行った。
投汁そばってほんと美味しいよ。
冬の長野に是非来てね。んで温泉に入って投汁そばを食べてくれろ。
なかなか難しいかもしれないけれど、
冬の北アルプスの美しさを見てほしい。

さて、明日からまた頑張ろう。

DSCF3982.JPG







posted by 福良雀 at 17:47| Comment(6) | 温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月12日

黄金のもこもこ

ほれっ!

DSCF3993.JPG

もっこもこの黄金に輝くカラマツ!

DSCF3994.JPG

きゃあーーっ!曇っててもこの黄金色!

DSCF3995.JPG

これこれ!

DSCF3986.JPG

とにかく黄葉はカラマツ!

DSCF3992.JPG

このカラマツが葉を落とし、
地面に黄金の絨毯ができると山が眠るのだ。

そして寒い日には投汁そば。

DSCF3988.JPG

具沢山汁に、(きのこや山菜)

DSCF3989.JPG

蕎麦をしゃぶしゃぶっとね。

DSCF3990.JPG

ほれ、召し上がれ。

松本市奈川は『投汁そば』発祥の地。
どこの蕎麦屋でもたいがい美味しいよ。
この日は停電の影響かお目当ての『仙洛』が土曜日なのに休業。
急遽『そばの里奈川』で食す。
停電で自動ドアも開かず、薄暗い店内での投汁そば。美味しかったー!

道中のトンネルは真っ暗で、
ただでさえ上高地までのトンネルは古くて狭くて暗いのに、
停電とかっ!この日の停電は長かったらしい。
怖かったわホント。

印象に残る旅であった。
宿レポはまた後ほど。




posted by 福良雀 at 09:54| Comment(2) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月05日

人間とは何か


 人間とは何か。想像かなと思う。チンパンジーは全く違うものを結びつけるのが難しい。例えば、お絵かきであらかじめ目のない顔を描いた紙を与えると、顔の輪郭線をなぞるだけ。人間も2歳半ぐらいの子は同じようにするが、3歳になると目をかく。チンパンジーはそこにあるもの、目の前にあるものをみている。人間はそこにないものを考える。

 こういうことがあった。レオというチンパンジーが脊髄炎で首からしたが突然、まひした。体重が激減。床ずれもひどかった。ところがレオは全然へこたれない。寝込んでやせて骨と皮になって。僕だったら完全にだめ。介護のかいもあって回復したが、そこで思ったのは、チンパンジーは今ここの世界に生きている。人間はそうでなく、想像する力がある。100年先、100年前のことを考える。

 想像する時間と空間の広がり方が人間はものすごく広い。チンパンジーは今ここを生きているから寝込んでもこのままどうなってしまうのだろうなんて考えない。チンパンジーは絶望しない。絶望する理由がない。人間は絶望する。このまま寝込んだらどうしようと。でも絶望するということが、まさに希望を持つことにもつながる。どんな状況にあってもはるか遠い先のことに思いをはせて、希望を持ち続けることができる。それが人間なんだなと思うようになった。



と、京都大学霊長類研究所の松沢所長は言う。


人間は、絶望したり希望を持ったりする生き物なんだね。
どうか文神様。
私の来世は黒ゴマ文ちゃんでお願いします。(白羽多め)
イケメン飼い主といちゃこらっとし、
彼女なんかが家に来た日にゃ総攻撃して追い払い、
「ごめん、うちのぶん子が君の事どうしても嫌だって・・」
と、イケメンだけどまったく空気読めないうちの旦那は←(4行目でもう旦那にっ!)
彼女にしれっとのたまって色々ご破算になるといい。

あぁ、楽しい。
ぶん子日記毎日書いちゃう。

いいじゃないか。
ゴマ文になる希望持ったって!(キレながら)

DSCF3918.JPG
奥でニョロニョロ踊っている銀。
あぁ可愛い。なんだよニョロニョロしちゃってさー・

posted by 福良雀 at 22:10| Comment(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月04日

石の中の世界

DSCF3898.JPG

綺麗だなぁ、グリーンガーデンクォーツ。
やっぱ飾りのロンデルはいらないわ。これはばらす。

DSCF3902.JPG

メインの庭園水晶13mm、左右のムーンストーンは変えよう。これじゃないな。

DSCF3941.JPG

水晶の中の庭園。
苔のよう。

DSCF3942.JPG

DSCF3943.JPG

ガーデンクォーツとルチルクォーツの組み合わせ。
うぅむ。ここにホワイトガーデンクォーツが欲しいところだ。

美しい景色を水晶の中に見させてくれる。
苔がぽわぽわしてんだよ。
癒されるなぁ。
さぁ今日も、どんより気分を満喫しよう。
だんだん楽しくなってきたらおらの勝ち。

posted by 福良雀 at 17:40| Comment(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月01日

失敗じゃないよ

滋賀の菩提寺の好事家さん。
お元気でしょうか。
ふいに思い出して、
森田童子を聴きました。

奈良のポルシェのあのお方と、
馬鹿話していた頃を懐かしく思います。

世代は違えど、
話しは尽きず。

私の地元近く、
足助のライブハウスによく来ていたのは、
山崎ハコだったか森田童子だったか。

私はあれから、
とても辛い事や、
それはそれは楽しい事がありました。

あなたの書はどうでしょう。
染付はどんな塩梅で。
甕の蒐集はそろそろやめた方がいいんじゃないですか。

ふと、
色々、
思い出したのですよ。


森田童子『僕たちの失敗』

あなたはここにいましたか?


中島みゆき『世情』

尾崎は聴いていましたか?


尾崎豊『街路樹』


また、
色んな話しをしたいですね。
私はすっかりありとあらゆる力を失いましたが、
それでも根底は変わっておりません。
えぇ、そりゃあちっとも。








posted by 福良雀 at 22:40| Comment(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする