2013年05月28日

カリスマ銀の誕生日

イケ文だカリスマだと言われ続けてはや6年。

銀ちゃん6歳!
落ち着きゼロ!\(^o^)/

DSCF1677.JPG
 ↑(たまちゃんに歌うので激怒されてる図)

変態でもいい。
毎日元気で楽しいなら母ちゃん何も言うまい。

DSCF2425.JPG
「こ、このツボ巣はっ!ぽこぴー」 今朝の銀ちゃん。ツボ巣チェック中。

愛しのななちゃんに先立たれ、
さぞかし落ち込むかと思いきや意外とそうでもなく、
誰彼かまわず歌って踊りまくり・・・、

だれでもいいみたいっ!\(^o^)/

最近はチラッチラッ母ちゃん見ながらツボ巣に入り、
きぃえぇぇ〜〜きょえぇぇ〜〜きゅきゅきゅーっ! ←(感極まった感じw)
としている。

DSCF1690.JPG
 「アベノミックスってお好み焼きがあるらしいよ、ぽこぴ」 ↑(たまには考え事だってする)
        
ブランコを振り回し、無意味にカゴキックし、
菜っ葉を入れてはカルカル、バナナ水入れはめてはカルカル。
ホントに思い出したように突然母ちゃんの手の中にもぐり込み、
上目づかいにゆっくり瞬きし、
「かあちゃん、ぼくは・・・ぽこぴ」と言う。

あぁ、可愛い。

楽しい毎日を過ごすのだよ銀。

DSCF1984.JPG

「あー、どっかに可愛いゴマ桜文いないかなぁ〜ぽっぽこぴーぽこちゃぽこちゃ」





posted by 福良雀 at 14:06| Comment(8) | 文鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月27日

七味温泉『紅葉館』 その2

おぉぉーー!
温泉がおらを呼んでるぅぅーーっ!
こうしちゃいられねぇ!
早く早くぅー!

どたどたポイポイ ←(走りながら服を脱ぎ捨ててる音)

DSCF2039.JPG

お?

DSCF2040.JPG

あ?

DSCF2041.JPG

洞窟よー!

DSCF2042.JPG

わくわくするやないのー

DSCF2043.JPG

おぉ!

DSCF2044.JPG

わーーっ!

DSCF2046.JPG

きぃえぇぇぇーー!!  ←(もううるさい)w


感動はつづく


posted by 福良雀 at 18:43| Comment(2) | 温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月25日

七味温泉『紅葉館』 その1

あ〜〜こうガッツリくる温泉に入りたいよねー。
家に帰っても洗濯物が硫黄臭くて、
職場では「なんか福良雀さん臭いですよね」と陰でひそひそ言われる、
そんな温泉・・・、

あるじゃないの!

七味温泉『紅葉館』。

DSCF2159.JPG

この一帯、以前寂れてたのよねぇ。まぁ今もだけど。(オイコラ)
で、通り過ぎたところに人気宿、奥山田温泉『満山荘』があるもんだから、
素通りしてたわよー。

この七味温泉、七つの源泉ブレンドとか、とにかく湯質が面白い。
で、紅葉館が改装したと某所で宿泊レポを見かけ、
俄然行きたくなった。(GAYOさん参考にさせて頂きましたぁー!)

この辺り、ほんっといい温泉がたくさん。
はぁー臭イイ匂いがプンプンしてますよ奥さんっ!(喜)
わくわくしますなぁ。

おや?

DSCF2027.JPG

ポ、ポンちゃん!

DSCF2129.JPG

ポンちゃんちょー笑顔!(喜)

毎日橋渡って遊びに来るんだと。橋渡るとかっ!なにそれ可愛い!
奥飛騨の某宿では囲炉裏の側で平たく敷き物になっていたものだが・・・、
この扱いの差っ!ところ変わればポンちゃん界も大変!

DSCF2029.JPG

一階フロント。

DSCF2058.JPG

ポンちゃん写真が光り輝くロビー。

DSCF2126.JPG

二階にお部屋。こじんまりした宿。

DSCF2031.JPG

10畳くらいかな。必要なものは全て揃っている。

DSCF2036.JPG

窓からの眺め。
綺麗だなぁ。まだここは早春の雰囲気が残っている。

DSCF2146.JPG

庭(というか裏山)にシラネアオイ。清々しい花だねぇ。

続く

posted by 福良雀 at 09:53| Comment(2) | 温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月24日

こんな可愛い生き物がこの世に・・・

近所のお宅の池でカルガモちゃん子育て中。
雛っ子っ!(喜)

DSCF2327.JPG

きぇぇぇーーーっ可愛いっ!

DSCF2332.JPG

私のカメラの望遠では限界!

DSCF2336.JPG

お母さんの下に隠れるぅぅーーーっっ!!(喜)


寝る時はお母さんの下にみんな集まるの。
頭隠して尻隠さず。
みーんな可愛いおちりが出てるのよ!(喜)

ここのお宅では毎年カルガモちゃんが来て子育てするの。
家にも来てくんないかなぁー。お風呂場解放するしっ!
私、すんごい高級なお餌とか貢いじゃって、
仕事も辞めて見守っちゃうんだぁ。 ←オイ


posted by 福良雀 at 19:34| Comment(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月20日

なんだかなぁ

最近職場で怒る事が多いな。

稟議書出しても返事もなく、
決まった事が言いづらい事だとほったらかし。
ほったらかしてて解決する事など何一つ無い。
それによって周りが迷惑しているの分かってるのに、
どうしてほったらかす事ができるのか。
私が逃げ道をつぶしていくので、
しぶしぶ返事がくる始末。

なにやってんだバカ上司。仕事できない奴はクビだ。
話しても何にも業務をこなさないから進まない。
レスも無い。面倒な事は「あ、それ誰々に頼んだから」となすりつけ合いしてちっとも解決しない。
その誰々さんに聴いても「え、僕はそんな事聴いてないよ」。

いい加減にしろ。
自分に与えられた仕事は最低限こなせバカ上司。
このバカ上司を飛び越えて、全部トップに直接問い合わせして居場所なくすぞこのバカめ。

     
  ********


ある日業者さんと打ち合わせ。
一ヶ月前から会議の日は決まっており、
こちらはその業者さんの為に出席してアドバイスするお客側。

業者は連絡も無く25分遅刻して、
「いや〜どうもどうもー」とテーブルにつきとっとと座ろうとした。
お客のこちら側が立っているのにだ。何様だこいつは。
初対面だったが私大爆発。

「14時の約束を25分も遅れてきてろくに詫びも入れず、
 客より先に座るあなたのお名前はなんですか?」

多分、鬼の形相だったと思う。
私とうちの顧問もいたけど顧問びびってたもん。

営業、係長、管理士と三人もいるのに、
何故一人くらい「先方に遅れる旨連絡入れましょう」とならないのか。
平謝りだがバカじゃないだろうか?
怒るに決まってるじゃん。分かり切ってる事だよ。
なんでできないんだろう?遅れる電話ってそんなに難しいのか?
最初に「遅れて申し訳ありません」の一言が何故出てこないのか?
三人も揃っててどうしてそんな簡単なトラブル回避ができないんだろう。


なんだかなぁ。
この業界、仕事のできない男が多すぎるわ。


DSCF2204.JPG

最近の私、カピバラみたいに遠い目してるよ。













posted by 福良雀 at 20:25| Comment(6) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月18日

美しい信州

あぁ、なんて綺麗なんだろう。

DSCF2049.JPG

美しい温泉だ。

DSCF2054.JPG

身体がビリビリしたよ。

DSCF2163.JPG

山は新緑。緑のグラデーション。

DSCF2168.JPG

八重桜や、

DSCF2187.JPG

林檎の花。


美しい自然の色彩。

ただぼんやりする。


posted by 福良雀 at 20:29| Comment(6) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月16日

春は何処いった

先週くらい氷点下だった気がするんだが。
え?なんでいきなり30℃超えてんの?
もう私の嫌いな夏が来るの?

気候が極端ですよ奥さん。
私、ついていけません。

そのせいか、色々やる気ゼロ。

いいよいいよ。
こんな時は美味しいもんでも食べてさ〜

DSCF1920.JPG
(また飲んでる)

DSCF1916.JPG

『木イチゴと白あんとクリームチーズのパン』

DSCF2006.JPG

『安曇野豚のカツサンド』

DSCF2003.JPG

年寄りブンチョの熱唱を聴いたりするのが一番だよっ! ↑(たまちゃんご機嫌)


と、己に甘い日々を過ごして迎えた健康診断・・・、



驚愕の数値を記録致しましたっ! \(^o^)/



毎日のアイスもうやめる・・・。←(ふるえながら)


posted by 福良雀 at 22:28| Comment(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月07日

大きな声じゃ言えませんが

ここだけの話し、

わたしゃ子供が嫌いです。


いえね、
子供の頃から子供が嫌いだったのです。

子供はね、
無垢で残酷だと思うわけですよ。
その残酷さが私には耐えられないのです。

ちょっとどうでもいい思い出語りしていいですかね?

小学生の頃、
学校の行事で山へキャンプしに行ったわけですよ。←(問答無用で語ってる)
各自『飯盒』を用意し、現地でご飯を炊くのです。
わたしゃね、その頃とてもとがっていてね、
買った『飯盒』は真っ赤な物だったのです。
いやーとがってますねー。
みーんな黒か深緑のを買ってるのに私だけ赤。
思えばこの頃から私は『赤』が好きなのですな。しみじみ
つーかよく赤なんて売ってたなぁ。
で、それをみんなが奇異な目で見るわけです。
「福良雀は頭がおかしい!」
「せんせーい!福良ちゃん変でーす!」みたいな。

「うるさいクソ餓鬼ども!」

と思っていた小学4年生の私。いやーとがってるクソ餓鬼チビ福良ちゃんですなっ!

そして、ご飯を炊きながらカレーも作ってた。

先生 「みんなで作ると美味しいね!」
ガキ共「先生!美味しいね!」
福良クソ餓鬼「先生!まずいでーす!」


シーン・・・


ふふふ、なんて正直なクソ餓鬼ちび福良ちゃんでしょうか。
こんな奴と一緒にキャンプなんてしたか無いですな!
色々台無し! \(^o^)/

子供の頃から、
私みたいな子供が嫌いという話し。


ささ、話しも終わったところで、
皆さん甘いものでも召し上がれ。

DSCF1657.JPG
上高地五千尺ホテル『5HORN』 あまおうのタルト


(私ひとり太ってたまるか) ←クソ餓鬼ちび福良ちゃんの頃から変わってない心の声





posted by 福良雀 at 08:21| Comment(8) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月03日

世界観




クリープハイプ『憂、燦々』


連れて行ってあげるから
こっちにおいでよダーリン




posted by 福良雀 at 21:18| Comment(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月02日

終り

この人の八十云年はどんな人生だったか。

前半は苦しくとも希望があったかな?
後半はやりがいのある仕事に打ち込み、
生き生きと日々を謳歌していただろう。

終りはどうだったかな。
重度のアルツハイマーでも、奥さんが倒れた事を理解していたね。
「会いたい」が叶わなかったね。
会わせてあげる事はできたはずなのにな。悲しいね。
ごめんね、これ以上介入する事は出来なかったんだよ。

横暴で暴言だらけで自己中で怒鳴ってばかり。
だけど何故みんなから嫌われるのか理解ができず余計にみんなに怒鳴り散らし・・・。
寝たきりになれば昼夜逆転し、夜間は5分おきにコールを鳴らし職員を困らせてたね。
家族の許可を得てコールを外しても、
ベットから「おーい!おーい!」と呼び続けてたね。
「シャツが濡れた!着替え!」「暑い!」「寒い!」「布団かけろ!」「お茶!」
「酒持ってこい!」「おい!なんで飯がないんだ!」「今何時だ!」「おしっこ!」etc・・・。
朝までずっと続くソレに、職員の精神が疲弊していたよ。
他の寝たきりや経管の入居者さんの介護に入ってたら、
ベットから這ってホールまで出てき、
「おい!何回呼べば来るんだバカ野郎!金払ってるんだぞ!」って怒鳴ってたね。
夜中の三時。ごめんね、いいかげん怒りで拳が震えたよ。


今年に入ってからずっと、こんな毎日だった。


職員達から「夜勤明けて家に帰っても呼ばれる声がする」と、幻聴の訴えがすごかった。
一人夜勤なので逃げられず、全部一人で夜通し相手しなければならなかった職員達のストレスは半端なかったな。
精神薬飲み始めた職員が出始め、
数日前にはパニックに陥った職員から夜中に電話が来るような始末。
悲鳴あげ続けてたもんね。地獄だわ。

こんな状態でも、
痛みで苦しむMさんの手を握り、
「ここにいるよ、大丈夫だよ」と話しかけ、
脚が!脚が!と叫ぶMさんの脚をさすりながら、
「痛いね、痛いね」と話しかける職員達。

細めな体交、口腔ケア、清拭で褥創も治り、
点滴にきていたMさんの主治医がびっくりしていたっけ。
そしてすごく誉めていた。

うちの職員達の介護力といったら半端ない。
ここの集団はすごい。
全員が素晴らしい仕事をしたな。

本当によくやり遂げた。よく堪えた。
みんなが同じ方向を向き、それぞれが最大限の努力をしたのを知っている。

私は、
「あなた達の介護力は半端ない。素晴らしい仕事ぶりでした」
と、ひとりひとりに賛辞を。


自慢の職員である。
天使なのかしら?


     *
おまけ

亡くなった日、私は予感があったので明け方に出勤した。
丁度主治医が来て死亡宣告した後だったので、
エンゼルケアを施す手伝いができた。
一段落し、他の入居者さんを起こし始めなきゃならない時間。
その時、

「おーい!おーい!」

思わず固まり夜勤明け職員の顔を見ると彼女も固まっている。
顔を見合わせお互い、
「今・・・、聴こえましたよね?」
「うん、いつもの声だわ」

ぎゃああああぁーーーーっっ!




お終い。


DSCF1839.JPG
「母ちゃんも一緒にツボ巣で寝るといいうりゃ」










posted by 福良雀 at 09:08| Comment(2) | せつない徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする