2012年07月19日

野沢温泉 『野沢グランドホテル』その2

あぁ〜〜づ〜〜いぃ〜〜。
松本も35℃超えてますぜ奥さん。
おかしい、ココは信州、何この暑さ!
暑いの苦手〜〜〜。
だが食欲落ちずっ!今も食後に凍らせたプリン、しかも二個目!
夏に食が落ちる人がうらやましい、
一度朝礼の時に倒れてみんなに心配されてみたいよ。

「先生っ!福良雀さん倒れてますっ!」
「なにっ!おいっ大丈夫か福良雀!おまえがいないと俺は、俺はーっ!」
職務も忘れ福良雀にすがりつきむせび泣く政男であった。


おい政男、仕事しろ。
つかまだ死んでねぇー。 (以上、劇団ひとりぼっち)

ふぅ、暑苦しい。w


さて、野沢グランドホテルの続きー。

夕食は一階レストランで。

DSCF8705.JPG

お品書きは一人一枚。

DSCF8702.JPG

DSCF8695.JPG

DSCF8697.JPG

このお漬物の美味しいこと!ガツガツ食べてたらおかわり持ってきてくれた。w

DSCF8699.JPG

鮎ーーっ!(喜)小振りだけど美味しかったぁー。

DSCF8703.JPG

『トマト豚包みカツ』美味しい!

DSCF8700.JPG

この地域は笹寿司だね。これ野沢菜炒めが乗ってて美味しいー。

他、茶碗蒸しやビーフシチュー、お造りは信州サーモンとアジ。
デザートは無花果ソースの杏仁豆腐。

大満足♪ 値段の割に美味しいし頑張ってるなー。

朝食は同じ場所でバイキング。

DSCF8708.JPG

とりあえず最初はコレ。
種類も豊富でイイ!トマトの美味しいこと。
やっぱお漬物うまい!

このホテルいいっ!
露天が直って『真湯』に入れるようになったらもう一回行きたいなー。
接客も丁寧でとてもいいホテルだと思う。

帰りに小布施をプラプラ。
『栗の木テラス』で・・・、
また食ってる!しかも二個!

DSCF8720.JPG

確か私、ダイエットしてたんじゃ・・・。(二個目のプリン食べながら)

あー、よく食べよく笑ったたまちゃん会の旅でした。

おしまい

おまけ
DSCF8937.JPG
旅先の『しまむら』で買った靴下。w
バイバイキーン♪


posted by 福良雀 at 11:31| Comment(8) | 温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月15日

僕の目 ひとつあげましょう

最近悪夢ばかりで、
目覚めた時にどっと疲れている。
自分が殺されるか、あるいは自分が人を殺している夢。
今日は私が人を殺していた夢で、
あまりにリアルで吐き気がする。

今日、会社休んじゃったよ・・・。
明け方叫んで目が覚めちゃった。
気分が悪過ぎてもう仕事行きたくない。
最近眠りの質の悪さがはんぱ無いな・・。

今日はヤメヤメー。
こんな日もあるさ。

好きな曲聴いてのんびり文達と過ごそう。



『僕と花』 サカナクション



なんだか日本は気の滅入る事ばかりだね。
息苦しいわ。


せめてあなた達は、

DSCF8927.JPG

幸せな夢を見るのですよ。




posted by 福良雀 at 09:32| Comment(6) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月14日

疲れた時の『ぢべたぐらし』

すごく働いたの私。
定例会議の後の、
「福良雀さん!異動の話しあったんですか!?」
「困りますぅ〜!」
攻撃に疲れる。
もういいからさ、働けコラ。

疲れた身体を横たえ、
たまおちゃんの「キュウキュウ〜」声を聴きながら眠りに落ちる前のひと時。
コレだっ! ↓

DSCF8844.JPG
『ぢべたぐらし』 マツダユカ

DSCF8845.JPG
とにかくアヒル君の日々。w
この方の絵柄好きー。鳥好きが描く漫画は面白いわ。これむっちゃ笑える。
DSCF8846.JPG
ツバメの雛っ子! ハァハァ

DSCF8847.JPG
あひる飛んでる!つか落ちてる!

DSCF8848.JPG
もこもこおちりに何故か哀愁。だけどハァハァ

嫌な事があっても、まさに気持ち晴れやか!帯に偽りなし。
面白くて美しい漫画はあんまりないね、貴重だわ。
マツダさんありがとう〜!

posted by 福良雀 at 09:33| Comment(2) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月11日

野沢温泉 『野沢グランドホテル』 その1

バリアフリーでかけ流しの温泉でー、
これがなかなか難しい。
しかーし!さすが温泉天国長野!
部屋にもかけ流し露天付きがありますよー♪

野沢温泉『野沢グランドホテル』。
館内バリアフリーで移動も楽々。しかも二種類の源泉を掛け流し。
で、露天付き特別室を予約。一室しかないバリアフリーの部屋なのだー。

DSCF8678.JPG
(さりげにカメラに納まる幹部A)
DSCF8675.JPG
畳スペースも広々、一段高くなっている。
DSCF8677.JPG
(さりげにカメラに納まる幹部Bの足)w
DSCF8676.JPG
部屋から露天が見えますぜ奥さん。
DSCF8691.JPG
浴衣に鳩車(野沢温泉村といえば野沢菜と鳩車ですがな!)

いいよーココ。
車椅子での使い勝手がいい。広々ゆったり。
冷蔵庫は空、ポットに冷水。美味しいなー水。
アメニティは充分。あ、でもココ、温泉袋(ビニール巾着)が無かったなぁ。
これ不便。あると便利なのよね、あのビニール巾着。
トイレもね車椅子用に広いし手すりもある。
洗面も台の下にそのまま車椅子が入るよ。

DSCF8680.JPG

ただ、部屋付きの露天は介助がないと厳しいね。
この陶器のお風呂、またぐのがけっこう大変だと思う。
私あんまり好きじゃないのよ陶器風呂。すごく目玉親父だと思うもん。
「おいっ!鬼太郎!」「なんだい父さん」 ←(劇団ひとりぼっちやるしかないなw)

DSCF8679.JPG

ここの大浴場はあの『麻釜の湯』を引いている。
さらっとした癖のない湯。飲めちゃうよ、激熱だけど。
「あちーーっ!こんなもん飲めるかっ!」ガシャーーン 
「お父さんっやめて!」
ちゃぶ台をひっくり返して怒る政男にただ怯える弘子であった。
 ↑(まだ続いてた劇団ひとりぼっち、つーか政男って誰?)

DSCF8694.JPG

そうよ、ココに浸かると野沢菜の気持ちがよく分かるの。
だってこの湯で野沢菜茹でてんだもの。
ちょーーー貴重な湯!私、野沢菜!ww
そしてそして、露天風呂はあのひじきの『真湯』様←(もう様付けw)を引いているのだ!
つまりこの宿は、野沢菜とひじきの気持ちが分かるすごい宿なのだよっ!(もはや何がすごいのか分からんw)
しかし残念な事にこの時は土砂崩れで露天の真湯に入れなかった。
宿のすぐ近くに外湯で真湯があるからいいけどねー。↓

DSCF8681.JPG

ふぅ、熱く語ったな。
つーかもう暑苦しい、暑苦しい私っ!
疲れるのでやめていいですかね劇団ひとりぼっち。w

すみません、
これでも飲んで涼んでね。

DSCF8674.JPG
(行きも帰りも飲んだコーヒーフロートw)

つづく



posted by 福良雀 at 19:57| Comment(8) | 温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月08日

たまおちゃんのデイサービス

換羽でよれよれのたまちゃんはしんどそう。
なにしろお年寄りだからねぇ。
白内障も進み、換羽で飛ぶ事もままならない。

DSCF8841.JPG
「もうよれよれなのでございますうりゃ!」

そこで母ちゃんの出番ですよ。
送り迎えのサービス〜。
行きたがる方へせっせと送迎。

DSCF8828.JPG
「母ちゃんつぼ巣まで行くうりゃよ」

DSCF8813.JPG
お礼に『母ちゃん好き』の歌を熱唱してくれるたまおちゃん。

DSCF8781.JPG
ちょームカツクらしい。ww

DSCF8827.JPG
遊び疲れたら伸び〜をして

DSCF8821.JPG
「母ちゃんそろそろ帰るうりゃ、手っ!」

DSCF8757.JPG
はいはい、お家に帰りますよ可愛いたまおや。


なんとか乗り越えられるかな。
母ちゃん心配。


posted by 福良雀 at 22:50| Comment(4) | 文鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月04日

音霊




最高にかっこいい第九。
ベートーヴェンきっと泣いてるよ。
音楽ってすごい。
音の力ってすごい。



楽しい事は万国共通。
みんな一緒だってこと。
悲しい事も一緒なんだよ。

銃を捨てろ。

踊れ!
踊れ!



posted by 福良雀 at 11:32| Comment(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月02日

現実

憎々しい程の肉。

DSCF8721.JPG

健康診断の結果LDLコレステロールが160もあった己への挑戦状。

DSCF8741.JPG

実家は花だらけ。スミレがあちらこちらに。

DSCF8727.JPG

大好きなホタルブクロの群生。

DSCF8729.JPG

もっこもこだのう。

DSCF8735.JPG

プルーンも生ってきたね。

DSCF8739.JPG

プルーンのふりしてもダメだ! ↑(みの虫)

DSCF8732.JPG

つやつやのトマト。

DSCF8733.JPG

今年はキャベツがすごいらしい。どうすごいのか分からんが。

DSCF8740.JPG

もう愛知に帰りたいと父が言う。
とにかくココはお金がかかると。
町内会等に年間支払う額が半端ない。
20万だの10万だの。そして毎週のようにある集まり。
山の下草刈り、葬式の手伝い等々休みがいつもつぶれる。
もうしんどいのだと。

愛知に住んでた方がお金がかからない。

田舎暮らしの現実だわ。
これなんだよ、都会の人が挫折する要素は。
休みの度に朝6時から山の手入れだ用水路の清掃だと駆り出され、
年寄りだらけだから毎月葬式がある。
そして異様に高い自治会費。
両親の暮らす町内だけ異様に高いのだ。
で、父はそれに納得がいかない。
全て収支を公にしろと言う。

もうそういうのも全部鬱陶しくなってきたと。

年をとってきたから余計にね、そう思うんだろうな。
父はそういった愚痴を私にしか言わないのでストレスがたまるのだ。
「もっと帰って来い」と言う。
ガス抜きが必要なのだろう。

救いは、ここの人達はいい人ばかりで好きだということ。

なるようになるわい。

嫌なら好きにしな。
家を売り払って帰りなよ。
好きにすればいい。

とだけ言っといた。

どうなる小鳥荘!w

posted by 福良雀 at 13:03| Comment(6) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする