2011年12月29日

ありがとう

今年を振り返ってみた。
個人的にはとても勉強になった年。
仕事において辛い想いもしたけれど、全てが自分の糧になったと思う。
良い人間関係の広がりもあり、
やはり思う事は『自分にかえってくる』かな。

たまたま良い職場に巡り合い、
気の合う同僚も多く、
この職場で一年を締めくくれるのを幸運に思う。

国で考えると、今年の日本は悲しい事が多かったよね。
正月どころじゃない人達が大勢いるかと思うと、
やっぱり心が重いんだよ。
悲しみの海に沈んでいる人達が大勢いる。
大切な宝物、それは人だったり家だったりペットだったり・・・、
それらを失った今、どこに希望を持てるというのか。


だけどそれでも時は過ぎる。
苦しみもがいていても時は過ぎる。

いつの日か、希望の光が見えてくるよ。
そんな日がきっと来る。

だからね、どうか生きてほしい。

これ以上悲しみがありませんように。
来年、少しでも光が見えますよう、
願ってやまないよ。


今年も一年ありがとう。
このプログを読んでくださってる皆さまもそうで無い方も、
良いお年を。









posted by 福良雀 at 11:38| Comment(10) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月28日

天才ななちゃん

家の子達って可愛いだけじゃなくて天才も多いのよね。
ななちゃんが変な方へ飛んで行っちゃってみんなで大パニックな話しを前回書いた。
それでも遊びたいななちゃん考えた。

なんと、カゴの入口のお立ち台で(餌箱の上)、
私の迎えをじっと待っているではないかっ!

ななちゃん天才!(喜)

カゴの入口を開けておくのだけれど、
飛ぶのが怖いななちゃんは待つ。

私が呑気に座っていると、
『何いつまでも座ってんの?このわたくしがココで待ってるのがわからないの?バカなの?』オーラが半端ねぇ。
なので仕事で疲れた身体をひきずり、
ななちゃんの送り迎えをするのだ。
どさくさに紛れてニギニギしちゃうけど。
そしてイケメン銀が待つ愛の巣へお連れする。

私は下僕。

普段はびびりのななちゃん。
だけどこの子、自分の危機の時って私に頼るのよね。
過去二回の産卵も、何故か私の手の中。
手の中で力んでるななちゃん見て泣けてきたもの。
で、飛ぶのが嫌になっちゃった今回も、
私の手を待つ。

なんか凄い。
だってこんな小さな生き物が、
こんなでかい生き物を完全に信頼してんだよ?

ななちゃん天才!

せっせと送り迎えしていてふと、
「これってまるで介護施設デイサービスの送迎じゃね?」と気付く。

家に帰ってまで似たような事してる私っ!

でも、いいの。
ななちゃん嬉しそうだから。
みんな元気に年越しできたらいいな♪

DSCF7065.JPG

↑再会を喜んでるバカップル
posted by 福良雀 at 16:19| Comment(9) | 文鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月23日

お達者ちゃん

高齢化が進む我が家の文事情。
あと二ヶ月、バレンタインに9歳を迎える黒頭三兄妹。
やっぱね、よろよろしてきてるの。
二週間くらい前から、ななちゃんが目的地まで飛べずにぼてっと落ちて大パニック。
あらぬ方向へ飛ぶから危ないったらない。
なんとか目的地のツボ巣まで辿り着くと、
いつも通りイケメン銀とイチャコラしてるんだけど。(笑)

DSCF7035.JPG
↑(気持ち良さそうにななちゃんにむしられてる銀)

そこで本日たまちゃんとななのカゴをバリアフリーに近づけた。
止まり木を下に下ろして、ブランコ好きなたまおがちゃんと遊べるように、
ツボ巣を足がかりにしてブランコへ辿り着ける状態にした。

帰宅拒否するかと思いきや・・、

DSCF7141.JPG

20秒後にはツボ巣に御入室。(笑)

皿巣もそのまま入れてあるので、
寝る時はやはり皿巣で一緒に寝てる。
可愛いのぉ。

たまおやねねちゃんはまだぶんぶん飛べるので、
これ以上筋力が落ちないように、
しっかり遊んでほしいものだ。

DSCF7094.JPG

年寄り扱いするなこりゃうりゃっ!

↑(抗議のフンをするたまおちゃん)

DSCF7083.JPG

なんで嫌がらせってこんなに楽しいのかしら。

↑(バカップルに嫌がらせしに行って追い出される幸せそうなねねちゃん)

posted by 福良雀 at 18:07| Comment(0) | 文鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月21日

目之湯

皆さんご存じですか?
今、12月の後半なのよ。

きぃぃぃーー!無駄に忙しい!

そんな時こそ温泉。
文友のごま塩さんが『コーポたまちゃん』(つまり私の家)に泊まりに来たので、
早速温泉に行きまくった。

もうさ、お互いストレスたまってんのよ。
極上の湯につかりたいじゃない?

昨日の夕方に到着したごま塩さんと、
家のご近所である浅間温泉に行った。
夜勤明けの私はあんまり遠くに行きたくない。
それこそパジャマのすっぴんで行きたい。
だけどかけ流しじゃないとヤダ。
そんな我がまま叶えてくれるとこあったっけ?

なんつってもかけ流しの宿自体が数軒しか無くって、(美ヶ原温泉も)
あっても宿だと立ち寄り湯は15時までだし〜。
立ち寄り専用のとこはほとんど循環だしなぁ。

しかーし!あるのよ、浅間温泉にだって極上の完全かけ流しが!

目之湯。↓

DSCF7004.JPG

良く言えばむっちゃ風情がある。
230年くらいの歴史のある所。
渋い・・・。
ボロイっちゃボロイが、(おいコラ)
とにかくこの渋さがたまらんっ!
犬神家のスケ清が3人くらい居そうではないかっ!(喜)

DSCF7007.JPG

おじちゃんに600円払って、
ワクワクしながらすっぴんパジャマで突撃。

申し訳ない。
正直今まで浅間温泉なめとった。
こんないいとこがあったなんてっ!

謝れっ!

はい、ごめんなさい。

内湯と露天。内湯は湯気が多すぎて撮影できず。
露天も暗くてこの写真だと分かんないわね。
脱衣所は狭くカゴだけ置いてある。
内湯にカラン4ヶ所くらい。ソープ類はある。
貴重品の管理が困るかな。

DSCF7009.JPG

どぼどぼ投入される源泉は熱めで飲泉もできる。
コップが置いてあるので飲んでみたら無味無臭。
するっとした優しい湯。ちらちらと湯花が舞う。
目に傷をおった小鳥がこのお湯で治ったんだって。
なんと小鳥に優しい湯ではないかっ!
だから目の湯。

DSCF7006.JPG

↑(徘徊するごま塩さん)笑

うぅーむ。
こんなに小鳥に優しい温泉があったとは。
ありがとう目之湯!ちゅんちゅん!←(小鳥代表のお礼)
なんか通いそうだわココ。癒される〜〜。

で、本日はいつもの葛温泉『温宿かじか』へ。
デジカメ忘れて画像無しだけど、
今日もお猿がワラワラいた。可愛いのぉ。

疲れた時は本当に温泉だと思う。
近くにいい湯があって幸せだな〜。
これで今年を乗り切れそうだ。
ありがたや、ありがたや。


posted by 福良雀 at 21:01| Comment(10) | 温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月12日

つれづれ

自分にとって何が難しいって、
『自分を律する事』だと感じる。
何しろ基本ぐうたらだし適当人間だし、口癖が「ま、いっか」だもの。
仕事において、他から突っ込まれないようにしないと・・
なんて考えて仕事してたら、
つ、疲れた。

きいぃぃーー!イライラしてくるじゃないのよ!

やめだやめだーー!! ←(早い)

もういいの。
ぐうたらサブリーダーで。
だってぐうたらなんだもの。
ピリピリしてたらさ、周りも疲れるじゃない。
楽しく仕事できなきゃ楽しんでもらう事なんてできんわい。
やる事はきっちりやって、
利用者さんが、楽しく安全に過ごせれたらそれでいいのよ。
細かい事は気にすんな。

この時期は色んな人からリンゴをもらう。
長野はね、蜜が入ってるのが当たり前なの。

DSCF6960.JPG

しゃりしゃり食べながらみんなでクリスマス会のコスプレについて考える。

トナカイにするかサンタにするか・・・

これ重要。

そして、
最近すっかり信用を失くしつつある我が部署。
ここらで挽回せねばと皆で考える。
「忘年会で何かやっちゃう?」
「今ここユニクロの黒レギンス下に穿くの流行ってるから江頭は?」
「あ!それ予算なくてもできる!」
「スポン脱いで皆のテーブルにダイブすりゃいいんでしょ?」

うふふ。
バカばっか。ww
ごめんよ、こんなサブで。
多分みんな、来年クビだわ。(笑)

ま、いっか。←(おいコラ)



posted by 福良雀 at 18:35| Comment(4) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月10日

新穂高ロープウェイ バリアフリー情報

先日の『たまちゃん会in奥飛騨』では、
新穂高ロープウェイで山頂まで行ったのだ。
チャレンジッ!!

車椅子で実際行くとどうなのか?
これから行く人のお役に立てたらいいなぁ。
車椅子の人も、ガンガン出掛けて欲しい。

車椅子専用駐車場は5,6台分くらいしかないのですぐ満車。
先に降りてもらって、運転手だけ他の駐車場に置きに行く事になるかな。
スロープがあるので、付き添いがあればスムーズ。
ここのスロープは勾配のきついとこが多い。

職員の方に車椅子である旨伝えると、
別改札となる。
皆が並んでいる所とは別の場所で、ロープウェイが来るのを待つ事になる。
この際、付き添い人も一緒で。
階段に昇降機。
ロープウェイが来ると、最初に乗せてもらえる。
DSCF6595.JPG
次の乗り換え駅。
ここでも職員の方に申し出る。
職員さんが次の駅へと誘導してくれる。
けっこうな急勾配のスロープだが、
職員さんが一気に押してくれる。
ありがたい。
DSCF6596.JPG
山頂駅ではエレベーターがあるので無問題。
各駅に車椅子用トイレもある。

つまりね、
全然心配する事無いの。
ありがたやー。
DSCF6616.JPG
奥飛騨にはバリアフリー宿はほとんど無いけれど、
ここは是非行ってみてね。
出来る事なら、どんどん出掛けてね。
世の中はいい人ばかりじゃないし、
イカレタ奴の声ほど目立つし、
色々ギスギスしてきた気がするけれど、
んなもんまるっと無視して、
ガンガン出掛けよう!

DSCF6634.JPG

幹部Bさん、掲載許可頂き感謝。

DSCF6592.JPG

たまちゃん会in奥飛騨、
楽しかったーー!!
posted by 福良雀 at 20:40| Comment(8) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月04日

美しいということ

先日の夜勤時テレビを見ていたら、←(おいコラ!)
NHKで『美の壺』がやっていた。
テーマは『籠』。

そういえば私も使ってたわ〜。
十年くらい前だけど。

DSCF6948.JPG

DSCF6954.JPG

北信(長野の北)の職人さんに作ってもらったの。
横長のが欲しくってね。
素材は山ぶどうで網代編み。
でね、内張りは亡き前夫の着古した作務衣。
擦り切れた刺し子の作務衣を、
内側に巾着状にしてもらってた。

DSCF6950.JPG

DSCF6953.JPG

この写真撮っててまた思い出す。
私の作務衣は何処いった?
20代の頃着てた『飛騨刺しこ』の作務衣。

あったぁー!
仕舞いっぱなしでよれよれだけど〜。(笑)

DSCF6956.JPG

美しい日本の美。
趣味の骨董もそうだけど、
私にとっての『美』の基準は、
こういった物の何気ない紋様だったりする。

DSCF6957.JPG



posted by 福良雀 at 23:26| Comment(2) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月03日

鈍色

昨日の夜勤入り前、施設長に呼ばれた。

内容を詳しく書くことはできないが、
ものすごくショックな出来事があり、
施設長も私も話しながら涙目。

最初聞いた時は鳥肌が立ち、
つぎにあまりの情けなさに涙が出そうになり、
悲しくて苦しくなり、
そして激しい怒りへ。

許さない。

愚かな人間は何処でもいる。
しかし、私の眼の届く範囲で行われた事で、
一人がショックで病院に行っている。

見過ごさない。

愚かで浅はかな行為。
随分となめたまねをする。
施設長も私もだてに修羅場をくぐっていないので、
自分のしでかした事を、
嫌というほど後悔させてあげよう。

あぁイヤだ、こんな感情。

だけど、正しい方が病院送りは許さない。

日曜日に公表されるけど、
みんな動揺するだろうなぁ・・・。
リーダーさえもまだ知らないからきっと動揺して電話してくるだろうな。
「ど、どうしよう○○さん!」って感じで。(苦笑)
目に浮かぶわい。

目まぐるしく日々が過ぎる。

ものすごくイイ事と、
ものすごく悪い事が起こった一週間。

まさに私の人生だ。


 

posted by 福良雀 at 16:42| Comment(4) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする