2010年09月29日

この佳き日

プログが止まっている間に私は防災訓練で何故か『はしご車』に乗り、
屋上から救出されていた。

気分はマヤ。

そう、演技がいるのだよ君。
「火事だぁーっ!」とか言ってみたり。
発煙筒も焚いちゃったり。

屋上で待っていると消防の人が二人はしご車で来た!
「大丈夫ですかっ!」とか言ってるしっ!(喜)
あぁ、私を助けに来てくれたのね、紫のバラの人・・。
かっこえぇぇーーっ!惚れてまうやろっ!

ヘルメットとベルトを装着しゴンドラ?に乗り込む。
ウイィィーンと動いて屋上から離れ下を見下ろすと大勢の見物人。遠くに綺麗な山並み。

気分はムスカ大佐。

「見ろおぉぉ!人間がゴミのようだ!」byムスカ

一度言ってみたかったんだ・・・。

降りると大勢の拍手で迎えられ、
何故か消防の人達と写真を撮られまくり、
救助された側なのに気分は英雄。
わたしニッコニコ。
あっ、そういえば施設長から、
「いいですか○○さん。
 これは訓練ですからVサインとかしてはいけませんよ。」
って言われてたんだ。
その時は神妙な顔してうなずいてたのに、
キャバ嬢のようなVサインで写真撮っちゃったよ。

なんでわたしがはしご車に乗ることになったのかさっぱり分からないが、
とてもいい体験ができた。



posted by 福良雀 at 09:56| Comment(5) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月27日

しばらくお待ちください

地獄のように忙しいので、
レポUPまで美術鑑賞する銀と、
巣材を持って行ってななちゃんに鬱陶しがられる銀でもご覧になってお待ち下さい。
DSCF0852
DSCF0852 posted by (C)福良雀

ママぁ・・・ぽこぴ。

(不思議と銀はこのピエタにだけ反応する)

DSCF0849
DSCF0849 posted by (C)福良雀

怒ったななちゃんもなんて可愛いんだ、ぽこちゃ。

↑(ド突かれてるんだけどうっとりしてる銀
   いい感じで変態だ)
posted by 福良雀 at 22:52| Comment(0) | 文鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月24日

たまちゃん会in越後 その1

初めに、たまちゃん会について詳しく述べたい。

桜文鳥の福良たまおちゃんが怪鳥会長であるが、
当の本人は小鳥なのでお家で留守番しているという訳の分からない素晴らしい会である。

以上 (↑詳しく述べても二行で終了)

DSCF0874
DSCF0874 posted by (C)福良雀
 
↑たまお会長の後姿
「つぼ巣の点検で忙しいのでございますうりゃ」

たまちゃん会in越後の始まりは蕎麦。
松本駅で集合し、お城近くの蕎麦屋『北門』へ。
ここはうちのおばばちゃん達(入居者さん)から美味しいと聞いていた。
DSCF0876
DSCF0876 posted by (C)福良雀

うまっ!!(喜)

胃袋がもう一枚喰わせてくれと言っていたが、
お母さんそんな贅沢許しませんよ!

一路糸魚川へ。

白馬村から小谷村を抜け新潟に入る。
このルートは道も景色も良く、JRの大糸線と並走するので鉄っちゃんにはたまらないね。
一両でコトコト走る電車を見るとなごむわ〜〜。

目指す宿は姫川温泉『ホテル國富翠泉閣』。
湯量豊富な茶褐色の湯が魅力の姫川温泉。
と〜にかく源泉だばだばかけ流しなのよ!

日頃の疲れを癒すべく、
たまちゃん会幹部3名はホテルになだれ込んだ。

わっ私達癒されたいのっ!んぎゃあぁーーっ!!

つづく
DSCF0901
DSCF0901 posted by (C)福良雀DSCF0878
DSCF0878 posted by (C)福良雀



posted by 福良雀 at 09:14| Comment(5) | 温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月20日

しばらくお待ちください

無事『たまちゃん会in越後』が終了致しました。
密度の濃い時間を過ごした気が・・・楽しかったっ!
おら明日も頑張る!と思った次第です。

レポUPまで、伸び縮みしてお歌を歌うたまおちゃんでもご覧になってお待ち下さい。

DSCF0734
DSCF0734 posted by (C)福良雀

伸びて・・

DSCF0729
DSCF0729 posted by (C)福良雀

縮むたまおちゃん。

「なんて可愛い小鳥なんだ!
 と思ったら自分でございましたうりゃ」 たまお
posted by 福良雀 at 20:23| Comment(7) | 文鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月13日

今夜は三日月が綺麗

今日は初リーダー仕事。
ひたすら指示を出す。
ひたすら判断する。

つっ、疲れる。

タイムスケジュールを練る。
業務の間に職員達の休憩時間をひねり出す。
クレーム対応に追われながらもピッチでコールを受け指示する。

左耳のインカムで皆からの報告を聞きながら、
右耳はピッチで入居者さんからのコール内容を聞いている状態。

脳がもう・・・。

ぐったり帰宅。
そしてたまおちゃんの「朝のお散歩がなかったうりゃ!」
というクレーム対応をしながら左手はねねちゃんをニギニギし、
右手はお福をニギニギし、
頭の上でお歌をせっせと歌う天坊に合いの手を入れ、
右肩できゃんきゃん鳴くお花に頬ずりし、
右前方でいちゃこらするななちゃんと銀を眺める。

母ちゃんクラクラしてきた。

小松菜代を稼ぐのも大変だ。
DSCF0792
DSCF0792 posted by (C)福良雀

ねねちゃんは、

DSCF0801
DSCF0801 posted by (C)福良雀

なにがあってもどかない。(笑)





posted by 福良雀 at 23:01| Comment(2) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月12日

福良雀は山の中 その2

夏休み最終日、締めはやっぱり温泉。
性懲りもなく山へ行った。
だって長野だもの。山へ行かなくて何処行くのよ、えっ?
乗鞍高原にある『湯けむり館』へ。
http://www.norikura.co.jp/kanko/yukemurikan/home.htm
ここ好きなんだ〜。白濁硫黄泉かけ流し!(喜)
DSCF0831
DSCF0831 posted by (C)福良雀
空いてそうな昼時を狙っていく。
で、露天風呂でまったり考え事をするのだ。
しかし私は風呂で大抵話しかけられるので、
考え事も集中できないのよね。
また私も温泉話好きだしさ、ふっ。
この日は埼玉からご夫婦で来られた温泉好きさんと話しが盛り上がった。

この時点で気温は23℃。
とんぼが飛びまわる露天風呂を満喫する。
気持ち良かったな〜♪

DSCF0834
DSCF0834 posted by (C)福良雀
翌日はまだ硫黄の匂いをプンプンさせたまま仕事に戻る。
「今日の私は臭いのよ、ほれほれっ!」と同僚達に嗅いでもらい、
軽く変態扱いされる幸せ。

がんばろう。
ホント、色々がんばろう。

明日から私はリーダーの一人となる。


DSCF0596
DSCF0596 posted by (C)福良雀

「このたまお、皆さまの夏の疲れを癒すため、
 おちりを撮ってもらいましたうりゃね!
 これでウハッとして、
 また明日もお仕事がんばって小松菜代を稼ぐのでございますうりゃよっ!」
posted by 福良雀 at 20:36| Comment(8) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月09日

福良雀は山の中 その1

遅い夏休み満喫中。(ってもう終わりだけど)
先日は八ヶ岳方面で気になっていたことを解消してきた。
ピエタも見れたしね。
そして、ずぅーーーーーっと気になってたものを買ってきた。
それは『そらまめ』。

DSCF0756
DSCF0756 posted by (C)福良雀
『そらまめ』型の皮のキーケース。
八ヶ岳倶楽部に寄る度に気になっては手に取り悩んでいたもの。
とっ、とうとう買ったのっ!(喜)
一体何年悩んできたんだ男らしくないぞっ!(女です)

ほれっ、ちゃんと豆が三つ入ってるみたいではないかっ!

後は清泉寮で売られているフォトフレーム。

DSCF0841
DSCF0841 posted by (C)福良雀

田村拓童さんのフォトフレームが大好き。
以前から使っているが足りなくなったのでごそっと買ってきた。
(やっと亡きぼんちゃんの写真を飾れるわい)

はぁ〜満足。
買うもん買ってとっとと帰る。
だって平日だっつーのにすんごい観光客。
私人混み嫌いなので、
並んでまでソフトクリームなんてたっ食べねーぞっ!
(ホントは食べたかったけど)

この日は清里も暑かった。
避暑地じゃねぇーっ!
DSCF0752
DSCF0752 posted by (C)福良雀


八ヶ岳の麓は蕎麦の花が満開。
美味しいお蕎麦になっとくれ〜♪

山の中につづく
posted by 福良雀 at 18:27| Comment(2) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月07日

ピエタ

 『母は座り、膝の間には死んで横たわっている息子。
  そこにあるのは、もはや哀しみではなく、
  深く沈んだ想い。』 ケーテ・コルヴィッツ

DSCF0739
DSCF0739 posted by (C)福良雀
ずっと気になっていた作品を、
小淵沢にあるフィリア美術館に見に行った。
ここは数点ケーテ・コルヴィッツの作品を所蔵し、
常設展示されている。
その中でひと際目を引くのは、
ブロンズ彫刻のわずか38p高の『ピエタ』である。

DSCF0758
DSCF0758 posted by (C)福良雀
それは入ってすぐの中央にあった。
思わず「あぁ」と声がでる。
涙がぶわっとあふれ、しばらく動けなかった。
ほんとうだ。
天に昇るものではなく、深く深く沈むピエタだ。
なんという嘆きだろうか。

ケーテの息子ペーターは戦死している。
これはやはり年老いたケーテとペーターであろう。
ケーテ自身が亡くなる7年前、70歳での作品である。

母の左手はやせ細った息子の手を握る。
右手は息子の頭を抱き締めながら自身の口元へ。

DSCF0764
DSCF0764 posted by (C)福良雀

哀しみや痛みのその先の、
沈んだどうしようもない嘆きの瞬間だ。

私の足元が揺らぐような、
凄まじい声無き慟哭である。

※注 (当然の事ながら館内撮影禁止なので、
     画像はポストカードから)




posted by 福良雀 at 20:28| Comment(0) | せつない徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月05日

パンパカパーン♪ 二代目銀色福良三兄妹

これを書いてる今、ねねちゃんが目の前でハヒハヒ歌っている。
おそらく誕生日祝いのお歌だろう。

そう、今日は・・・今日は・・・、
二代目銀色福良三兄妹の誕生日っ!(喜)

ほっぺハゲだけど、(笑)
花・天・福は無事3才を迎えた!

あまり冒険もせず、
ひたすら私がかまってくれるのを待っている3兄妹。
もっと遊んでらっしゃいよと言っても、
母ちゃんにべったりくっついてる3兄妹はずっとちびっ子。
どんなにお腹空いても眠くなっても最後までカゴに帰らず、
他の文達がカゴに帰ってからニギニギをせがむ。
毎日存分にニギニギし、満足気にカゴに帰るちびっ子達を見ると、
母ちゃん明日も頑張ろうと思うのだ。
DSCF0626
DSCF0626 posted by (C)福良雀DSCF0633
DSCF0633 posted by (C)福良雀

昨日のお福とお花ちゃん。
福はほっぺハゲだけど元気で一番の甘えっ子で清純で天才。
天坊は昨日まともな写真を撮れなかった。
だって落ち着きなくってちっともじっとしてないんだもの。
お花ちゃんはびびりちゃんだけどとても美人。
そしてお母ちゃんを呼ぶ「きゃあん!」声はおそろしく可愛いのでついいそいそとニギってしまう。
DSCF0642
DSCF0642 posted by (C)福良雀

来年も元気にギドラってね♪
(↑とにかく喧嘩ばっか)笑

DSCF0647
DSCF0647 posted by (C)福良雀
↑おまけ画像
今夜の天才清純お福

「福はほっぺハゲでちゅがおちりはもこもこでちゅー!」
posted by 福良雀 at 18:59| Comment(11) | 文鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月02日

こちょこちょ

コンサートから戻って来たMさんが泣く。
自宅に残してきたピアノを思い出したようだ。

私「泣かなくていいよ、こちょこちょこちょ〜〜」

ゲラゲラゲラ〜〜

身体が思うように動かず、自分でトイレに行けなくなったYさんが、
「人に憐れまれるのが嫌なのに、
 自分で自分の事が憐れに思えてきたのが悔しい」
と泣く。

私「泣かなくていいよ、こちょこちょ〜」

ぎゃははぁーー

今日は二人、こちょこちょしてきた。

「年をとるのはなんと哀しいことか」
と嘆く彼女達の話しを聴き、私自身の本音もぶつける。
知性故に嘆きは深く、マニュアル通りの対応など望まれちゃいない。

私の目標は、
『泣いてても最後は笑っている』である。

 孤独じゃないよ
 ほら、いつも気にしてるもの
 なんかなくっても顔見に行くし、
 なんかあったらもちろん駆けつける
 身体がどんどん動かなくなるのは悲しいことだけれど、
 私達がついてるよ
 社会のお荷物なんかじゃないの
 家族から捨てられたわけでもないよ
 大丈夫だってば、泣くな泣くな
 大丈夫、大丈夫
 泣いてたらこちょこちょするぞ〜

想いをこめて、
こちょこちょこちょ〜〜

彼女達が今夜泣かずに眠れますように




posted by 福良雀 at 18:00| Comment(2) | せつない徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする