2010年08月28日

いつまでも暑い

なんでこんなに暑いのさ。
どんだけ『白くま』食べさせりゃ気が済むんだ夏めっ!
わたし去年はエアコンなしで過ごせたけど、
今年はダメだ〜無理〜文達もお口パカーンとしてる〜。
でね、猛暑を実感するひとつに水道水の温かさがあるの。
お湯ですぜお湯。
文達のお水はしばらく蛇口開きっぱなしにして温度が冷たくなったものをあげてたのだが、
今年はいつまでたっても温かい水が出る。

すごいスピードで温暖化してるのね・・・。
だって子供の頃と気温とか全然違うもの。
今外で遊んだら命の危険があるわい。
たった数十年でこれ。
じゃあ私が年老いた頃って何℃になるの?
私暑いのホント苦手なんだよなぁ〜。
暑いのが苦手で温泉好きだから長野に移住してきたのだが、
もっと北上しなきゃダメかな。(笑)

もうすぐ私連休があるので温泉行こうと思っているんだけどこうも暑いとなぁ・・・。
しかも行こうと思った宿が群馬だし。
むっちゃ暑そうだから時期変えよっと。
とりあえず八ヶ岳方面には行く。
久々『八ヶ岳倶楽部』にも寄ろう。(柳生博さんお元気ですかぁ〜♪)
後どこ行こっかな〜。

だって・・・4連休だしーっ!(喜)

計画練ってる時ってウハウハするよね。
後はななちゃんと天坊の爪切りだな。
チビッ子三兄妹は爪の伸びが半端なく早いのだ。
また「きゃひぃぃーーっ!」って悲鳴上げるんだろうな、くすっ。

あぁ〜早く来い来い連休様ーっ!

DSCF0556
DSCF0556 posted by (C)福良雀


猛暑などものともせず
ひたすらいちゃこらする銀とななちゃん

暑苦しいけどなんて可愛いのかしら
posted by 福良雀 at 11:54| Comment(10) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月27日

悪だくみ

私を含む仲良し3人組は、営業達から『極悪三人組』と呼ばれているわけだが、
昨日は珍しくこの3人が揃って休憩となった。

ふざけた事ばっかやってるのだが、
基本笑えればそれで良し。
うち一人はリーダーのトップなので、
そのリーダーの苗字をとって『チーム○○○』。

「なんかやっぱり儲かる商売考えなきゃね」
「葬儀屋さんとか結構利益率いいですよね」
「よそと同じ商売しちゃだめよね」
「ん〜じゃあコンセプトどうする?」
「迅速丁寧でいいんじゃない?」
「死亡確認から三時間で墓場!業界初っ!てのはどうよ?」
「速ぇぇーーっ!」
「親族間に合わねぇーっ!」

不謹慎極まりない。

「健康志向の波に乗っちゃう?」
「ん〜、じゃあ健康にいい煙草とか?」
「あ〜いいねそれ、屋上で畑作る?」
「ヒアルロン酸配合とか、コラーゲンたっぷりとか」
「10本吸えばお肌つるつるみたいなね」
「個人差ありますって話しだわな」
「で、ヒアルロン酸って結局何よ?」
「いいんじゃない?良さげなの書いとけば」

無責任極まりない。

こんな感じで同僚達と楽しくバカ話しばっかしている。
バカ過ぎる・・・。

いいんだ、楽しいから。(笑)
昨日のチーム○○○の会話でした。
posted by 福良雀 at 17:31| Comment(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月23日

残暑も厳しいので

『白くま』食べながらぞぞっとした話しを書こう。

 ギャアァァーー!

奥さん、まだ何にも書いてませんよ。

先日の夜勤の事である。
夜中の3時頃4階の巡視をしていた。
全部見回って下に降りようとしたその時、

「きゃあぁぁぁーーっっ!!」

悲鳴が聞こえた。
方角からして4階奥の方。
戻って居室へ見に行くと異常なし。
だよなぁ・・・だって若い女性の声だったもの。
空耳かいな?と思って業務に戻る。

そして昨日からまた夜勤に入っていたわけだが同僚がこんなことを言う。
「この間明け方に悲鳴が聞こえたって入居者さんが何人も言ってくるのよ〜」

それ私も聞いてます・・・。
日付を聴くと間違いない、私が夜勤の時の話だわ。
で、今日4階の入居者さんに話しを聴くと、結構な人数の人達が聞いているのだ。
みんな耳が遠いのにね。

そして3階に戻って職員と話しをしていると、
そばにいた痴呆の婆様が、

「あぁそれはいつもの人よ、いつも落ちてく人。」

ちょっと待て。
それ以前から4階の霊感の強い入居者さんが悩まされてた霊と一緒なんじゃね?
女性が落ちて行くのを窓から何度も見るのと言っていた。

今朝は職員一同ぞわわわぁ〜〜

あぁぁ怖ぇぇーっ!
寒くて『白くま』喰えねぇーっ!

そんな、かき氷食べずとも冷え冷えするお話でした。

DSCF0396
DSCF0396 posted by (C)福良雀


怖くてトイレに行けないのでここでするのでございますうりゃ
posted by 福良雀 at 15:57| Comment(12) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月19日

最高の下手物たちの最高の美

柳宗悦が民藝から見つける『美』は、
私自身が美しいと思うものと共通している。
おぉぉーなんとおこがましい。
でもホントなんだもの。
DSCF0416
DSCF0416 posted by (C)福良雀DSCF0414
DSCF0414 posted by (C)福良雀
本の整理をしていたら別冊太陽の柳宗悦が出てきたので久々読んだ。
しみじみ思ったよ。
「あら〜宗悦さん一緒よ一緒!
 おんなじ物が好きなんじゃ〜ん!」
良かった・・・前向きなバカ女で、くすっ。

例えば木喰仏。
これは数年前山梨の美術館に見に行ってるんだけど、
民衆達のささやかな祈り、想いに涙が出てきたのよね。
『朽ちることを恐れない民衆仏』と言われる仏の数々、
そのほとんどが笑顔であることが逆に、
その昔の厳しく苦しい生活を表していると思うのだ。
なでてなでてぴかぴかになって、原形を留めない小さな木の仏達の『美』である。
DSCF0418
DSCF0418 posted by (C)福良雀
例えばアイヌ民族の衣装。
これは大昔名古屋の美術館に見に行ったのだが、
その紋様の美意識には驚かされた。
全てに意味がある古伊万里の紋様も無論美しい。
しかし作為のない「ここには赤でもいれとくか」的なこの無意識の名も無い人々の織りなす『美』は、
有名デザイナーと差などない。
DSCF0417
DSCF0417 posted by (C)福良雀
例えば『棟方志功』。
日本の美術界で身の置き場の無かった棟方を見つけた柳が、
「バケモノガデタ スグコイ」と河井寛次郎に電報を打ったという。
わかるわよ、宗悦。(←馴れ馴れしいったらねぇな)
大昔、志功が絵を描いている映像を見た事あるけど鳥肌たったもの。
違う世界にいるものね。まさにあれは狂った絵の神様の姿だったなぁ・・・。

いけねぇいけねぇ。
こんな事書き始めるときりがない。

柳宗悦に敬意を表して今日の昼は柳宗理のカトラリーでパスタを食べた。
宗悦さん、あんたの息子、いい仕事してるよ。(近所の婆さんかよ!)

もぐもぐもぐ・・・
ごちそうさまでした。
DSCF0419
DSCF0419 posted by (C)福良雀
posted by 福良雀 at 14:05| Comment(8) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月17日

気付いてました その後

先日27歳の青年にコクられた話しをしたわけだがその後。
所属する部署が違うこともあり見かけても話す暇もなく、
私は忙しい業務を必死にこなしていた。
ホールで一緒に仕事する時もあったが、入居者さん達がいるとこで返事などできるわけもない。

昨日遅番で出勤した時呼び止められた。
返事を今聞かせてくれと言う。
正直仕事に入る前にそんな話はしたくないが、
もういい機会かと思いつきあう事はできない旨伝える。
するとだ、
「そんな返事ならもっと早くできたんじゃないの?
 オレずっと寝れなくて、云々・・」

逆ギレですか?

うぅむ・・・これが若さなのか・・・、
分からなくもないんだけど。
やけに責められた。
だけど今の私の仕事の状況みれば、
会社では暇がない事くらい分かりそうなもんだが。

うぜぇ・・・。(←あぁ言っちゃった)

27歳という年齢が問題なのではないのだ。(いやそれもちょっとあるか)
言ってしまえば「あなたは私を精神的に支える事ができるのか?」だ。

先月別の部署のおじ様にもコクられたのだが、(幹部方はご存じの)
その人はその後も変わらずさりげなく仕事のフォローをしてくれる。

なんだか色々面倒くせぇーっ!
自分自身が恋愛モードに入っていないので、
好きのごり押しは鬱陶しいだけだ。
気持ちは嬉しいのだけどね。

仕事前に思いっきりテンションが下がり、
一日中悶々とした気分で仕事した。
私はそんなにひどい事したんだろうか?
うぅぅむ・・・。
他にもちょっと面倒くさくなりそうな事があるのだが、
自分をあらためて省みた方がいいのかなぁ。


posted by 福良雀 at 10:40| Comment(10) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月15日

お福スイッチ

私の可愛い天才清純お福はここ最近やけにつれなかった。
お福タイム(寝る前のニギニギ)も5分くらいでつるっと逃げてしまうので、
私は毎晩涙で枕をぬらしキノコ狩りができるくらいだった。

しかしだ。
このところ朝・晩涼しくなってきて、そんな季節の変わり目とともにお福スイッチが入ったようだ。
昨夜などちっともカゴに戻ろうとせず、
ひたすらニギニギをせがむ。
お花ちゃんを握ろうものなら体当たりしてきて、
ものすんごい怒りの声をあげるのだ。

私の両手を死守するお福。
とても忙しそうだな。
私は今日も仕事でへとへとになって帰ってきて、
帰ろうとしないお福を二時間ばかりニギニギする。

これも修行だ。
こんだけニギニギしてたら、
いつか悟りが開ける気がしてきた。

隙を見てニギニギをせがんでくる天坊とお花をあやしながら、
「やっぱ母ちゃん頑張って小松菜畑買うっ!」と決意を新たにす。
DSCF9482
DSCF9482 posted by (C)福良雀

眠くてもお腹空いても絶対帰らないんでちゅ!


posted by 福良雀 at 23:02| Comment(3) | 文鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月12日

どこまでやれる?

身体が養成ギプス付けてんか?ってくらい重い。
夜勤明けで残業して帰ってきたが、
疲れ過ぎて歩けない。

毎日が凄まじい忙しさで、
恐ろしい事に、職員達みんな笑顔がない。
私も同じくなんだけど、もうにっこりする気力も無いのだ。
夜勤明けの今朝は、2階から4階まで職員4人でこなしていた。
痴呆で暴れる人に職員がついてることなんてできない。
トイレの介助も朝など重なるので間に合わない。
お風呂介助に入れる職員なんていない。
お風呂介助に入ったらホールに誰もいない。

痴呆で延々同じ苦情を言う人に優しく対応できない。
暴れる人をなだめる気力もない。
トイレコールがあっても対応できない。
怒鳴りつけてくる人に謝れない。
話し相手になってあげられない。

仲良しのリーダーがうつろな目で、
暴れる入居者、呼び叫ぶ入居者を見、
「○○さん・・・わたし心が折れちゃった」

そんな今朝、居室で亡くなっている方を発見する。
生前の最後の姿を見ているのは私なのでまた状況説明だ・・・。
3時の巡視ではトイレに行かれてた。
5時半頃新聞を届けた際はいびきかいて寝ていた。
そして7時、食事をお持ちしたら洗面前で倒れていたというわけだ。すぐ脈とったけどもう冷たかったしな・・。

施設からご自宅に帰られるのを見送った。
うつろな目の私達は、
「もう無理だね」とつぶやく。

色々ありすぎてついていけない。

ないない尽くしではないか。

さてなぁ・・・どこまでやれるかしら。

今日あったイイ事ってなんだろとぼんやり考えてたら、一個あった。
私が4階の離床・配膳・配薬を一人でやっていると、
すぐ怒鳴る難しい人が、
「○○さんが歩くといつも風が吹くんだよ。
 颯爽と歩いてるからね、頑張れよ」
って笑ってたっけ・・・。
泣けてくるわい。

と、書いてる今、
文達がわらわら集まって甘えくる。
今日はお福も握り放題ではないか!
でも母ちゃんは分かってる。連日枝豆やトウモロコシが続いてるのでねだってくるのだ。
家の可愛い子達にちゅっちゅっとしながら、
「母ちゃん小松菜畑買えないけど
 そのかわり黒姫高原のトウモロコシ貰ってきたよ」とつぶやく。







posted by 福良雀 at 18:35| Comment(6) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月10日

気付いてました

 
 「好きです
  ○○さんが好きです」

思いっきり直球できたなぁ・・・。
あんまりにも真っ直ぐでクラクラしたよ。
27歳の前途ある若者は、
私なんぞにつかまってはいけません。

どうしたもんだか。

若さがまぶしいと思った雨の夜。

posted by 福良雀 at 22:15| Comment(6) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月08日

私はただの酔っぱらい

昨夜県下最大といわれる祭り『松本ぼんぼん』で踊っていたわけだが、
頭の中は亡き「ぼん」ちゃんが浮かんでいた。

♪ぼんぼん松本ぼんぼんぼん〜♪

祭りの歌は「ぼんぼん」の連呼なわけで、
だけど私にとっての「ぼん」は私の愛しのぼんちゃんの事であって。

あの子はぼんやりちゃんだから、
きっと天国に行った事にも気付かず「ここ何処ちゃふ?」と考え込み、
先に逝ったぶん子に「なにぼんやりしてんのよ!」と怒られてるんだろうな。

寿命からすれば、
今いる愛しいわたしの子達も私を置いて逝ってしまうのだろう。
出会えばいつか必ず悲しみに胸が押しつぶされそうな別れがくるのだ。

それでも自分が文鳥天国にいった時、
キャイキャイ鳴きながらお迎えに来てくれるんじゃないかと思うと、
なんだか楽しみになってきたりするではないか。
またぶん子が私に寄り添ってくれるかと思うと、
『死』もまんざらでもない。
だってそこから永遠が始まるのだ。

DSCF3793
DSCF3793 posted by (C)福良雀

ぼくは天国にいるちゃふよ


posted by 福良雀 at 19:15| Comment(7) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

疲労困憊とは・・・

まさに昨日の私の状態。
昨日夜勤明けでそのまま『松本ぼんぼん』祭りに参加し、
踊りの連に加わり踊りまくった・・・。

しっ、死ぬかと思ったよっっ!!

夜9時頃には意識朦朧とし口もきけない状態だったのに、
手足は動いているという人間の不思議。
夜勤パートナーも同じく強制参加だったが、
踊りながらお互い「私達どんだけタフなんだよ!」と、
もう笑うしかない。

それもこれも全部、職員が足りないからだよっ!(怒)
夜勤明けまで強制参加しないと、踊りの連(30名であることが条件)が作れないなんてありえねぇ。
休日出勤当たり前。
しかも関西本社からも応援がきてやっと連が作れる。
みんな踊りが始まる前から激務でぐったりしてるのに、
18時半?から踊りながらの練り歩き・・・。

修行か?

私金曜日の16時から徹夜で働き、
土曜日は明けでも忙しくて帰れず11時頃まで激務で走り回り、
速攻家に帰ってお風呂に入り、一時間仮眠しまた会社。
出発式があってオードブルやお酒があっても食べる暇もなく空腹のまま入居者さん達に見送られ出発・・・。

もうダメだ、身体もたねぇ。

みんな辞める話してるのよね。
ボーナスもまともにでないから他施設と比べると年収激安。
シフトも組めない人数で仕事してて、
ケアマネや営業まで手伝いに回されている状態で、
みんな続くとでも思っているのだろうか。
職員を増やす予定が無いと分かった時点で、
みんな糸が切れてしまった。

尊敬できる先輩職員がたくさんいて、
同僚達とも家族・兄妹のように仲良しで、
大好きな入居者さんがたくさんいて、
好きな仕事なのに・・・

これみんな思ってる事。

こんな優秀なワーカー達が離れていくと言う事は、
ものすごい損失だと思うのだよ会社にとって。
とくにうちの施設はセレブな県外者、また知的レベルの高い方が多いので、
ちょっとやそっとのサービス提供では納得しない。
職員の所作、個人の質、プラス高レベルの介護技術・・。
それこそ職員のルックスにまでもクレームがくる。(苦笑)
入居者さんが職員を選ぶのだ。
他施設とは全然違うこの職場環境で、続く人って少ないのよね。
だからリーダー達の仕事ぶりは素晴らしいものがある。
最近聞いた話だけど、うちの会社で勤めていたって言うと『すごいね!』(よく続いたねって意味で)って言われるらしい。(苦笑)

どんな会社じゃ。

リーダー達と話してて悲しくなったなぁ。

「違う会社の踊りの連でそっくりこのままのメンバーが来年踊ってたりして!」とみんなで爆笑する。

私達、テレビの中継で映ってたらしい。取材受けたし!
市民タイムズも取材にきて写真撮っていった。

にっこり笑顔の裏でいろんな切ない思いをかかえ夏が終わるのだ。
DSCF0370
DSCF0370 posted by (C)福良雀


posted by 福良雀 at 10:48| Comment(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月02日

今年の夏って・・・

色々ありすぎる。
昨夜から夜勤であったがホント色々あった。
今朝は夜勤明けでヘロヘロなのに警察が来た。
私最初警備会社の人かと思って脳天気に「こんにちは〜♪」なんて言ってたよ。ふっ
昨夜の状況説明っつーのかまぁ色々。
いや私がなんかやらかした訳ではございませんよ。
またこんな時に限って社長来てるし。
急遽私が朝礼にでなきゃなんなくなったが、
社長話し長げぇ・・・。
心の中で『その話まだ続いちゃう?』とか思ってしまったすみません。

だって私もう意識朦朧なんですシャチョォーーッッ!!
名前覚えててくれてありがとう、
だけどあれこれやっかいな事指示しないで。
わたし一生懸命メモとったけど字がミミズすぎて後から読み返せません。

まっ、いっか。ふっ

ヘロヘロの私を癒してくれるはずのお福は、
最近不在がちのわたしにお仕置きとばかりたまにしか握らせてくれない。
それがどれくらいかというと、
30分握らせてくれたのが5分くらいという厳しいものだ。
おそらく先日の爪切りも根に持っているはずだ。
だって天才だもの。
代わってねね様がやたら握りっ子。
ねねはホント、
ツンツンツンツンツンツン・・・・・デレッだな。(笑)
DSCF0351
DSCF0351 posted by (C)福良雀
『さぁっわたしをお握りなさい!ハヒハヒ』
歌って踊れるねねちゃん七歳の夏
posted by 福良雀 at 22:03| Comment(4) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする