2010年02月28日

葛温泉 温宿かじか 日帰り その1

いい気分でドライブ。
で、もちろん狙いは温泉なのだ!
この宿以前3回ほど宿泊しているのだが、
正直コスパがよいとはいえず・・・。
しかーし!お風呂が最高!
私の中で(自分が行ける一泊の範囲)1,2位を争う温泉場。
ちなみに白骨温泉「笹屋」の内湯、奥山田温泉「満山荘」の新露天、
そしてこの「温宿かじか」の露天。
この辺りが私の中でベスト3かなぁ。

立ち寄り入浴は800円。ロッカーは無いので貴重品はフロントへ預けてね。

DSCF9428.JPG
DSCF9397.JPG






DSCF9398.JPG
DSCF9422.JPG




お風呂編につづく
posted by 福良雀 at 10:10| Comment(4) | 温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月26日

癒しを得る

先週から色々滅入る事があり、
自分癒しの日帰りドライブ。
精神的に疲れると、雪山や澄んだ川や凍った湖を見たくなる。
つまり偉大な自然の懐に飛び込んで、
甘やかしてほしくなるのだ。

めったに対向車とすれ違うことのない道を走る。
根っこの雪を溶かす木々やもっこもこ冬毛の猿達。

なにも考えず、
ただ甘えさせてもらうのだ。

DSCF9387.JPG
DSCF9389.JPG






DSCF9392.JPG
DSCF9393.JPG






DSCF9396.JPG
DSCF9395.JPG




posted by 福良雀 at 19:56| Comment(6) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月25日

名古屋マリオットアソシアホテル その2

勉強してたら暗くなったのでデスクライトをつけようとした。
おそらく真鋳であろうごついT字型のライト。
スイッチが見当たらない。
見ると首の部分にレバーがあったので手前に引くと、
「ガコッ!」って傘が手前に倒れ手首直撃。
重量があるので衝撃が半端ない。
あまりの痛さに声もでず。
骨折れたと思ったよ。
いったいどこにスイッチがあるのさっ!
探してみると、壁についてる側の傘の横にあった。
こんなとこ分かるかいぃぃーーーっっ!!
ライト引っ張り出さないと点けられないじゃないよっ!(怒)

気を取り直しルームサービスで中華。
食べ終わりワゴンを廊下に出したその時、
「カッチャン」
しまったぁぁーーっ!オートロックゥゥーーっ!
しかも私ガウンだしっ!
いったい何の罰ゲーム?
誰にも会いませんようにと文神様に祈りながら、
エレベーター脇の電話でフロントに連絡。

気を取り直してお風呂。
アメニティの香りが変ですぜ奥さん。

もうっもう寝るっ!
隣の部屋が大騒ぎしてるけど私早く寝る!
今日の嫌な事全部忘れるのよ自分。
まぁそのうち隣も疲れて寝るだろうし、がまんがまん・・。
ドッタンバッタンやってるよ?格闘技?
なんか重いもん転がして壁にぶつかってんですけど。
すっ簀○きプレイなのっっ!?壁にドシンッてっ?!
夜中の3時すぎまで大暴れ・・・。
ぜんっぜん寝れない!うるささ半端ねーーっ!
壁がビシビシいってるうぅーーっっ!
フロントに連絡しようと思ったが、
もういい加減隣も寝るだろ、寝るだろと思いつつ3時すぎ。
死ぬまで寝てろ隣のバカ男っっ!!

そして翌朝のモーニング、激マズ・・・。(ルームサービス)
2時間くらいしか寝てなくて目の下くま・・・。

ふふふ・・・。
ねっ!わたし相性悪いのこのホテルと。
ガウンで放置プレイは流石に情けなかったな。
こんなん初めてだわ。

わたし確かベストの状態で試験に挑みたくってココに来たんじゃなかったか?

こうして手首を腫らし、
目の下にはくまをつくって、
無事試験を受けに行ったというわけだ。
もう行かないよっ!(笑)

DSCF9256.JPG
DSCF9260.JPG
posted by 福良雀 at 16:30| Comment(2) | ホテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月24日

名古屋マリオットアソシアホテル その1

忘れてたホテルレポ。
なんていうのか・・・このホテルと相性が合わないの。
ここはオープンした時招待でスイートに泊ってるんだけど、
その時も色々あったんだよなぁ・・。
ホテルにも非があったけど、(大した事じゃない)
その時の相方の方がもっと悪くって最悪の思い出だわ。
まぁそんなのいっぱいあるけどさ、アハハ・・・。

でね、何でここにまた泊まったかと言うと、
先月末に受けた試験の会場へのアクセスの良さと、
本番にベストの状態で挑みたい私にぴったりの一休プランがあったから。
正直名古屋ってろくなホテルあんまり泊まりたいホテルって無くってね・・。

一休からの予約で、
『室数限定シングルステイ スタンダードダプル』
38階以上、朝食orディナー付き。
しかもどちらもルームサービスが選べるプラン。
土曜日ひとり泊で23,000円。
これはお値打ち!
インフルエンザ避けの為人混みを極力避けたい私に、
このルームサービスはありがたいのだ。
だって試験だっつーのにインフルエンザなんぞに罹ったら、
また来年試験受けなきゃなんないのよ。
嫌なこった。

名古屋駅に到着し、わき目も振らずすぐチェックイン。
その時フロントで2000円プラスでデラックスの部屋にアップグレードできると言われ部屋変更。
そして案内された部屋が・・・スタンダード。(笑)
すぐに部屋に電話があり、部屋を間違えたと・・・。
荷を解いてなかったのでいいけどさ・・。
んでデラックスに案内された。
またその案内に来た女の人が無愛想でね〜、
普通まずは「申し訳ありません」だろ!
一言も謝罪は無かったなこの子。
普段の私なら必ず文句言ってるが、
この日は大事な試験前。
こんな子の相手はすまいと懐深いところを見せてやった。(どんだけ普段浅いのさ!)
部屋は46階で眺め良し。
まぁ最初からつまづいてるけど気にすまい。
気分を変えてとりあえず勉強しようと机に向かった。

つづく・・・。(なんか色々ありすぎてこのレポ長くなりそうだなぁ)

DSCF9251.JPG
DSCF9254.JPG




posted by 福良雀 at 11:22| Comment(0) | ホテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月21日

復活お花ちゃん

ここ2,3日ひきこもりだったお花ちゃん。
私の手の中にいてもみんなが突撃してくるので、
飛べないお花ちゃんは恐怖だったらしい。
そりゃそうだ。

天才清純お福は、
いつもお花に噛みつかれていた日頃の恨みをはらすべく、
ここぞとばかりに喧嘩を売りに行く。
目を三角にしお花ちゃんを攻撃する様は鬼のようだ。(笑)
天使の顔した鬼っ子ね!
「思い知れでちゅぅーっ!!」
とカルカルしていた。

そうこうしているうちにお花ちゃんの羽根が伸び、
昨夜復活!
カゴからバビューンと飛び出した。

バンザーイッ!

換羽でまだ頭の方がチクチクしているけれど、
いつもどおりのお花ちゃんに戻った。

そうなるととたんに形勢不利なお福。
また以前のようにお花ちゃんにいじめられ、
私の手の中ですんすん泣くようになった。(笑)

なにはともあれ、
とりあえず平常に戻りホッと一安心である。

DSCF9228.JPG

また噛みつかれまちた。
とんでもない女でちゅ!

←天才清純鬼っ子お福


posted by 福良雀 at 13:10| Comment(6) | 文鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月17日

それでもいいと思える恋

バレンタインで恋に破れた皆様こんにちは。
大丈夫です!
なんだかんだ言っても、
また素敵な恋に出会えるようになっているのです。
その時あなたは、以前よりずっと輝いているのでございますうりゃ!

と、たまちゃんが言ってました。

ハートブレークでロンリーハートなそんなあなたに、
HYの『366日』http://www.youtube.com/watch?v=N4deFSfPNso
どっぷりつかって下さい。(ちなみに私は『NAO』の方が好き)
女はななちゃんだけではないのでございますうりゃ!

と、たまちゃんが言ってました。

えっ?わたし?
・・・、
バレンタインなんてっ!バレンタインなんてっ!
すんすんすん・・・。

そんな私はサカナクションの『アルクアラウンド』を歌いながら、
まだまだ寒い松本の空の下を歩くのさ〜。

DSCF9352.JPG

ほら、たまおを見てごらん。
何度ふられても、
こんなにノリノリで歌っているじゃないかっ!
posted by 福良雀 at 12:35| Comment(2) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月15日

吹雪にプール

今朝は松本も雪が積もり、
一日中雪。
アクアビクスでガンガン踊りながら、
外を眺めると吹雪。
いつもは窓の外をのどかにトンビが舞っているのだけれど、
さすがに今日は巣で大人しくしているのかしらん。

あぁぁ、うずうずする。
吹雪いていると温泉に行きたくなるのよっ!

湯切れだ湯切れっ!
耐えられないぃーーっ!

新潟のこぢんまりした宿に目をつけていたのだが、
恐ろしい注意書きがあった。
『宿の前が急坂で4WDでないと登れず、
 立ち往生した場合ブルドーザーで引っ張り上げます』

・・・。
気になる。
そんなにすごい坂なのかっ!
豪雪で急坂。
4WDでも無理じゃね?
こっ、これは己の目でその急坂っぷりを確認せねばな、ふっ。
まぁ今そんな危険をおかすわけにもいかず、
とりあえず近場の日帰りで行ってこよ〜っと。

DSCF9364.JPG

今日の松本城。
しぶい・・・。
posted by 福良雀 at 17:40| Comment(10) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月14日

チョコよりも甘い日


DSCF9270.JPG
チョコがなにさっ!ハヒハヒ

←彼氏いない歴7年ねねちゃん




DSCF9217.JPG
チョコ買うお金ちょうだい銀ちゃん

←年下イケ麺を尻に敷く魔性の女ななちゃん




DSCF9218.JPG
いつか見てろよこりゃうりゃ

←愛しのななちゃんが銀といちゃこらしているのを
 ガン見しているたまおちゃん



今日は黒頭福良三兄弟(なな、ねね、たまお)
7歳の誕生日。
これからも元気で楽しく暮らすのだよ♪
posted by 福良雀 at 12:09| Comment(4) | 文鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月12日

もういいかなと思えた

昨夜の電話。

実母「もしも〜し、元気〜、ちょっとママにかわるね〜」
ママ「もしもし〜えっ?誰?えっ?」
電話の向こうで、
実母「わたしの娘〜」
ママ「え〜そうなの〜?」
アハハハハ〜〜

こちらに突然電話をしてきて、
向こうであれこれしゃべっている女が二人。

そのまま携帯の電源を落とす。

こんなのが母親なんだろうか。
頭の芯が冷える。

どうせまた離婚したんだろう。
年に1、2度電話してくる程度の彼女が、
先週に続いて電話してくるのだ。

両親が離婚し、親権のある父と暮らした私だが、
実母が困った時にはいつも手を貸してきた。
結婚離婚を繰り返す母は、離婚の度に相手方ともめ、
私はいつもその尻拭いをさせられてきた。
相手方の親族十数人に囲まれて、
集中砲火を浴びたこともあったわな。
母が独身の時は、兄と私で家賃や生活費を面倒みていた。
兄は金銭的にも苦しかったと思うんだよ。
兄の自殺の原因の一つにこの実母がある。
兄は遺書の中で私に『ごめんね』と何度も謝っていたっけ。

もういいかなぁと思った。

子供の頃から何度も母親に捨てられ裏切られてきたが、
初めて私から母親を捨てよう。

携帯の番号を変えるだけだ。
なんと簡単なことよ。

ただもう情けない。

posted by 福良雀 at 14:27| Comment(12) | せつない徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月11日

青時雨

陶芸家が白磁や青磁に取り組むのは、
勇気がいるのではないかと個人的に思う。

シンプルであるが故、力量が問われる。

私はそういった『そぎ落とした美』が大好きだ。

写真は、先日大阪幹部Uさんから、合格・卒業祝いとして頂いた稲田雅煕氏のぐい呑み。
最初に見た印象は『雨』である。
日の差す明るい空に降る『日照雨(そばえ)』。
青葉から滴り落ちる水滴の『青時雨』。
それは、しのぎを流れる釉色の濃淡、
澄んだ青の釉薬から、
雨のその先の明るさを感じさせる。

雨あがって虹が空を渡り、
青々とした葉が雫をすべらせる。
そんな器だと思う。

「この器を見た時福良雀さんの顔が浮かんだ」
とおっしゃってくれた幹部Uさんに感謝。

DSCF9344.JPG
DSCF9343.JPG
posted by 福良雀 at 19:15| Comment(4) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月10日

エコたまちゃん

たまおちゃんはエコ文鳥なので、
食べ残しを許さない。

私がお花ちゃんをご機嫌鳥している間、
たまおちゃんは10pくらい離れて待機。
お花ちゃんにゆで卵の黄身をあげていると、
たまおちゃんはシタシタ足踏みしてオレにもくれうりゃよ!という。
お花ちゃんが、
「こんなポソポソしたのいらないっ!」とそっぽ向くので食べ残しをたまおにあげる。
たまおは、
「うっはっ!これポッソポソでうめぇーっ!」
と食べる。
卵の殻をお花ちゃんにあげると、
「わたし高級赤卵のカラじゃないとイヤッ!」
ぬかしやがるおっしゃるのでたまおにあげると、
「うっひょぉーっ!ポリポリでうめぇーっ!」
と喜んで食べる。
お花ちゃんが茎だけ食べて残った豆苗の葉も、
エコたまちゃんもしゃもしゃ食べる。

こうして食べ残しが出ず、
エコたまちゃんはひとりエコ活動するのだ。
よく分からないが、
たまおはすごいなと思った。

DSCF9110.JPG
食べ残しはいけませんうりゃねっ!カカッ!
posted by 福良雀 at 15:42| Comment(3) | 文鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月09日

懺悔中

先月末ごろ、プログをお休みしていた時それはおこった。
チビッ子眉毛三兄弟の爪切りの為、
カゴに手を入れ捕獲を試みたところ、
お花ちゃん大パニック!
翼をぶつけたらしく羽根が4本ほど抜けてしまった。

飛べなくなったお花ちゃん・・・。

ごめんよごめんよごめんよーーーっっっ!!

毎朝・夕の放鳥時、みんなと一緒に飛べなくてキャンキャン鳴いてる。
わたしは懺悔の為お花ちゃんの下僕となるのだ。
行きたいところへ連れて行くが、
高いところは危ないので私の手の中でまったりして頂く。
そう、わたしは召使。
ご主人様(お花ちゃん)の言う事は何でもきくの。
な〜んでもお花優先にしているのだが、
ここで問題が。
我が家は自慢じゃないがニギリ文率が高く、
わたしの手の中をみんなが狙っている。
清純だが嫉妬深さで右に出るものなしのお福は目を三角にし激怒。
「お花をにぎるなんてこのっ、ひとでなちっ!」
と耳元でキャンキャン怒鳴り首に噛みついてくる。(笑)
天坊は「ぼくも一緒ににぎるといいよ!きゃひっ!」と言いながらちゃかりもぐりこんで来て、
ねねと銀はお花に突撃してくる。

もうね、お花ちゃん守るの大変。
でも召使なのでご主人様を守るのは当然ねっ!
豆苗だ玉子の殻だのもてなしながら、
お花ちゃんのご機嫌をせっせととるわたし。

換羽に突入している花ちゃん。
ニギニギなでなですると、
幸せそうに眠る花ちゃん。
早く羽根が生え揃いますように。

ナムナムきゃんきゃん〜
ナムナムきゃんきゃん〜

DSCF9153.JPG
わたし召使いがいるの。
もちろん無給よ。
posted by 福良雀 at 13:20| Comment(5) | 文鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月07日

『本日はこれでっせ』

先日大阪『くすのき』にて、
たまちゃん会幹部達と新年会。
いつものメンバーで、
「ちゅちゅぱぱーっ!」(かんぱーいっ!)
そして密偵Nさんの「極秘文書」で萌え転がり、
文鳥話から幹部Aの大爆笑ガン検診話まで、
おおいに盛り上がった。
面白かったぁ〜〜♪
その後私は幹部B宅に転がり込み、
飲んでしゃべって気付けば夜中の3時。(笑)

楽しい時間ってのはさ・・・、
あっと言う間なのね。(しみじみ)

プログやってて良かったなぁと思うのはこんな時。
気の合う友達と出会えた事に感謝。

酒を飲み、「くすのき」から頂いたお土産をつつく今。

幸せだよ。

DSCF9293.JPG
DSCF9292.JPG


大阪『くすのき』
何でもウマイッ!


DSCF9299.JPG
お世話になった幹部B宅の、
オッチョ君とこうせいちゃん。
オッチョ君はたまおの生き別れた弟だと思う。(笑)


posted by 福良雀 at 18:49| Comment(3) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月06日

『特急しなの』の車窓から

重要な飲み会に出かけていたわけだが、
むっちゃ寒かった。
今日松本は日中も氷点下だったらしい。
天気予報なんも見ずにちょ〜薄着で出掛けてた私。
なめ切った服装だったので死ぬかと思ったよっ!
新幹線も雪で遅れがでてたし〜。

先日春の日差しうんぬん書いたばっかりだけど、

DSCF9326.JPG
春の日差し・・・、





DSCF9335.JPG
そんなもんねーよっっ!!

←吹雪の木曽福島近辺

posted by 福良雀 at 19:39| Comment(4) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月04日

雪でも春

『蛙はでつかい自然の讃嘆者である
 蛙はどぶ臭いプロレタリヤトである
 蛙は明朗性なアナルシスト
 地べたに生きる天国である』   草野心平

雪が積もっているのだけれど、
日差しの色が違う。
春が来るのだ。
私の大好きなカエル達が、
もぞもぞし始めるのかしらん。

DSCF9287.JPG
KAERU NINJAさんのカレンダー
http://www.kaeruninja.com/top.html

アカウソかな?
その下には・・・


DSCF9288.JPG

胡散臭げに鳥を見つめ、
卵を守るカエル夫婦。

ビバッ!蛙ワールド!


早く裏の田んぼに水が引かれて歌うがいいよっ!
posted by 福良雀 at 20:12| Comment(2) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月02日

ぼんやりとしたその先

うっすらとした不安が、
誰にでもあるのではないだろうか。

子供のいる世帯でも、
子供自身が生きていくのに精一杯であろう現実に、
頼る事などできないはずだ。
そして、この少子化の中、
子供のいない世帯は多い。

今、仕事があって生きていけても、
じゃあその先は?
若い頃には考えもしなかった、
自分自身の、そして親の『老い』という現実に嫌でも直面する。
走って走って、心や身体が壊れた時、
収入が途絶えた時、
どうする?
会社はボランティアではなく、
人材の替わりはいくらでもいる。
それも現実。

走って走って、息ができなくなって、
頑張りだけじゃどうにもならなくって・・・。
そうなったら、
生きていけないの?

そんなバカな話あるか。

イイ人ばかりじゃない。
傷つけられる事が多い。
もう全部どうでもよくなる瞬間がある。

だけど、辛い事ばかりではない。
そうあってほしいのだ。
絶望だらけのその中にも、
淡い光が灯っていてほしい。

自殺した兄のような、
そんな人を作ってはならない。
一生懸命全うに生きてきた人が、
バカを見る世であってはならない。
それが現実だと、
変に悟ってはならない。

私の行く道を、
兄が照らす。
淡い光が、少しづつ濃くなって、
間違えないように私を導いてくれるのを願う。


posted by 福良雀 at 19:22| Comment(6) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする