2009年03月30日

春は苦手だな

私の先祖は京都の出。
後醍醐天皇と運命を共にしている。
小学生の頃の課題で、『家系図を作ろう!』ってのがあって、
寺の古文書にあるご先祖様の記録をたどった。

爺ちゃんの生き様や婆ちゃんの生き様に、
自分に流れる血を強く感じたものだ。
特に昔から、「〇美は婆ちゃんに生き写しだ」と親族達に事あるごとに言われ続けた私は、
婆ちゃんを幼い頃から意識していた。
と言っても、若くして亡くなった婆ちゃんに面識などなく、
瓜二つだと言われた婆ちゃんの遺影を眺めるだけである。
実父が幼い頃亡くなった婆ちゃんの話を人づてに聞くだけだ。
爺ちゃんは茶を嗜む粋で寡黙な人だった。
婆ちゃんは当時の女性としては珍しく煙草を飲み大酒飲みの豪快な女性だったらしい。

爺ちゃんは警察官。
婆ちゃんは酒飲みでとっととあの世へ笑いながら逝った。
父は某自動車メーカーのテストドライバーであり、
元々自衛官で会社勤めながらも予備として所属し、
射撃の名手で名が残っている。

あの世にいるご先祖様は自分の先をどう思っただろう?
もうあの世で出会ったであろう兄を迎えてくれただろうか。

主君の為でなく、己の為に自害した兄を。

兄は、己の不甲斐なさを自覚しながらも、
どうする気もさらさら無く逝った。
昔から刹那的に生きた兄。
常に死を意識しながら生きていた兄。

兄を愛していた私を、
兄の唯一の理解者であったはずの私を、
切り捨てそして縛るのだ。

激しい血を感じる時がある。
他に向くか己に向くか・・・。
普通では生きられない血なのか・・・。

自分が死んでも何も悲しむことは無いと兄は言い、
そうしてその兄が自死し、
置いていかれた私は、
思うままに生きるのみだ。

命日が近づくと、
毎年の事ながら兄の生き様を思うのだ・・・。

だから、

春は苦手なんだよ。









posted by 福良雀 at 00:17| Comment(10) | せつない徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月28日

たまおちゃんの春の憂鬱


DSCF6968.JPG

春うりゃかぁ・・・




DSCF6966.JPG
あったかくなると、
イチャこらカップルが外にでてくるうりゃ




DSCF6967.JPG

春なんかきらいだこりゃうりゃ

ポリポリポリ・・・(←ひとりランチ中たまお)


DSCF6959.JPG
あぁ、ななちゃん!どうしてなんだろう!
あったかくなってきたら、
君の為に歌いたくなってきたよっ!
さぁ!聴いておくれ!
ぼくの『愛のチャカポコチャ』!
←バカップル(銀となな)
posted by 福良雀 at 18:04| Comment(4) | 文鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月22日

お福タイム


DSCF7026.JPG
いよいよお福タイムがやってまいりまちたっ!





DSCF7033.JPG

このあたりからもぞっとちて




DSCF7034.JPG

ここからぐいっとちて




DSCF7035.JPG

満足でちゅ!!





『お福タイム』とは(明解新文語辞典より)文田一たま助編

『いじめられるお福の為に特別設けられたニギニギタイム
 また一般的には至福のひと時を表す言語』

例・「昨日おれ彼女とお福タイムだったぜ、うほっ♪」

posted by 福良雀 at 14:27| Comment(8) | 文鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月20日

どうしようこのセンス

もっぱら晩酌時はブルーチーズをかじっている私だが、
たまには趣向を変えてせんべいでもかじるかと、
スーパーのお菓子売り場をのぞく。

それは角っこにこっそりあった。
半端無く怪しいもの。
その名もズバリ『おでんくん』。

DSCF6942.JPG






軍手みたいな頭したこの生き物、
はちまきしてる・・・。
しかもやたら姿勢がいい。
姿勢のいい鳥なんだろうか?
いやこれは『おでんくん』という生物なのか?
てか、亀田製菓は消費者に何を訴えたいのだろう?
上層部になんかイヤなことでもあったんだろうか?
総会屋対策か?
株主配当せんべいか?

いろんな事をぐるぐる考え、
思わず『おでんくん』を鷲掴み、
はやる心を抑えレジへと急ぐ。
あぁ、『おでんくん』には人の心を駆り立てる、
そんな魔力があるのだろう。
恐ろしい・・・。

帰宅後『おでんくん』をかじり、
「なんじゃこれ。」とつぶやく、
そんな春の昼下がり。

DSCF6916.JPG
なんてぶさいくな鳥でございますうりゃかっ!
こんな軍手みたいな鳥みたことないうりゃね!
posted by 福良雀 at 19:56| Comment(11) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月18日

いつの間にやら

あっれぇーっ!もう3月も半ば過ぎたの?!
こないだガサ入れがあってたまおちゃんのティッシュ玉が押収され、
合宿行って漫画読んでたと思ったら・・・、
知らなかったよ月日は流れてたんだね。

最近妙なんだ。
楽しい夢をやたら見る。
あんまり面白いもんだから、夜中にガバッと起きて大爆笑している。
するとたまおちゃんが低い声で「きょっ、きょっ・・」と鳴く。
何なんだろう、むっちゃ面白い夢なのよ。
夢占いしてもおそらくただのバカと言われるだろうしなぁ。

さてと、無事進級した事だし勉強しよっと。

DSCF6908.JPG
あっ!こんなところに『たまちゃんスペシャルティッシュ玉』がございますうりゃっ!





DSCF6912.JPG
あっ!こんなところに『ななと銀の愛のロイヤルティッシュ玉』があるじゃないか!ポコピ






つまりティッシュ玉の取り合いですね、分かります。

posted by 福良雀 at 23:17| Comment(17) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月12日

春のたまちゃん合宿 温泉編


DSCF6767.JPG
DSCF6768.JPG






今回の合宿で大阪の皆様をご案内した宿は、
さわんど温泉『渓流荘しおり絵』。
オフシーズンめっちゃお得!これを逃す手はない。
一階露天付き和室を予約しておいた。

このお宿は安心してお客様を案内できる宿。
間違いが無いのよ。
老若男女問わず満足できるのではないだろうか。
ここは何度も泊まっているが、
いつ行っても満足度が高い。
数年振りにお邪魔したが、板さんも変わっていなかったな〜。
相変わらずの美味しい料理に温かい接客。
この料金体系の宿ではほぼパーフェクト!
事前の女将さんとのメールのやりとりにも、
人柄がうかがえるんだよね。
この女将さんの下ならば、仲居さんも育つだろうなぁ。

洞窟風呂が貸切になったので、
女4人ひよこアヒル(←ここ重要らしい)を浮かべながら、
たらたらおしゃべりしたのがことのほか楽しかったな〜。
ってかさ、大阪からひよこアヒル(クレームついた・笑)持ってくるあたりがもうね。(笑)
そのやる気に脱帽!

ほんとに楽しい時間ってあっという間だ。
翌日松本駅のホームでお見送り。
ぶんぶん手を振りながら、ここで初めて気付いたことがある。

どうやら私は見送るのが苦手らしい。

何だか寂しくなっちゃうのよね。
ちょっとぐすっとなりながら、
とりあえずホームの立ち食いそば食った。(笑)

DSCF6778.JPG
DSCF6788.JPG
朝食のお粥バカうま!





DSCF6790.JPG
勝手に写真アップしたけど、
ぼかし入れたから許してね♪









posted by 福良雀 at 17:05| Comment(25) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月10日

春のたまちゃん合宿 福良雀家編

昨日は大阪のお友達3人が我が家へ♪
「春のたまちゃん合宿」の締めとして、
我が家の文達に会っていただいた。
私以外の人間を見る事がない為、
さぞかしびびりまくるだろうと予想していた。
・・・予想どおり。(笑)
たまおちゃんはお歌も歌えないほどびびりまくり、
普段ムチムチのイケ麺ホスト銀は、
ほそ〜くなってた。(笑)
そんな中、予想外の展開が!
なんと!まだホスト修行中の天坊が、声高らかに歌いまくり、
「僕のお歌を聴いてよぴーちゃんちゃん!」と、
自分をアピールしまくるのだ。
これにはびっくりし、はたと気づく。

覚えているのだ。

赤ちゃんの頃に大阪の乳母やさん宅からお迎えしたこの眉毛三兄弟は、
差し餌をしてくれてた乳母やママを覚えていたのだ。
きっと大きくなった自分を見てもらいたかったのだろう。
感動っ!

お花はちゃんと握り文鳥である事をアピールし、
お福は乳母やママが偽物じゃない事を見抜き・・・。
我が子ながらなんて可愛いのかしら!

天坊はホスト修行中の身でありながら、
立派に乳母やママ、淡雪さん、ぶんままさんを接客したのだ。
そろそろ文の園デビューも近いだろう。

温泉編へつづく

DSCF6858.JPG
天坊「また来てね!ぴーちゃんちゃん!」
お花「あたいの怪しい流し目また見てね!」






DSCF6808.JPG
お福「福は、福は、こう見えてIQ200なので、
   皆さんのお顔覚えまちたっ!
   偽者が来てもだまされまちぇんよっ!」
   







posted by 福良雀 at 15:31| Comment(16) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月06日

接客担当イケ麺カリスマホスト文鳥 銀


DSCF6749.JPGもうじき大切なお客様が来るんだ、
ポコチャ。






DSCF6752.JPG売上bPの僕が、
お客様の接待さ!
本領発揮だね、ポコピ。
ぼくは変態文鳥とも言われるけど、
ただの変態じゃないのさ!ドミソド。
posted by 福良雀 at 22:01| Comment(6) | 文鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月05日

夫婦というもの

勝手に愛知から南信州に引っ越した私を見、
『どうやら娘は南信州に定住するらしい』と感じた父は、
愛知の自宅を売り払い、南信州に家を建てた。
いずれ私が戻って来てくれると思っているのだろう。
ツンデレ(笑)の父ではあるが、
過去に色々あっても、私の事を愛してくれているのは分かっている。

なのにとっとと南信州を出て、
松本暮らしを満喫している私。(笑)
やりたい放題の娘でごめんよ。

その南信州の実家に初めて泊まった先日、
しみじみ感じた事がある。

父と義母の絆。

数々の辛い出来事を夫婦で乗り越えたのだなと。

この歳で、こんなに仲の良い夫婦って珍しいかもな。
訪ねてくる人が絶えないのも、
この夫婦の穏やかな愛情からくる安心感ゆえのものだろう。

「○美!畑にふきのとう出てるぞっ!」父
「○美見て〜♪福寿草が咲いてるの!
 母さん福寿草だ〜い好き♪」母

ね、可愛い夫婦でしょ?!

夕食は焼き肉屋へ。
嬉しそうにモグモグする二人を見、
なんだか私も嬉しくて、
まだまだ私を野放しでいてくれそうなふたりに感謝し、
南信州を後にした。

DSCF6730.JPG
DSCF6734.JPG





posted by 福良雀 at 21:51| Comment(10) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月03日

冬が寒くって本当に良かった

吹雪いてきたので居ても立ってもいられなくなり、
夕刻近くに高速道路を飛ばしお気に入りの場所へ。
この場所に、しんしんと雪が降り積もる様を見たかった。
地面の黒が、刻々と白に覆われる。
木々は重たげに雪を受け止める。
その様子をじっと眺めながら、
ゆっくりとミルクティーを飲む。

車の中ではBUMP OF CHICKENの『スノースマイル』。

『冬が寒くって 本当に良かった
 君の冷えた左手を
 僕の右ポケットに お招きする為の
 この上ない程の 理由になるから』

長野の冬が大好きだ。

DSCF6741.JPG


posted by 福良雀 at 20:42| Comment(7) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする