2008年09月30日

北陸私のおすすめスポット その一

私が加賀へ行くと必ず行くところがある。

「尼御前」という岬。波に削られた岩模様も美しい景勝地。
ここから日本海を眺めるのが大好きで、
ベンチに座って大概一時間はぼんやりする。
この岬の名前の由来も胸打つものがあり、
尼御前の銅像もあったりするのでちょいと切なくなったりする。
平家物語好きにはたまらないスポットが数多く、
この加賀市界隈はホントに飽きない。

DSCF4569.JPG






「義経主従の中に尼御前という名の尼がいた。
 尼御前は安宅の関の厳しさ、
 これから先の旅路を女であるがゆえ足手まといになると憂い、
 主君義経の無事を祈願しこの岬から身を投げたという。
 この伝説がこの尼御前岬の名前の由来になっている。」

ここで『舟唄』なんか声高らかに歌ったら、
祟られそうだな・・・。
でもやっぱ日本海みるとつい歌っちゃうのが人間の性だと思うね。

つづく
posted by 福良雀 at 18:31| Comment(5) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月29日

おでかけ予定

昨夜はすんごい飲んだ。
私のアクアビクスのインストラクターと飲みに行ったのだが、
いや〜〜飲む飲む。(笑)
私と同じペースで飲む女性と初めて飲んだわ。
何回「すいませ〜ん、おかわりっ!」って言った事か。
当然閉店まで飲んだ。

さて、それはさておき今後の予定。
来月の誕生日ひとり旅だが京都にした。
当初、山代温泉「べにや無何有」を予約していたが、
北陸が続くのでキャンセル。
京都の馴染みの骨董屋さんとコーヒー飲む事にした。(笑)
で、「炭屋旅館」と「ハイアットリージェンシー京都」
を予約したが、考えた末炭屋をキャンセル。

11月は父の古希の祝いで北陸。
「望洋楼」か「荒磯亭」で悩んだが、
家族旅行である事を考え「荒磯亭」に決定。
蟹が待ってるわっ♪

今年はこんなもんだわね。
後は台風にぶつからないよう文神様に祈るだけ。

DSCF4907.JPG

台風がきてるちゃふー!

(←うとうとぼんちゃん)


posted by 福良雀 at 10:49| Comment(15) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月27日

帝国ホテル 大阪 その2


DSCF4944.JPG
DSCF4957.JPG






しかしさぁ、安すぎなんじゃない?
土、日曜の連泊だったんだけど、
この値段でいいの?
だってホテルパンフの料金表みるとさ、
この部屋客室料だけで¥43050-で、
土曜泊は+¥3150-だよ?で朝食つけて+¥2625-・・・。
あぁありがたや〜〜。

朝食は混んでる時は三カ所で選べるみたい。
私は初日「フライングトマトカフェ」のブフェ。
二日目は「吉兆」で和食。
吉兆の朝食はホント普通だったなぁ。
焼き魚は秋刀魚だったし・・。まぁ値段からいえばこんなもんかしら。
ブフェの方が断然良かった。
卵料理をその場で作ってもらうのだけど、
オムレツ美味しかった♪
でね、たまたまなのかこの日は英語圏の外人さん達がすごく多くって、
英語が飛び交ってた。
ウェイターさんもオムレツ焼いてくれたおじ様も、
み〜〜んな英語ペラペラ。
ひぇ〜〜英語話せて当たり前のスタッフ達・・・。
あぁ悪かったな英検3級で。(涙)
これって普通なんですかね?
このレベルのホテルはやはり、
英語しゃべれるのが絶対条件っすか?
いや〜〜へんなところで感動した朝であった。

で、結論。
もうねこのホテル最高〜〜♪
この満足感ったら!
こんな値段で泊まってすみませんって感じ。

何もかも上質なホテルであった。

おしまい。

DSCF4960.JPG
甘いものが苦手なわたしでも、
頭を使った後は食べるのさ〜♪
←帝国ホテルのミルフィーユ




posted by 福良雀 at 12:32| Comment(16) | ホテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月26日

帝国ホテル 大阪 その1


DSCF4970.JPG
DSCF4968.JPG






大阪滞在中、連泊で選んだのは『帝国ホテル』。
一休サイトからの予約、
お得意様限定特別プラン(スタンダード)
一泊朝食付で14,500円。

建築家フランク・ロイド・ライトのデザインを受け継いでいるらしいホテルの内装等、とてもシックで好みである。
その建築家のおじ様はよくは知らないけれども、
このホテル内の統一された雰囲気というか色味とでもいうか、
上質な大人の空間である。
このホテルにぴったりな言葉って、
『上質』しか浮かばないなぁ。

今回何故かホテル側のご厚意で、
お部屋が15階リニューアルフロアの『スーペリアツイン』になった。

いいんすかっ?!

この宿泊費でこの部屋いいんすかっ?!

いやホント半端ないわ。
むっちゃ居心地がいいのよ。
バス、シャワーブース、もろもろゆったり♪
前回『リーガロイヤル』と同じくらいの価格で泊まっているのだが、
正直この差に驚く。
ごめんねリーガ・・・。
全てにおいて、差が大きいよ。

接客のレベルが高い、高すぎる。
徹底されている。
わたし温泉宿も含め、ここのホテルほどのレベルの接客って経験無い。
ホテルマン達見ててね、
ほぉ〜〜って溜息がでるわ。
どんだけみんなレベル高いのさっ!
それはお掃除のおばちゃん達もそうなの。
これってすごい事だと思う。

つづく・・・。

DSCF4955.JPG
DSCF4945.JPG








DSCF4946.JPG
DSCF4947.JPG





posted by 福良雀 at 20:30| Comment(4) | ホテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月25日

冬支度


DSCF4827.JPG「たまおちゃん大変っ!
土曜日は10℃まで下がるって!」

ぼくの皿巣をはやくだしてうりゃっ!
カカッ!!


DSCF4836.JPG

ぼくは君に暖めてもらうよ、ちゃかぽこちゃ。
(←カリスマイケ麺ホスト銀)



DSCF4677.JPG

お母ちゃんぼく達のつぶ巣はやく出してよっ!

「もうつぶ巣はありませんよっ!」

えぇぇーーーっっ!!ぴーちゃんちゃん・・・。
posted by 福良雀 at 18:34| Comment(12) | 文鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月24日

私なりの別れ

私の親友「美和子」とお別れしてきた。
今日、愛知県の美和子の自宅へ行ってきた。

「○○(私の事)が長野へ行ってしまった。
 文鳥飼っててその話がまた面白いんだよ〜。」
と美和子は言っていたそうだ。
ご主人は憔悴しきっており、
それでも色々話しをしてくれた。

美和子がどれだけ頑張って生きようとしたか・・・。

美和子はスキルス胃がんであった。
彼女はすべて理解しており、
そして精一杯生ききった。

わたしはその昔、
「35歳までに死にたい。」と言っていたが、
あの頃の自分の命に対する傲慢さがたまらなく恥ずかしい。

美和子の遺影に思う。

私の愛しい友達、美和子や幸栄の分も、
私は目一杯生きるよと。
いつかまた会えた時、恥ずかしくないように・・・。

自分の生を生ききる。

DSCF4588.JPG




posted by 福良雀 at 21:29| Comment(4) | せつない徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月23日

大阪満喫!

いやぁ〜〜楽しかった♪
第二回たまちゃん会?の会合の為、(ついでに勉強も)
大阪へ二泊三日で行ってきた。
幹部U、幹部A、幹部Bと、
わたくし事幹部Fは、
高尚な議題を抱え、(腹を抱え?)
大いに笑い、大いに飲んだ。

今回は本会議場へ行く前に、
憧れの「これぞ大阪たこ焼き!」をまずは頂き、
リハーサルを念入りにした。(笑)

いざ、会場へ。(居酒屋さん)
前回と同じこのお店の料理は大変美味しい♪
ここはハズレが無いから安心して食べられるわ〜。
しっかりおしゃべりし、大笑いし、
飲んで食べた。(笑)

最終日は幹部U宅へ突入し、
真昼間からシャンパンと「よなよなエール」をやらかし、
幹部U手作りの和食を舌鼓♪
美味しいわ〜〜!手作り万歳!!
美しい王国の皆様にもご挨拶できたし、
ベランダから鉄道を眺め「にわか鉄っちゃん」にもなれたし、
とても楽しいひと時だった。

すっかり夕暮れまで居座ってしまい、(笑)
あわてて帰り支度をする。
自分が山奥に暮らしていることなどすっかり忘れ、
遅くまで食い散らかしどうもすみません。(笑)

最終便になんとか間に合い、
山奥に戻れたーーっ!

お忙しい中、皆様本当にありがとうございました。
幹部U様、感謝です。
お陰さまでとても楽しい時を過ごす事ができました。
今度はぜひ、「たまちゃん会inしおり絵」といきましょう♪

DSCF4950.JPG
ボケボケ画像をアップしておこっと。(笑)





posted by 福良雀 at 13:56| Comment(9) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月19日

はまる

http://jp.youtube.com/watch?v=eYwxycpSFJo&feature=related「愛し」RADWIMPS

http://jp.youtube.com/watch?v=BdPrV78sPDo&feature=related「祈跡」や、

http://jp.youtube.com/watch?v=Fjf0CaeozpE&feature=iv&annotation_id=event_295454「有心論」など。

いやはや、野田洋次郎凄いわ。
あんたやたら考えて人生過ごしてきたね。
その若さできつくないかい?
鳥好きか?

友達にメールしたら、
「英語ネイティブか?歌詞がいかにも〇〇(私の事)が好きそうだ」
と言っていた。

教えてくれたMちゃんありがとう。
よく好みご存じで。
おかげではまってるわよ!(笑)

http://jp.youtube.com/watch?v=wk0gfL_QaeM&feature=related「へっくゅん」の後半はたまらなく好きだわ。

でね、RADのカバーの人。
この娘達も素敵。
http://jp.youtube.com/watch?v=D560qjsXLmY&feature=relatedradの「memeshe」カバー、
コココロの人達。
アラニスモリセットや、椎名林檎を彷彿とさせる右の子のボーカルはとくにいい。
若さ弾ける今のボーカルから、
人生の深みを経験するであろうこの後を聴きたい。

ライブに行きたくなってきたなぁ・・・。




posted by 福良雀 at 21:06| Comment(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

台風かよっ!

私は明日からお勉強で大阪へ行くのだが、
台風が怪しい。
正直お勉強はどうでもよい。(←いいのか?)
私は夜に重大な会合があるのだっ!
その為に行くのだっ!
たっ、たまちゃん会の会合なのよぉぉーーっ!
それに最終日は幹部U宅にて真昼間から『よなよな』するという、
非常に魅力的な会議もある。(笑)

この山奥からはたして脱出できるのか?

DSCF4788.JPG

怪鳥のぼくを抜きにして
なにやってるうりゃかっ!
カカカッッ!!

posted by 福良雀 at 11:16| Comment(11) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月18日

粟津温泉のとや その3


DSCF4635.JPG
DSCF4693.JPG






のとやレポがすっかり遅れてしまった。
今回は『夏の創作懐石プラン』であった。
正直なところ、北陸は冬に行くべきだ。
美味しいものばっか!
で、季節的にあまり期待してなかったが、
料金から考えるとよくやってるなといった感。
かなりの品数。ただココって酢のつかい方がきついんだよ。
酢の物と洋皿のシーフードサラダがきつくてきつくて・・。
お造りは大トロが美味しかったな♪
加賀金時草うどんも美味しい。
ちょっと?の料理もあったが、まぁ満足度は高いだろう。
朝食は(下写真)普通だけどイカ刺しウマーッ!
私は温泉カレイが大好きなので、
これがあれば満足。(笑)

三名一室ネット予約割引ありで、
@17000-なり。
コスパ高いと思う。

尚、ここをご覧のF関係者様、
よい旅になりますように。
ありがとうございました。

DSCF4644.JPG

posted by 福良雀 at 17:09| Comment(0) | 温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月16日

カリスマイケ麺ホスト文鳥 銀


DSCF4798.JPG

君に涙は似合わないよ、ちゃかぽこちゃ。




DSCF4801.JPG

さぁ、涙を拭いてぼくをにぎってごらん、
ポッポコピ。



DSCF4805.JPG

ぼくは君の為に生れてきたのかもしれないね、
ドミソド〜〜。
posted by 福良雀 at 15:28| Comment(10) | 文鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月15日

ぶん子は何でもお見通し

ぶん子は文鳥であって文鳥でない。
私を一番理解しているのはぶん子だ。
私が泣いている時は、
ひたすら見つめてくる。
私が考え事をしている時は、
その悩みを共有しようとでもするように、
遠くを見つめる。

そして寄り添うのだ。

たかが小鳥とおもうなかれ。
ぶん子はきちんと理解し、
何ができるのかを考えている。

全て理解している漆黒の瞳を、
私にまっすぐ向けるのだ。

そして遠くを見る。

ぶん子がずっと側にいる。
ぶん子はこう言う、いつものように・・・

DSCF4893.JPG

『大丈夫よ、
 いつだって一緒に乗り越えてきたじゃない。』


posted by 福良雀 at 19:37| Comment(6) | 文鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月10日

またひとり・・

私の親友が逝ってしまった。
今日旦那さんから連絡を受けたが、
半年前から入院していたのだと言う。
本人から、友達には連絡しないでくれと言われていたと。
まだ他の友達にも連絡とっていないらしい。
そしてもう葬儀は済んだと・・・。
私がみんなに連絡する旨話をしたが、
それ以外に言葉がでない。
旦那さんは最初から泣き続けている・・・。

美和子
辛くて苦しくて悔しかっただろう。
美和子が苦しんでいる事、わたし全然知らなかったよ。
美和子
美和子   どうしてだっ



posted by 福良雀 at 12:57| Comment(10) | せつない徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月09日

粟津温泉のとや その2

お風呂は24時間入浴可。
自家源泉を持ち湯量は豊富であるも、塩素臭。
かけ流し、一部循環。
ジャグジー、サウナ、寝湯等々満喫はできる。
かなり広々したつくりである。
泉質は亡硝泉であるが、さっぱりした浴感で、
あまり温泉らしさは感じられない。
団体宿であるかぎり、かけ流しであっても塩素の混入は致し方ないと思われる。

脱衣スペースも広々またモダンに改装され、
脱いだスリッパを滅菌処理できるなど、
とても好感がもてる。
マッサージチェアーもおかれ、
癒しの空間としてはパーフェクトに近い。

DSCF4625.JPG
DSCF4626.JPG






DSCF4627.JPG
DSCF4629.JPG







DSCF4630.JPG
posted by 福良雀 at 21:08| Comment(6) | 温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

粟津温泉のとや その1

加賀の老舗宿「のとや」へ行ってきた。
創業700年、敷地内に源泉を持つ。
今回は調査下見なので報告形式でレポートする。

部屋数60室。
建物自体は古いが、館内はセンスよく改装され居心地がよい。
モダンであっても浮ついたモダンではない。
フロントの対応はホテル的。
不愉快な思いはしない。
この宿のパブリックスペースは素晴らしい。
廊下、通路、部屋、至る所に花がいけられ、
花の生け方も手抜きない。それぞれに趣がある。
今回通された部屋は、12.5畳+次の間6畳+広縁+踏込みで、かなりの広さ。
これは宿泊者が少なかった為、宿のご厚意で部屋のランクアップがあったものと思われる。
トイレはウォシュレット。

部屋にて自家製マンゴープリンとお茶。
部屋キーはふたつ。
アメニティ不足なし。
仲居さんも感じのよいベテランさん。

この宿で特筆すべきは、
富山県の五箇山から移築された合掌造りの宴会場だろう。
それはそれは素晴らしい。(写真5枚目)
歳月を経て、黒光りした柱群は一見の価値がある。
残念なことに、人数的にここでの宴会は無理と思われる。(人数オーバー)
通常の大宴会場での宴となるだろう。

なお、館内にバーや炉端がある。
また、宿の外には飲み屋さんがけっこうあるので、
そちらへ流れるのもよいだろう。

DSCF4647.JPG
DSCF4645.JPG







DSCF4622.JPG
DSCF4623.JPG







DSCF4633.JPG
DSCF4617.JPG







DSCF4618.JPG
posted by 福良雀 at 19:31| Comment(0) | 温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月08日

仕事師ねね

昨日から、まるで鳥が変わったように、
わたしの可愛い福ちゃんが天坊といちゃつく。
スケの花の羽根が3枚も抜け、飛べないのをいいことにいちゃつく福達。
いつもならスケの花が完全に阻止するのだが、
寂しそうにただ見ている。
そこでねね様の登場である。
彼氏いない歴生まれた時からのねねちゃんは、
えげつない程カップルの邪魔をする。
なんとねね様がスケの花に成り替わり、
福達のいちゃいちゃを阻止しているのだ。
さすが仕事師ねね。
いい仕事するわ。(笑)

DSCF4156.JPG


←なんかカップル見るとムカムカするのよ。(ねね)



さすがねね様素敵っ!!(スケの花)
posted by 福良雀 at 16:41| Comment(6) | 文鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月07日

天国へ届きますよう


100グラム記念ハ真 銀色四兄弟.jpg乳母やさんから送っていただいた写真である。
クリリン君も一緒で四兄弟。
こんなに小さかった銀色の雛達は、
みんな元気に一歳を迎えました。



銀色四兄弟.jpgおそらくいつもこの子達を見護っていてくださるであろう天国のパッパさん。
この子達は幸せに暮らしています。
お花ちゃんはときおり乳母やママに怒られますけど、
あの子はちっとも懲りてません。
笑っていてくれますか?

安心してくださいね。
posted by 福良雀 at 09:33| Comment(0) | 文鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月06日

パンパカパ〜ン♪二代目銀色福良眉毛三兄弟 福の巻

今日は清純文鳥お福の誕生日ーっ!!
お福元気に一歳っ!
福は春に体調を崩し、
一時は覚悟したものだった。
この時、名曲「福ちゃんはいい子」が誕生した。
五秒で終わる歌だけど。(笑)
病院に連れて行った時、診察室で私の眼をじっと見つめていたのを思い出す。
すっかり元気になり、
ぶんぶん遊びまわっているのが嬉しくてたまらない。
お福は私をパートナーと思っており、
常にべったり張り付いている。
音痴王子 銀様とうまくいきそうなんだけど、
福がすぐにモジモジしてしまって・・・。
あぁーーっ!もうっ、まどろっこしいわいっ!

私の手の中でまったりし、
私の顔をじっとみつめ、頭をなでてあげると嬉しそうに目を閉じる。
当然子守唄は、
 ♪福ちゃんはいい子いい子
  福ちゃんはいい子♪
愛しいわたしの子。

DSCF4448.JPG


福だって一歳でちゅっ!


posted by 福良雀 at 10:37| Comment(7) | 文鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月05日

パンパカパ〜ン♪二代目銀色福良眉毛三兄弟 花の巻

小鳥のくせにロック魂あふれるお花ちゃんの、
一歳のお誕生日ーーっ!
お花ちゃんの独占欲たるや半端なく、
天坊やお福をどれだけ泣かせたか分からない。
音痴王子 銀様のお嫁さんにと思ったが、
とんでもない。
まさに天敵あらわるといった様相で、
お花ちゃんと銀の喧嘩は洒落にならない。
お互いぜったい引かないので、
天坊やお福は遠巻きに震えて泣いている。(笑)
ボスである銀様と対等にやりあうのはお花ちゃんだけであり、
そのうちお花ちゃんがボスになるのではないかとこっそり思っている。
スケ番からボスへ格上げか?
お母ちゃんの手の中を独占し、
毎日うっとりしているお花ちゃんである。
カルカル怒ってなければ美人さんなのにねぇ。(笑)

DSCF4120.JPG

あたいだって一歳!!
新ボスの座はいただくわよっ!

posted by 福良雀 at 19:09| Comment(7) | 文鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月04日

パンパカパ〜ン♪二代目銀色福良眉毛三兄弟 天の巻

今日は天ちゃん一歳の誕生日ーっ♪
いつもメソメソしてお花ちゃんにかみつかれてた天も、
立派な男の子に育った。
お母ちゃんが出かけようとすると、
あいかわらず涙目になる。(笑)
毎日声高らかに天ちゃん作詞作曲の、
『ぴーちゃんとかくれんぼ』を歌い、
もはや達人の域に達した「フン飛ばし」もかかさない。
飛び立つ時は「ごにょごにょ」言って飛ぶ。
とても甘えんぼで、花ちゃんが私の手を独占していると、
少し離れてチミチミ噛んでくるのが痛い。
手のなかにもぐると猛烈甘えんぼになる。
あぁ〜可愛い♪

DSCF3859.JPG

ぴーちゃん! ぴーちゃんちゃん!
・・・ぽえ〜

ぼく一歳っ!


posted by 福良雀 at 06:28| Comment(6) | 文鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする