2008年07月31日

満たされる

六月のリーコさん家に遊びに行く時車に積み込んだCD。
『superfly』。
数年ぶりの私的殿堂入りCDなわけだか、
飽くことなく聴いている。
この歌を聴きながら、
高速をぶっとばし安全運転するのは最高であった。

とくにこの
http://jp.youtube.com/watch?v=wy2XO1tYbGw&feature=relatedと、
http://jp.youtube.com/watch?v=OE4T4tb1oYo&feature=relatedが好きだ。

ジャニスジョプリンを彷彿とさせる。
彼女の音楽や服装に感化されたであろうことは見て取れる。
違いは破滅的であるか否かってとこかなぁ。

とても満ち足りた気分になる。
毎日聴きまくって幸せだわ・・・。

久々ライブに行くとしよう。

おまけ(ブルーハーツのリンダリンダ)
http://jp.youtube.com/watch?v=gm1BanWMbRE
やっぱ私が惚れた男なだけあるな、甲本ヒロト。
つーか、ズボンはこうよヒロト・・・。(笑)
http://jp.youtube.com/watch?v=jaZa4dcRN-w&feature=related
なんでこんなに格好いいのか。
鼻ほじってても好き。
posted by 福良雀 at 22:44| Comment(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月30日

毛深(羽深)文鳥 銀


DSCF4129.JPGそうさ僕はムチムチさ!
換羽?
換羽だけどぼくには関係無いよ、ぽっぽこぴ!





DSCF4174.JPGだって僕は毛深文!
いくら抜けたってムチムチに影響しないのさ!
ちゃこぽこちゃっ!

posted by 福良雀 at 12:01| Comment(18) | 文鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月27日

男と女の間には・・

『男と女の間には
 深くて暗い 川がある』

男と女の間に、
友情は成り立たないと断言する男もいる。

なんとまぁ、可哀想に。
女とそんな付き合いしかできなかったのねぇ。
もったいない事。

何もなくっても、
理解しあえる異性はいるのだよ。
嫉妬とか、そんなものは一切関係ない。
そんな小さな世界にはいない。

でもそれは、
理解できない人にとっては、
一番厄介かもしれないねぇ。

果たさなければならない約束事がある。
すんごいささいな事だけれども、
Sよ・・・待っててね。




posted by 福良雀 at 22:28| Comment(2) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月26日

困ったもんだねぇ

昔、映画ばかり見ていた時期があった。

声をあげて泣いた映画はひとつだけ。

『二十日鼠と人間』
ジョン・マルコビッチは素晴らしい。
目・・・腫れたっ!(笑)

中国映画で『變臉 この櫂に手をそえて』も忘れられない。
目、腫れた。

その当時買った保存版ビデオは、
『ピアノレッスン』
あの時のハーヴェイ・カイテルは素敵ね。
これはサウンドトラックもまだある。
『ダンス・ウィズ・ウルブス』
ケビン・コスナーはいい男だったなぁ・・・。

何回引っ越ししても、
ずうっと持ち続ける自分にとっての保存版本やCD。
本はちょこちょこ引っ張り出して読んでいるが、
映画にもまた戻ろうかな。

でもさぁ、
ビデオデッキの時代じゃなくなるんだねぇ。(しみじみ)
DVDで買いなおそっかなぁ・・・。

全然関係ないけど、
『およげたいやき君』って名曲だよ。

興味のある事が多すぎるのも何だわね。
かっ、金かかるっっ!!(笑)


posted by 福良雀 at 20:04| Comment(2) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月25日

人牛倶忘

絶対の空
絶対の無

私は、
最後に会った兄の瞳に、
それを見ていたのだ。

私は帰還する。

ありがとう、K先生・・・。
いつかお会いする気がします。
posted by 福良雀 at 19:51| Comment(6) | せつない徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月23日

血が騒ぐ

小学生の頃は、ロッド・スチュワート(英ロック歌手)と、
およげたいやき君にはまっていた。
将来の夢はロッド・スチュワートと結婚する事と文集に書いていたアホ餓鬼。

10代はライブハウスに入り浸り。
勉強もろくすっぽせず。

そんな私の20代は考古学。
東京であった「古代エジプト女王展」が見たくてたまらず、
朝突然思い立ち会社へ仮病の電話を入れ、
制服姿のまま新幹線に飛び乗ったりした。

20才で結婚した時(はて?21才だったっけか)
新婚旅行はエジプトへと思っていたが、
貧乏で叶わず。
当時私の記憶では、35万〜50万くらいの旅費であった。
あの頃の私は図書館に入り浸り、
エジプト考古学にまつわる様々な文献を読みあさった。

興味のある事は多々あり、
そのすべての知識が中途半端な私である。

うぅむ困った。
またエジプト行きたい病が再燃している。

悔いの無い人生を。
できうる事はすべてやれ。



posted by 福良雀 at 21:09| Comment(8) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月22日

偽者でちゅっっ!


DSCF3895.JPGお母ちゃんの偽者でちゅっ!
偽者があらわれまちたっ!
お母ちゃんは、あんな貧乏くさい『半袖』パジャマなんて着まちぇんっ!
福は、福は、
だまされまちぇんよっっ!
だってお母ちゃんは、お母ちゃんは・・・
いつも・・・
貧乏くさいよれよれの『長袖』パジャマでちゅぅーー!!
偽者には近寄りまちぇんっ!(←きっぱり)


解説・半袖パジャマの私を不審がり、
   ちっとも近寄らなかった福ちゃん。
   頭がいいのかおバカちゃんなのか。(笑)
写真は、遠巻きに悲しい顔で私を見る福ちゃん。

posted by 福良雀 at 13:44| Comment(16) | 文鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月18日

朝のごあいさつ


DSCF3825.JPG

ぶん子ばあちゃんおはようございます。(花・天)

カカッ。


DSCF3827.JPG

カカカカァーーーッッ!

にょろにょろ。


DSCF3829.JPG

カカカカァーーーッッ!

にょろにょろにょろ。


DSCF3831.JPG

今日も一日宜しくお願いしまちゅ。





posted by 福良雀 at 21:35| Comment(8) | 文鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月17日

浅間温泉「冨士乃湯」その4


009.JPG
010.JPG






012.JPG
014.JPG






お風呂近くにはラウンジがあり、
ウォーターサーバーやネイル、CDや雑誌・漫画等ありくつろげるようになっている。
お風呂にはクレンジングや洗顔ソープもあり、
ドライヤーも良いものを置いている。
タオルだけ持っていけばいいのは助かるわね♪

でね、このお宿って造りが粋なのよ。
その当時、丁寧にそして粋に造られたのが分かる。
趣向を凝らした和室も素晴らしい。

床の間には、格安で泊まる一人旅の女の為に花が生けられてあった。

帰りにはお土産に、
『久星』の花林糖を頂いた。
私が以前ちょこちょこ行っていた、
安曇野の『蔵久』を経営する久星。
ここのカリントウは天下一品なの♪
『蔵久』では揚げたてを食べられるわよ〜。
ここの蕎麦もなかなかいけるのだ。
安曇野にお越しの際は是非立ち寄ってほしい。
「犬神家の一族」の雰囲気をあじわってね♪

話がそれた。

で、このお宿、たいそう気に入った♪
女性の一人旅にぴったり!
まさに安くてよい宿である。

お風呂の換気等で夏場は辛い。
時期を選んだほうがいいかも。
何しろ源泉は50℃くらいだからね〜。
それから宿前の道がかなり狭い。
私の車(ボルボ四駆)できつきつ。
狭い道に慣れていない人は気をつけた方がいい。

この宿は、間違いなくまた再訪する。
鬼の形相で到着したであろう私を、
帰る時には福ちゃんのように穏やかな顔にしてくれてありがとう。

この宿でよかった!

おしまい。






posted by 福良雀 at 19:55| Comment(8) | 温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月16日

浅間温泉「冨士乃湯」その3

さて、お楽しみの食事じゃっ!
メタボ検診?はて、なんのことかしら?(笑)

023.JPG
026.JPG







028.JPG

029.JPG






030.JPG
024.JPG






部屋で頂くお料理♪
この料金でいいのかしらと正直思った。
それほど手がかかり、品数豊富で、
見た目も美しい料理であった。
4回くらいだったかな、分けて運ばれてくる。
『ふかひれ包み 蟹玉あんかけ』が一番美味しかった♪
文句無い!

とか言いながらもちょっと思った事書かせてもらう。
アンケートなんかが部屋にあったら書きたかったんだけど、
おそらく検索などでここを目にする機会があるかもしれないのであえて書く。

このお料理食べてて強く感じたことがある。
それはね、
『私はいったい何処の温泉地に来たのかしらん?』だ。
それほど海のものが多い。
帆立の雲丹和え、甘海老麹漬等の前菜から始まり、
ボタン海老、赤貝、なまこ、タラバ蟹、フカヒレ、
車海老、蟹爪etc・・・。

もちろん美味しい。
でもね何か寂しく感じた。
それはね、
「長野の温泉地だが、長野にこだわっていたらダメだ。」
「海老、蟹、出せば満足度が高いだろうな」
それがとても見える料理の構成。

長野にありながら長野ではない。

満足度の高い料理である。
最近泊まったこの料金体系の宿ではトップクラスと思う。
でもおそらく、ここの宿の若夫婦はもっと上を目指している。

なのであえて書くのだ。

海のものを出せば、満足度が高いに決まってる。
山の恵みはどうしても地味になりがちだもの。
どの世代にもウケる料理は難しい。
どこにターゲットをしぼるのか?
この先、代々続いた老舗の宿をどのようにしたいのか?
安売りしていくのか?それともある程度のレベルに持っていくのか?
『今』のコンサルの提案に乗るか?
『先』の当事者である自分達の感性を信じるか?

ここの若夫婦は、やれるのではないだろうか。
試行錯誤しながらもやれる気がする。
無理だろうなと思うところには、
こんな事書かないよ。

とても期待する。
同じ長野県民として。

朝食も工夫された美味しいもの。
卵料理を入れるべきと思うがいかがかしら。
食後はコーヒーやハーブティー等、
部屋に持って来てくれる。(有料)

この料金で申し訳ないくらいの料理であった事は間違いない。

つづく・・・

031.JPG
032.JPG








posted by 福良雀 at 23:41| Comment(5) | 温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月14日

ちょっと一息

今日は私のメタボ検診があった。
ふっ・・・。
あ〜〜ヤダヤダ。
大きなお世話だわよっ!
頑張って息を吸い込み、おなか周りを測ってもらった。
ふっ・・・。
努力の甲斐あってOKがでたが、
おそらく血液検査でひっかかるだろうなぁ。
なんつっても肝臓がねぇ・・、
アレでソレだから・・。
あぁ、後日出る検査結果が怖いわよっっ!

2008_0613たまお30007.JPG

ぼくはメタボじゃありませんっ!キッ!
(↑にらんでる銀)




2008_0613たまお30010.JPG


ただのムチムチでちゅっ!ぽっぽこぴ。
(↑赤ちゃん言葉使ってみた銀)


posted by 福良雀 at 13:02| Comment(23) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月13日

浅間温泉「冨士乃湯」その2

さてな、温泉入ろっと♪
このお宿は貸切風呂1、大浴場男1、女1で露天は無し。
貸切風呂は空いていればいつでも入れ、なおかつ源泉かけ流しである。
いそいそと貸切風呂へ向かう。

006.JPG
005.JPG






このタイル張りのお風呂が中々味があって良い。
三方が壁、窓があるものの外も壁のようで圧迫感はある。窓の外に竹囲いしてある。
しかし浅間温泉の源泉をゆったり満喫できる。
ちらちらと湯の花が舞い、サラッとした良い湯であった。

007.JPG
008.JPG






大浴場の方はゆったりしているが、
窓が開けられない。
虫が入るからとのことだが、換気扇もないので湯気がこもって夏場はこりゃぁきついぞ。
サウナ状態である。
早々に引きあげた。

017.JPG
019.JPG






部屋に戻りワインを注文。
家族経営の小さなワイナリーがつくるこのワインが大好きなのだ。
よく冷えたナイヤガラを頼み、
蝉の鳴き声を聴きながら、
ぼんやり考え事をした。

つづく

posted by 福良雀 at 15:26| Comment(4) | 温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月12日

浅間温泉「冨士乃湯」その1

今回泊まった「冨士乃湯」は、
浅間温泉の老舗でありこじんまりしている。
全11室で一部トイレ無し。
私はHPから平日一人旅プラン(一日一組限定)を申し込んでいた。
かけ流しの温泉、部屋食、
それから格安の\13650-!
いいのかしらこんなに安くて・・・うっひょっひょっ♪

037.JPG
034.JPG






瀟洒な数寄屋造りで格調高く、
ちょっと他の宿と一線を画している。
とてもこの料金で泊まれる雰囲気ではない。
建物外観の写真がな〜し。(宿HPで見てね)
すんごい上品な大女将が出迎えてくれた。
イン時に通常とは別の、女性用アメニティポーチをもらう。

004.JPG
003.JPG






通された部屋は本館の「白馬」の間。
改装され、畳や障子も良いものがつかわれており、
とっても綺麗。
部屋8畳+広縁4畳+踏み込み4畳といったところで、
広々快適。
洗面も昨今急増中の陶器ボウル。
でもさ、正直これ使いにくいんだよね。
トイレは和式に洋式便座乗っけた感じの、
「なんとなく洋式トイレ」であった。

011.JPG到着してまずはビールを飲んだ。
この宿はお酒もなかなか良いものを置いている。
若女将が利き酒師らしく、お酒の品揃えがよい。
この宿を決めた理由の一つに、
HP上で私の好きなワインを見かけたからだ。
あのワインを置いているなら、
料理も期待できそうだと感じた。

つづく




posted by 福良雀 at 16:26| Comment(0) | 温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月11日

このタイミングで

昨日、出発しようと思ったら車のエンジンかからず。
その他あれこれ揉め事もあり、
気分は最悪であった。
車はディーラーに取りにきてもらい急きょ修理。
揉め事もすんなり片付かず、
宿のキャンセルを考えた。
キャンセル料が満額発生するので、
なんとかギリギリまでねばる。
三時近くになりようやく解決。
宿へ遅くなる旨連絡し、
自宅を出た。

なんでこのタイミングなの?

プラス思考であれば、
「出先で故障じゃなくて良かった」となる。
でもダメ・・・。
揉め事のもろもろもあり、
まったくプラス思考なんてなれない。
怒りが爆発しそうであった。

そんな気分でも出発したのは、
こんな時はなおさら家に居ないほうがよいからだ。
キャンセル料の事もあるしね。

うんざりした気分で高速をひた走る。
怒りで夜も寝付けない。

そんな時もある。

DSCF3919.JPG

ぼくを置いていくからだよ!
ぴーちゃんちゃん♪

posted by 福良雀 at 19:13| Comment(7) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月09日

はぁ〜終わった!

やたぁぁーーーっっ!!
リポートが終わった!
心おきなく温泉行けるわっ!
・・・。

しまったっ!
おっきな声だと天ちゃんにばれちゃう。
あの子お母ちゃんが出かけると泣くんだもの、
こっそり出かけなきゃ。

DSCF3889.JPG

ぼくも行くもん・・
すんすんすん・・ひっく
ぴーちゃんちゃん・・・
(↑ほんとに泣く)



posted by 福良雀 at 23:03| Comment(2) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月08日

福ちゃん一晩寝ずに考えた

福をとうとう本気で怒らせまちたね天兄ちゃん。
こう見えて福は、「福良式IQ算出法」で、
IQ200以上あったんでちゅっ!
ばかにちないでくだちゃいよ。
福は寝ずに考えまちた、
お母ちゃんの左手奪還法。

DSCF3836.JPG
いいでちゅか?
こ〜して匍匐前進で見つからないよ〜に
左手に近づくんでちゅ。
少しづつ前に進むんでちゅよ。



DSCF3837.JPG
気配を消ちて、
お母ちゃんの手の中にこっそり入るんでちゅっ!!
これなら天兄ちゃんにも
スケの花にも見つかりまちぇんっ!



福は負けまちぇんよ!
福は頭脳で勝負でちゅっ!!



posted by 福良雀 at 13:17| Comment(7) | 文鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月07日

初蝉

今、『ひぐらし』が鳴いている。
カ〜ナカナカナカナ・・・
夏の夕暮れ、何か物悲しくも聞こえる鳴き声。
とても好きなひととき。
長いこと土の中にいたんだろう。
アスファルトなんかに覆われなくて良かったね。

2008_0618たまお30003.JPG

庭の『しもつけ』。
私の大好きなお花のひとつ。
お花ももちろん可愛いが、
紅葉がとても美しい。


posted by 福良雀 at 19:42| Comment(2) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月06日

涼しげな画像

スウさんのところで涼しげな画像を見たので、
まねしてみた。


DSCF3925.JPG

お母ちゃん・・あっあちゅい。(天)

posted by 福良雀 at 13:09| Comment(5) | 文鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月04日

『氷』はじめました


2008_0626たまお30004.JPGカフェ・ド・たまちゃん

お母ちゃんが暑くて死にそうだと言うので、
氷はじめましたうりゃ。
長野の水道水で作った氷に、
お中元でもらった蒲郡みかんシロップですうりゃ。
トッピングには『たまちゃん特製粟餅』がございますうりゃ。
こういっては手前味噌ではございますうりゃけど、
お子様文にも喜んでいただけるお味ですうりゃ。

メニュー一覧

 ・たまちゃん特製かき氷  時価
 ・たまちゃん特製つけ麺(家系) 時価

ナイトショー
 ・今夜もたまちゃんとダンス・ダンス・ダンス!
     ワンドリンク付3万粟穂〜

皆様のお越しをお待ちしておりますうりゃうりゃよ。


posted by 福良雀 at 19:40| Comment(14) | 文鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月03日

ちょっとぶん子にも逃げてみた


DSCF3939.JPG大丈夫よお母ちゃん。
わたしがついてるわ。

モグモグモグ・・・(豆苗食べてる)

posted by 福良雀 at 20:01| Comment(11) | 文鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする